コーヒーの人気特集

レトロなデザインでおしゃれ、しかも実用的なカリタのコーヒーミル

カリタのコーヒーミルはデザインがおしゃれ!

カリタはドリッパーや濾紙、他にも数々のコーヒー用品を製造しております。
カリタの手動コーヒーミルは、昔ながらのコーヒーミルのデザインを受け継ぎ、お手頃でお求めやすくアレンジして販売しております。
また、伝統的なデザインの他にも、実用的なミルも開発しております。

この記事ではその中から、使いやすいコーヒーミルをピックアップいたします。

お手頃で扱いやすい形状が魅力「ドームミル」

コストパフォーマンスも良く、扱いやすいコーヒーミルです。鋳鉄の色合いを持つ金属パーツを採用したこともあって、クラシカルでおしゃれです。
「ドームミル」は、上に出たドーム状の豆入れに豆を入れます。蓋がついているため、挽いた豆が飛び散りにくくなっております。ドーム部分は手で押さえやすく、また、幅が広い形状をしている為、豆を挽く際に重心がぶれにくいです。

価格は2,000円台前半と、かなりお求めやすく、しかも作りもかなり安定しており、初めてのコーヒーミルを買う場合はこれも選択肢に入れてもよいでしょう。
欠点があるとすれば、豆の挽き具合を調整する際にハンドルと固定パーツをはずすのに手間がかかることと、丸洗いができないことくらいです。コーヒーの粉に関しては、古い歯ブラシやミルブラシで除去すれば問題ありません。

あの有名ミルがモデル?「KH-5」

昔のアメリカの消火栓のような形をした、縦型のコーヒーミルである「KH-5」。高級ミルの代名詞の一つ、プジョーのコーヒーミルには昔、この形のモデルがありました。
全体に古美加工が施された金属パーツを採用し、アンティーク感溢れる商品です。

豆を入れる部分の蓋はスライド式で、扱いは容易。また、粉受けの部分は上下をひねる事で丸々取り外せるため、粉をこぼしづらいです。
縦に長いおかげで、一度にたくさん挽いてもコーヒーが粉受けからあふれません。
挽き心地は縦に長い分「ドームミル」には劣るものの、十分挽きやすいミルです。お値段は2,500円前後で、こちらも大変お手頃です。

扱いやすく現代的に進化した「ラウンドスリムミル」

ペッパーミルのような曲線を帯びた「ラウンドスリム」。アンティーク感は上記二つと比べると薄れるものの、木のテーブルが似合うシックなデザインです。また、現代的なデザインがお好きでしたらクリアカラーのモデルもあります。

ミルの回転歯には炭素鋼カッターと鋳鉄を採用し、挽き心地は上記二つのミルよりも数段上です。また、ハンドルを止めているネジを回すだけで挽き具合の調節ができます。挽き具合の調整がしやすい分、うっかり触れると調節した挽き具合から変わっていることもあるので注意が必要です。
値段は少々高く、安いところでも6,000円台となっております。

とても使いやすい!最高級手動ミル「ダイヤミル」と手ごろで使いやすい電動ミル「ナイスカットミル」

最後に、カリタが販売している物の中で、業務用にも使えるクラスのミルを二つご紹介します。
存在感のある大きな車輪を備えた鋳鉄のボディを持つ「ダイヤミル」。お手入れは大変なものの、機関車のような重厚な存在感は憧れの的。いつかは持ちたいミルの一つです。切れ味も良く、大きなハンドルのお蔭で効率よく豆を挽くことができます。

昭和レトロな色合いの電動ミル、「ナイスカットミル」は、カリタの大型電動ミルをコンパクトにおさめたもの。それでもかなりの量を一度に挽くことができ、重宝します。粉の粒もそろっており、大変使いやすく、値段の高い電動ミルの中では20,000円少々で買えるお手頃なモデルです。
残念ながら2016年春に廃盤になってしまいましたが、2016年中旬の時点ではまだデッドストックを見つけることができます。後継機には「NEXT G」というモデルがあります。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーダイエット
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー栽培
  4. 喫茶店のフランチャイズと直営店
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーベルト
  8. ロンドンのコーヒーハウス
  9. インスタントコーヒー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP