コーヒーの人気特集

様々な目的でつくられるブレンドコーヒーとは

コーヒーを選ぶときに、好きな銘柄や産地で選ぶこともあるかと思いますが、基本的に単一銘柄のストレートと、いろいろな産地の豆がブレンドされたブレンドがあります。コーヒー専門店などでも、店独自のブレンドがあったりしますよね。自分好みに作ることができるブレンド、今回はそのブレンドコーヒーについてご紹介していきます。

様々な目的で作られるブレンド

先ほども言いましたが、コーヒー専門店には必ずといっていいほどその店オリジナルのブレンドがあります。店名がついたもの、季節に合わせてつくられたもの、イベントの時だけの限定商品としてのものなど、さまざまな場面でブレンドは登場します。しかし、そもそもストレートのものだけでもたくさんの銘柄があるにも関わらず、なぜわざわざブレンドを用意するのでしょうか。そこにはきちんとした目的があるのです。

①誰からも愛される味を目的としている

コーヒーにはそれぞれ個性があり、産地や処理の仕方などによって味わいもたくさんあるので好き嫌いがはっきりと分かれる場合もあります。そこで、バランスがよく、多くの人が美味しいと感じる味をブレンドでつくるのです。このようなブレンドがあることで初心者の方や何にしたらよいか迷っている方は、「万人受け」という安心感を受けて購入しやすくなるでしょう。また、店側としても重宝します。

②店の顔を目的としている

コーヒーショップでは、たくさんの種類豊富なコーヒー豆を取り揃えていますが、単一銘柄のストレートをお店の「顔」として売り出している場合、もしその豆が入手できなくなった時に困ります。そんなことにならないように、訪れればいつでも必ず飲める味をブレンドでお店のオリジナルとしてつくるのです。ブレンドは自分で調合できるので、その店の顔であるブレンドにファンがつけば店側もメリットがあります。

③経営的な理由を目的としている

効果な豆に安価な豆をブレンドすることで、原価調整をするといったような経営的な理由からもブレンドがつくられます。安価な豆でもブレンドで調整することで、一定の味わいに仕上げ、手ごろな商品として安定して提供することができます。

常に同じ味を目指す

店の定番ブレンドは、いつでも同じ味わいであることが求められます。それでこそ「顔」になるわけです。しかし、コーヒー豆は農作物なので、ブレンドに使用する豆が常に仕入れられるとは限りません。そのようなときでも、「顔」であるブレンドを守るべく、似た味の豆を使用したり調合を変えてみたりと同じ味を再現しなければなりません。そして、ただ再現するだけでなく美味しいコーヒーであることも重要で美味しくなければ客は購入しません。このように、常に美味しい味を再現し続けなくてはならないプロのブレンドは高いスキルが必要とされます。

いかがでした?普段何気なく飲んでいるブレンドコーヒーですが、このブレンドをつくる目的や裏事情を知ることで、いかに考えられて調合されているか、お店側のこだわりなんかを感じることができますよね。店の「顔」ですから、そこのオリジナルブレンドを飲めばそこの店の好みや傾向をつかむこともできます。また、季節ごとの限定ブレンドは、例えば夏と冬では調合されているコーヒー豆の産地が全然違っていたりします。ブレンドは奥深いのです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの豆知識
  2. 珈琲に合う食べ物
  3. 国産コーヒー
  4. コーヒーダイエット
  5. ロンドンのコーヒーハウス
  6. コーヒーメーカー
  7. ラテアート
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 韓国カフェ
PAGE TOP