コーヒーの人気特集

ビールだけじゃない!ドイツのコーヒー文化

ドイツと言えば「ビール」の生産は盛んであり、数多くのビールがあります。私もビールが大好きなので、ドイツ=ビールという考えしかなかったのですが、実はコーヒーの消費量も多い国なのです。コーヒーと言えばイタリアやアメリカなどがコーヒー文化が進んでいるイメージですが、ドイツの方々がどのようにしてコーヒーを楽しんでいるのか、ドイツのコーヒー文化とその特徴について今回はみていきたいと思います。

ドイツ人はコーヒーが好き

オクトーバーフェストが日本に定着してきた影響もあってか、ドイツと言えば「ビールとソーセージ」といった印象が強いですよね。しかし、ドイツは世界的に見てもコーヒーの消費量が多いコーヒー大国です。純粋なコーヒー消費量はアメリカ、ブラジルに次いでなんと世界第3位。国民一人あたりの消費量でみてもヨーロッパの平均値よりも高く、やはり「コーヒーは生活に欠かせないものと」見ることができます。個人的にはとても意外で驚きました。

独自の技術を開発

歴史的にみると、ドイツは他国のコーヒー文化を取り入れながら独自の技術を開発してきた、という経緯があります。隣国のフランスでは「カフェオレ」、イタリアでは「エスプレッソ」や「カプチーノ」、オーストリアでは「ウィンナーコーヒー」と、各国で有名なコーヒーがありますが、実はドイツにはありません。また、以前はドイツでも、トルココーヒーのような豆を煮だすスタイルで淹れていましたが、ドイツはサイフォン式の淹れ方やペーパードリップ方式を発案したりと、現在世界でスタンダードになっている飲み方を開発してきている開発国家なのです。

ケニアやタンザニアのコーヒーが好き

ドイツコーヒーの特徴として、ケニアやタンザニア(キリマンジャロ)といった国の豆をよく使うということが挙げられます。どちらも爽やかな酸味が特徴的ですが、焙煎次第ではしっかりとした苦味を感じられるバランスの取れた豆です。これらの品種は日本でも好まれている人気が高い豆です。コクがあって香り高いコーヒーが好みという点では、やはりドイツ人と日本人は近い味覚を持っていると言えるかもしれません。

ドイツ人は味のこだわりが強い

味にこだわるドイツでは、職場に自分専用のコーヒーメーカーを持ち込んでいる人が多いです。コーヒーに限らず、ドイツ人は味や物にこだわる人が非常に多いと言われています。いくら職場で飲むコーヒーとはいえ、「自分の物は自分で用意したい」という個人主義的な発想からくるドイツの文化なのでしょう。ドイツ人が一杯のコーヒーにかける情熱には素晴らしいものを感じます。日本では、いつもは本格的なコーヒーを飲むけれど、職場ではインスタントコーヒーを飲むという人が多く、柔軟性がありますが、ドイツ人は自分のこだわりはいつどんな時でも守りとおすのですね。

「メリタ式」はドイツ発祥

ドイツの「コーヒーメーカー」と言えば、ペーパードリップで有名な「メリタ」。現在日本でも親しまれているペーパードリップ式の飲み方は、ドイツの都市ドレスデンに住むメリタ・ベンツという主婦によって考案された飲み方です。メリタは、夫に美味しいコーヒーを飲ませたい一心でひたすら試行錯誤を続け、1枚のろ紙で「こす」という方法に至ったのです。

いかがでしたか?ビールのイメージが強いドイツが、まさかこんなにもコーヒー大国でコーヒーにこだわりを持っているとは知りませんでした。味にこだわりを持つドイツ人だからこそ、コーヒーを飲むためにいもいろいろな発明品が出てきたのでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーハウス
  3. 海外のカフェ
  4. トリバコーヒー
  5. コーヒーメーカー
  6. 名曲喫茶東京
  7. コーヒーメーカー
  8. 名曲喫茶東京
  9. カフェの仕事
  10. コーヒーベルト
PAGE TOP