コーヒーの人気特集

コーヒー豆を買う時の気を付けたい点5つと黒糖コーヒーについて

現在様々な種類が販売されているコーヒー豆。生産地もたくさんあり、更に焙煎の具合、酸味や苦み、コク・・・・どれを買えばいいのかいまいちよくわからないという場合も多いのではないでしょうか?私も、ついついお店のおススメを選んでしまったりします。今回は買うときの5つのポイントをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

基本的な豆の分類

粉状にコーヒー豆を挽いてある、いわゆる「レギュラーコーヒー」の豆は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど様々な場所で手軽に買うことができます。この場合、一概には言えませんが、だいたいは「ブレンド」と言って万人受けするような飲みやすいコーヒーになるように様々な生産地のコーヒー豆を混ぜて作ってあるので、何を買っていいのかわからないという方は「レギュラーコーヒー」は無難です。ブレンドされていない「ストレートコーヒー」を買いたいという場合には、コーヒー豆専門店や豆の販売を行っているコーヒーショップ・カフェに行けば手に入れることができます。種類が豊富ですが、必ずコーヒーの知識を持ったスタッフがいるので、いろいろと聞いてみるとよいでしょう。

生産地、焙煎度の違い

コーヒー豆は生産地によって味わいが少しずつ違っています。コロンビア・グアテマラ・コスタリカ・ブラジルなどの「ラテンアメリカ系」はほどよい酸味がありフルーティーですっきりとした味わいが多いです。ケニア・エチオピア・ルワンダ・タンザニアなどの「アフリカ系」はとても個性的で柑橘系の風味や華やかな酸味が特徴です。インドネシアやスマトラなどの「アジア・太平洋系」はしっかりとしたコクやスパイシーな後味が特徴です。

また、焙煎具合でも味に違いはあります。「浅煎り」はとても軽い飲み口で酸味を強く感じるさっぱりとしたコーヒーです。「中煎り」は酸味と苦みのバランスがとれていて。まろやかな口当たりのコーヒーです。「深煎り」は苦みが強くどっしりとしたコクや香ばしさを感じることのできるコーヒーとなっています。

コーヒー豆を買う際の5つのポイント

では、上で述べたことを踏まえて5つのポイントを確認してみましょう。

①好みの豆を見つけたいときは「専門店」で購入する

②銘柄名から産地やクオリティを読みとる

③焙煎度による味わいの傾向を知る

④豆で購入し、淹れる直前に挽くのがベスト

⑤挽いた粉を買う場合は、器具にあった挽き具合を選ぶ

この5つのポイントを意識してコーヒー豆を選ぶことで、より自分の好みや入れ方に合った豆を選ぶことができ、美味しいコーヒーを飲むことができるでしょう。

ちなみに、豆のまま買った場合は、コーヒーを淹れる直前に挽くのがベストですので、それまではキャニスターのような密閉性が高い容器に移し替えて湿気を防ぐことがとても大切です。粉で買った場合は、だいたい2週間で飲みきるくらいが美味しく飲むことのできる期限と言われています。やはり新鮮な豆の方が美味しく飲むことができるので、なるべくまとめ買いは避け、飲みきれる量をこまめに買うことをおすすめします。

以上、コーヒー豆を買う時のポイントでしたが、いかがでしたか?コーヒーショップに出向いてコーヒーを買う回数が増えるにつれてコーヒーの知識も増え、選ぶ時間も楽しくなるはずです。

コーヒーにも種類があるように、砂糖にもいろんな種類があります。白砂糖、グラニュー糖、角砂糖などひとことに砂糖と言ってもバリエーションが豊富でどれも微妙に味や成分が異なってきます。合わせる砂糖によってそれぞれコーヒーの味わいも変化するのですが、その中でも「黒砂糖」とコーヒーの組み合わせの良さが注目されています。普段は何気なく普通の砂糖をコーヒーに入れている人も、黒砂糖に変えるだけでいつもとは違ったコーヒーを楽しむことができるかもしれません。今回はこのコーヒーと黒砂糖の関係についてみていきましょう。

黒砂糖とは

黒砂糖とは、サトウキビから汁を搾り取ったものから不純物を取り除き、煮詰めて結晶として固めたもののことを言います。白砂糖では「糖蜜」という成分を取り除くのですが、黒砂糖ではそれを取り除かないのが大きな違いです。日本では、沖縄などが産地として有名であり、海外だとフィリピンやベトナムでの生産が盛んなようです。黒砂糖はコーヒー以外にも、他の料理やお菓子の材料として良く使われます。白砂糖よりもコクがあり甘みも強いのが特徴です。

純黒糖と加工黒糖

サトウキビの茎のしぼりカスを加熱し、水分を蒸発させて濃縮したものを「純黒糖」と呼び、黒糖に蔗糖や廃糖蜜などを加えて成分を調整したものを「加工黒糖」と呼びます。

黒糖の成分と効果

黒糖には、摂りすぎた塩分を排出する効果のある「カリウム」や、貧血防止に必要な「鉄」。その他にも骨や歯を強くする「カルシウム」、「ミネラル」が豊富に含まれています。

黒糖の効果・効能

コーヒーには身体に与える様々な良い効果があることで知られていますが、黒砂糖にも普通の砂糖にはない、健康に良い効果・効能がいくつかあります。

黒砂糖コーヒーは栄養分が豊富である

白砂糖と黒砂糖では同じ砂糖ですが含まれている成分が大きく違います。白砂糖は精製の段階でミネラルやビタミンなどの成分が失われますが、黒砂糖はそれらの成分を取り除くことなく含まれているので、白砂糖が失ってしまった成分がずべてある分より多くの栄養を摂取することができるのです。

黒砂糖コーヒーの疲労回復効果

疲れた時に甘いものを食べると脳が回復することがありますが、黒糖を摂取した際には糖分がブドウ糖になり体内に吸収されます。そのブドウ糖はエネルギーになるので、結果として疲労が回復します。普通の白砂糖も疲労回復効果はあるのですが、黒砂糖の方が吸収されやすいと言われています。なので、疲れた一日の終わりに飲むコーヒーには黒砂糖が最適と言えます。

黒砂糖コーヒーの味わい

個人的には普通のコーヒーよりも濃厚で甘く感じられて、はちみつのような味を楽しむことができると感じます。甘味にコクが出るので、濃いめの深煎りコーヒーに黒糖を入れて、更にミルクを入れる飲み方がおすすめです。ただ甘いという風にならずに、コーヒーの苦みとも上手く調和するので、コーヒーの苦みが苦手な人でも飲みやすい味わいになります。

いかがでしたか?砂糖はいろいろありますが、コーヒーにあわせることで味わいに変化が出てきます。黒糖コーヒーは手軽に作ることができて、普通の白砂糖とは違った楽しみ方をすることができます。砂糖はそれぞれの種類が良さを持っており、どの砂糖がコーヒーに合っていて、どの砂糖を使うべきだなどと決めることは難しいです。いろいろな砂糖とコーヒーの組み合わせを試して、自分の好みに合った砂糖をみつけると良いでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. コーヒー効果
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒ豆の種類
  9. コーヒーミル
  10. ペットボトル入りコーヒー豆
PAGE TOP