コーヒーの人気特集

コーヒー豆はそのまま食べると良いことがある

コーヒー豆を、そのまま食べることは「禁煙にいい」と言っている人がいました。コーヒーを飲むのではなく、そのまま豆を食べるんだそうです。それは本当なのか、コーヒー豆をそのまま食べることのメリットについて今回はご紹介します。

豆のまま食べて大丈夫なのか

コーヒー豆をそのまま食べても体的に問題はないのでしょうか?健康面に対する影響が心配する人がいてもおかしくないでしょう。もともとコーヒー豆は挽いてから使うためのものなので、豆のままという発想は少し気が引けるかもしれません。結論から言うと、豆のままでも食べることができ、更に豆のままだからこその効果もあったりします。実際にコーヒー豆がコーヒーになる過程で、ほとんど抽出されない成分もあり、その代表的なものがタンパク質、繊維、油分などです。つまり、コーヒーを淹れて飲んだだけでは、豆にとどまっているわけですから、これらの効果を得ることができないのです。これらは特に有害な物質ではなく、他の食べ物にも多く含まれているので、体に害はないですし、ぜひ取り入れたいですよね。日本では豆のまま食べる人は少ないと思いますが、エチオピアの一部の地域では、コーヒー豆を煮て食べたりするという噂もあります。コーヒーとして飲む場合には得られない効果が、豆のままで食べることにより得ることができるのです。

カフェインの量は?

コーヒーをたくさん飲むとカフェインをとりすぎるので注意しましょうとよく聞きますが、そもそも豆をそのまま食べることはカフェインの過剰摂取にならないのでしょうか?この問題の答えとしては、コーヒーを飲む時と、豆そのままで食べる時ではカフェインの摂取量はほぼ同じなので、コーヒーを飲む時のように特に心配はいらないです。しかし、豆そのままだとパクパクと食べ過ぎてしまう可能性がありますので、食べる量には気をつけましょう。

メリット

①禁煙効果

タバコを吸いたいと思った時にコーヒー豆を2〜3粒食べます。コーヒーも嗜好品なので、コーヒーの香りにリラックスされるのでしょう。

②眠気覚まし

眠気覚ましにコーヒーと同じ要領で、コーヒー豆を2〜3粒食べます。カフェインの摂取と、ポリポリとした触感で目が覚めます。

③ダイエット

ブラックコーヒーにはダイエット効果があって注目されています。おなかがすいたらコーヒー豆を1粒1粒ゆっくり味わいましょう。味が濃いのでゆっくり味わうことで満足感が得られます。食べ過ぎには注意です。

④口臭直し

コーヒーの消臭効果を活用しましょう。ニンニク系のきつい口臭もすぐに治ります。しかし歯に豆のカスが挟まる可能性が高いので、外出先では控えた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?コーヒー豆をそのまま食べることによってだけ、得られる効果なんかもあるのですね。最初はコーヒー豆のザラザラした触感や、苦味になれないかもしれませんが慣れていくうちにとても美味しく食べることができます。眠いときに一粒、リラックスしたい時に一粒など、飴と同じような感覚で一度試してみてください。市販のおかしでチョコレートにコーティングされたものもあるので、そこから初めてみるとよいでしょう。しかし、食べ過ぎには注意です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. イタリアのカフェ
  3. オールドクロップの珈琲
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. チェーン店のカフェ
  7. コーヒーの豆知識
  8. コーヒーメーカー
PAGE TOP