コーヒーの人気特集

コーヒー豆の挽き方と注意点

挽き方で味が変わる

挽いたコーヒー豆の粒の大きさを「粒度(りゅうど)」と言います。粒度が小さいほどお湯と接触する面積が増えるため、色も味もよく抽出されます。
粒度は大まかに5つの細かさに分けられます。

コーヒー豆を挽く時の注目すべき4点

コーヒー豆を挽くにあたって重要な点は4つあります。

【熱】挽く時に、できるだけ豆に熱を加えないこと。熱で豆が劣化してしまいます。
【均一度】粒度を均一にすること。
【粗さ】抽出方法にあった粗さに挽くこと。
【微粉】微粉・渋皮を除去すること。
※微粉とは、コーヒー豆をミルで挽いた時に出るとても細かい粉のことです。
これが混ざると雑味が増えてしまうので、ミルでコーヒー豆を挽いたあとに茶こしでふるいにかけて微粉を取り除くと雑味が消えクリアな味わいになります。
※コーヒー豆の中心部分割れ目からチラリと見える部分が渋皮です。シルバースキンとも呼ばれています。
渋皮を取り除く方法は人それぞれですが、何にしても果てしない作業です。

コーヒー豆の挽き方1:極細挽き

パウダー状の非常に細かい粉にした状態です。大きさで言うと上白糖と同等で、サラサラしています。
エスプレッソやターキッシュコーヒーに向いている挽き方です。

コーヒー豆の挽き方2:細挽き

大きさは上白糖とグラニュー糖の中間くらいの粒度です。
水出しコーヒーなどではこの細挽きが多く用いられます。

コーヒー豆の挽き方3:中細挽き

大きさはグラニュー糖ほどの粒度です。市販されているレギュラーコーヒーはこの中細挽きであることが多いです。
ペーパードリップやコーヒーメーカーにはこの中細挽きが向いています。
※コーヒーメーカーを使う場合高めの温度を設定することができないため、細挽きだと成分抽出過多で美味しくない成分まで抽出されてしまうのです。

コーヒー豆の挽き方4:中挽き

大きさはグラニュー糖とザラメの中間程度の粒度です。
サイフォンや布ドリップ(ネルドリップ)にはこの中挽きが適しています。

コーヒー豆の挽き方5:粗挽き

大きさはザラメ程度の粒度です。パーコレーターなどのコーヒーの粉とお湯との接触時間が長い抽出に適しています。

パーコレーターはキャンプ用品としてよく用いられるものなので、アウトドアなど外でコーヒーを楽しみたい方は粗挽きを選択するといいでしょう。

コーヒー豆の挽き方6:挽く時の速さ

摩擦の熱が加わると香りが飛んでしまったり雑味が出てしまいます。
折角お気に入りの豆を購入してもそれではもったいないので、手動の場合はハンドルを軽くゆっくりと回しできるだけ熱が発生しないように挽くのがおすすめです。時間はかかりますが、豆の持つ風味を損なわず、最大限に引き出すことができます。
電導ミルの場合は、いっきに挽いてしまうのではなく、5~6秒挽くたびに軽く振ってを繰り返し、摩擦熱の発生を抑えながら挽いたほうがいいでしょう。

コーヒー豆の挽き方7:細挽きと粗挽き

細挽きであればあるほど、粉がお湯に振れる面積が広くなり濃度が濃く苦味が強まります。粗挽きはその逆で、粉がお湯に振れる面積が縮小されるため濃度は薄く苦味も弱まります。
コーヒー本来の味をしっかり味わいたい時には細挽きで濃い目に淹れる、寝る前の静かな時間には粗挽きで薄目に淹れてホッとする時間を過ごす。そんな風に使い分けるとより一層コーヒーを楽しむことができるかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP