コーヒーの人気特集

コーヒー豆の人気ランキングとカフェ開業方法

コーヒー豆はどの産地のコーヒー豆を使用するかで味が大きく異なってきます。酸味が好きな人も入れば、苦味も好きな人もいるので、当然のことながらどこの国のコーヒー豆が美味しくてどこの国のコーヒー豆は美味しくないとは一概には言えません。今回は日本人に人気と言われているコーヒー豆のランキングについて書いていこうと思います。

人気な豆ランキング

コーヒー豆のおすすめランキングを集計したところ、最も人気だったのはモカ(エチオピア/イエメン)でした。次いでブルーマウンテン(ジャマイカ)、ブラジルサントス、マンデリン(インドネシア)、キリマンジャロ(タンザニア)と続きます。それぞれみてみましょう。

モカ

モカはコーヒー豆の発祥の地としても有名なエチオピアとイエメンで生産されています。モカという名前から「チョコレートの成分が入っているの?」と思う人もいるかもしれませんが、チョコレートとは関係ありません。モカが1位という結果が意外でしたが、確かに飲みやすいコーヒーです。

味わいはさっぱりとした酸味とフルーティーな香りが特徴的で、疲れた時に飲むとほっとするような印象が個人的にあります。

ブルーマウンテン

コーヒー豆ランキングで2位になったのがブルーマウンテンでした。一度は聞いたことがある、日本でおそらくもっとも有名なコーヒー豆なのではないかと思います。個人的にはブルーマウンテンが1位になるかと思っていましたがまさかの2位。ブルーマウンテンは、苦味、甘味、香り、コク、酸味と全てがとにかく絶妙なバランスです。ジャマイカ産のコーヒー豆なのですが、生産量が少ないことからも高級なコーヒー豆としても知られています。しかし少々高値なので飲む機会はふつうのコーヒーに比べると少ないのかもしれません。

ブラジルサントス

ブラジルは世界最大のコーヒー豆の生産国であり、日本が最も多く輸入しているコーヒー豆の産地もブラジルです。名前はぴんと来ないかもしれませんが、ブレンドコーヒーにはブラジル産の豆がよくブレンドされているので、もしかしたら日本人が最も飲みなれている味かもしれません。ブラジルサントスは苦味と酸味のバランスが良く、飲みやすいコーヒーになっております。

マンデリン

日本と同じアジアのインドネシアで生産されています。1位〜3位までとは違ってコクと苦味がしっかりとしている強めのコーヒーになります。酸味は控えめになっています。さっぱりよりは強いコーヒーが好きな人におすすめです。

キリマンジャロ

5位はキリマンジャロです。キリマンジャロ山脈はアフリカで最も高いことで知られていますが、キリマンジャロはその名前の通り、このキリマンジャロ山脈の麓で作られているコーヒー豆で、酸味がやや強めではありますが、嫌なえぐみや雑味が少ないので意外と飲みやすくて、さっぱりとしたい気分の時におすすめです。アイスコーヒーでも美味しく飲むことができます。

いかがでしたか?それぞれ需要が違いますが、以上がおすすめ人気のコーヒー豆です。バランスが良くて高いコーヒーが飲みたいならば「ブルーマウンテン」で、バランスが良くてリーズナブルなコーヒーが飲みたいならば「ブラジルサントス」、酸味が強くて苦味の弱いコーヒーが飲みたいならば「モカ」で、苦味が強くて酸味の弱いコーヒーが飲みたいならば「マンデリン」がおすすめかと思います。ただし、コーヒー豆のおすすめランキングはあくまで目安でしかないので、最終的には自分に合ったコーヒー豆を選ぶのが良いと思います。自分の好きなコーヒー豆がある程度わかってきたら、いろいろな味わいのコーヒー豆に挑戦してみるのもおもしろいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーの仲間の植物は、世界に現在数十~数百あり、世界中でコーヒーとして飲まれるのは「アラビカ種」「ロブスタ種(カネフォラ種)」「リベリア種」の3つといわれています。

日本人にもっともなじみがあるのがアラビカ種です。ロブスタ種は安価に取り引きされるもので、缶コーヒーやインスタントコーヒーなどに使われることが多いです。日本で豆として一般的に流通しているのはアラビカ種で、ロブスタ種よりも高価なものです。

本稿では、これらのことを踏まえ、知っておくとコーヒーがさらに楽しくなる品種の話をします。

アラビカ種とは?

アフリカのエチオピアが原産といわれています。カフェで飲むもの、スーパーや焙煎屋さんで豆として出回っているものはほとんどこのアラビカ種です。味、香りともに優れており、きれいな酸味を感じさせます。ただ、これらの魅力と引き換えに、低温や高温、多雨や小雨など環境の変化や、病害虫に弱いのが栽培上の泣きどころ。

アラビカ種の具体的な品種の一部を以下に列記します。
これぐらいの種類を頭に入れておくと、焙煎屋さんで “銘柄指名買い”ができたり、コーヒー専門店で“ストレートで名指し注文”ができたりするようになります!

ティピカ……アラビカ種の二大品種のひとつ。日本やヨーロッパで好まれる。
ブルボン……アラビカ種の二大品種のひとつ。ティピカの突然変異種。
カトゥーラ……ブルボン種の突然変異種。小粒だが味がよく人気がある。
ゲイシャ……エチオピアで発見された在来種。突然変異や自然交配を繰り返して生まれたとされる。パナマのエスメラルダ農園のゲイシャは史上最高値をつけたことも。
ムンド・ノーボ……ブルボン種とスマトラ種の自然交配種。
パカマラ……エル・サルバドルで生まれた人工交配種。

ロブスタ種とは?

カネフォラ種の中の栽培品種がロブスタ種です。アフリカのコンゴが原産といわれています。安価なレギュラーコーヒー用に出回っています。インスタントコーヒーや缶コーヒーなどの原料になることもあります。栽培は比較的容易で、1本の木からの収量も多いです。味は、酸味がなくカフェイン成分が多く苦味が強めで、独特のクセが出やすいです。

リベリカ種とは?

西アフリカ原産種で、主要生産国はリベリア。生産量が極めて少なく、日本ではほとんど出回りません。

ロブスタ種は劣るものなのか?

安価なもの、味はいまいちなどといわれますが、需要がないわけではありません。たとえば、ドリップコーヒーではなくエスプレッソの本場イタリアでは、アラビカ種とロブスタ種を混ぜて使うのが好まれるといわれます。コーヒーは嗜好品なので、どれが一番おいしい、何が正解ということはありません。中高年のコーヒーファンの中には「昔ながらのコーヒーの香りが好きだから」という理由でロブスタ種を好む人もいるようです。

また、ロブスタの生産量が多いのはベトナムですが、こちらでは濃いめに抽出したコーヒーに甘いコンデンスミルクを入れて飲むコーヒーがしゅりゅです。このスタイルにはやはり、ミルクを入れても風味が薄まらないロブスタ種がぴったりと合うのです。ちなみにベトナムは、アメリカに次いで世界第二位のコーヒー大国です。

まとめ

ざっとコーヒーの品種を説明してきましたが、全貌がぼんやりと見えてきましたか? 世界にはまだまだ魅力的なコーヒーの生産者がいて、すばらしいコーヒーが今後どんどん出回ってくるはずです。広がる一方のコーヒーの世界から目が離せません。

喫茶店を経営する時はコーヒーに合う料理も考えないといけないと思います。そこでコーヒーに合う食べ物を紹介していきたいと思います。

カフェ開業で提供したいスイーツ

まず、やはりスイーツやクッキーなどが定番としてよく挙げられます。さらにはコーヒーの特徴ごとに合うスイーツやクッキーが細分化されていきます。
酸味の強いコーヒーなら、アップルパイなどフルーツを使った酸味のあるケーキが合い、中煎りみたいに酸味と苦みのバランスが良いコーヒーにはプレーンタイプのシフォンケーキやクッキーが合うと言われています。そして苦みが強いのは、チョコレートやバタークッキーなど甘さが強いものとバランスが調和されます。

またコーヒーに会うのは和菓子も同じです。実際に名古屋のカフェにはコーヒーぜんざいがあったり、喫茶マウンテンと言っておしるこスパや甘口メロンスパなどを提供するお店が有名です。こう言ったコーヒーに合う和菓子としてはよく餡この入ったものが挙げられています。

カフェ開業でモーニングの用意

コーヒーに合うのは勿論お菓子だけではありません。朝食にも合います。ハムチーズサンドやエッグマフィンなどの卵料理もコーヒーに合います。

またサラダも合い、温野菜にすれば柔らかくなることで消化に良くなり忙しい朝に特に向いてると言われています。
喫茶店を開業した際に温野菜で提供すれば普通のサラダよりも消化効率が良くなり、評判を頂くことも期待できるのでないでしょうか?

そして目玉焼きや、バナナとヨーグルトも合うと言われていますが、サラダなど朝食は基本的に消化効率が良いのが好まれている傾向に合うと考えられます。
朝食にパンと肉料理と一緒にコーヒーを飲んでいる方もいますが朝早い時間から営業したい場合、消化効率の良いもので揃えることで充分な満腹度と共に、早く食事を済ませられる事をアピールできるのではないでしょうか?

カフェ開業で提供したいカフェオレメニュー

さらにカフェオレになると色々な食べ物に合うと、コーヒーのユーザー間では言われています。上のようなプレーンタイプのクッキーやケーキは勿論のこと、海鮮そばや肉まん、卵チャーハンなど中華系料理にも合うとの事です。確かにミスター・ドーナッツでは、中華系料理と共にカフェオレも飲み放題として提供しているので納得できます。

またコーヒーユーザーでも、何も入れていないストレートで飲める人は少数のように感じます。その為にカフェオレも用意しなければいけないと思いますし、黒みつカフェオレやキャラメルマキアートと言ったミルク・砂糖以外に味付けを施してるコーヒーも場合によっては必要でしょう。
そしてカフェオレとして使うならストレートとししてはこのコーヒー豆が合うけど、ブレンドでするならまた別と言う書き込みもあります。
カフェオレに合う豆は、喫茶店を経営したい方の経験とカンで探すしかないとしか言えませんが、いずれにせよ後々考えなければいけない要素になるのではないでしょうか?
とりあえず今は、コンセプトをきっちり考えてからコーヒーに合う食べ物を探すと言う順番で良いのではと思います。(昼になってから営業するなら、コーヒーに合う朝食を提供する必要が無いように。)

筆者は、グルメ情報誌の編集部に在籍していたとき、何十年も続く老舗店から若い人が開いたばかりの新店までを取材しました。ちょっと前に取材したときはたいへん繁盛していたお店がいつの間にか閉店していることもあり、飲食店経営とは難しいものだな、と思ったものでした。

そして、長く続くお店をやっていくにいくつか知っておいていただきたいことがあります。カフェを開きたい! と思って勢いではじめるのではなく、何よりも大事な心構えをまとめます。料理が好きで自分のカフェを開きたいという漠然とした夢はあるけど、何からはじめればいいのかわからないという人にも参考になるはずです。

カフェ開業にはまとまった資金を用意すること

開業に当たり資金を用意することは不可欠です。店舗物件を探して契約すること、厨房機器や家具や食器類の購入など、かかる経費は莫大です。居抜き開業(前テナントが使っていた設備や内装、造作などをそのまま譲り受けて開業すること)であれば経費の削減ができますが、それでも営業をはじめていくうちに不具合が出てきてリフォームなどの経費がかかります。

「カフェが好き」「料理で人を喜ばせるのが好き」などという夢を持つのはいいことですが、「想像以上にお金がかかる」という現実をちゃんと踏まえなければなりません。一般には、自己資金を300~400万、しばらくの運転資金に余裕を持たせるためには1000万円程度、などといわれています(※事情により異なります)。

開業資金などの制度を利用することもできますが、書類をそろえたり事業計画書を書いたりなど、やるべきことは多くハードルが高いのです。

飲食店勤務の経験は必要なのか

飲食店勤務の経験はあったほうがいいです。独立時に、雇い主とのいい関係を築いていたらお客さんや食材の仕入れ先を紹介してもらえたりするからです。また何より、飲食の現場で長い経験を積んだ先輩たちと一緒に働くことは、ほかでは得難い経験となります。調理技術のみならず、仕入れや食材の目利き、集客のコツなどを現場体験で得ることは有効なことです。とはいえ、飲食店経験ゼロからスタートした人の成功例も、意外と少なくありません。人柄に魅力がある、店づくりのセンスがある、など経験以外の部分が大事なのもまた飲食店経営なのです。逆に、調理の技術が一流でも飲食店経営がうまくいかないケースもあります。

世の中には料理学校やカフェの専門スクールなどがありますが、こういうところに行くことは調理や接客の技術向上だけでなく、人脈や仲間ができるということからもおすすめできます。同じ夢を持って学ぶ仲間がいれば、情報交換をしたり、開業をしてからもおつきあいをしたりと、何かと心強い存在となるでしょう。また、講師のネットワークからカフェ開業に関する有益な情報が得られることもあります。

また、自分にできること、どんなセンスがあるか、自分の個性をお店づくりにどのように活かしていくかなど、“自分の強み”を客観的に把握することです。ひとりよがりやうぬぼれはいけません。客観的な意見をくれる友だちや仲間、家族の意見を聞きながら、この世にオンリーワンのお店づくりの夢を、一歩一歩叶えていきましょう。

カフェ開業を決意した人はコンセプトを決定したのちに、メニュー作りや物件探しという現実的な段階へと移ります。メニューはお店の“顔”たる存在。物件探しも重要タスクです。具体的にみていきましょう。

カフェメニューの作成方法

ドリンクだけか食事も出すか、食事は軽食か本格的な料理か、などを決めることは最重要事項となります。それにより、厨房の広さ、厨房機器の種類、冷蔵・冷凍庫の大きさ、内装などが決まってくるからです。調理、接客のスムーズなオペレーションの実現に努めましょう。

そのためにも、リサーチを兼ねて、ふだんからさまざまなカフェや話題の飲食店に出かけたり、情報誌やネットの情報をチェックしたりなど、最新の情報を意識的に収集するようにしましょう。

おもなドリンクや料理が決まれば、うつわの大きさや質感、素材などを決めて集めはじめることができます。実際にオープンしてからこれらのことをするより、事前にしっかり準備してから臨むほうが精神的にも経済的にも理想的といえます。

カフェメニュー構成の進め方

・コンセプトに沿ってメニューを構成
・必要な厨房機器やうつわを決める
・想定する業態にあった立地を決める
・インテリアや外装のイメージを決める
・開業資金を決める

メニューが決まれば、厨房機器や内装(厨房と客席の配分など)が決まります。それによって、どのような立地にどの広さの物件を取得すればいいのかが決まってきます。こうしたことから逆算しながら試算もはじめましょう。

これらは、複数のタスクを同時進行させたり、順序が逆になったりと、思うようにいかないことも多いもの。資金や日程には、十分な余裕をもって臨みたいところです。

カフェの立地や物件の選び方

コンセプト、メニューが決まったら、いよいよどのエリアにするかという「立地決定と物件取得となります。店を探しているとき、内装などをつくっているときは売り上げがないので、しばらく暮らしていける程度の生活費をたくわえておく必要があります。また、予想外の出費もあるので、開業資金はなるべく多めに準備しておくことです。

カフェの立地の決め方

以下のようなことを考えておくことが重要です。

街を歩いている人の服装や年齢層をチェックする
地元のスーパーや飲食店をチェックする
同業の飲食店の客単価をチェックする
その街で求められている飲食店を想像する
出店候補先は、その街限定か、ほかの街でもいいか

などを念頭に置いて候補となる街をリサーチしましょう。昼と夜とで歩いている人の感じや街の雰囲気がまったく違うこともあります。ベッドタウンなのかオフィス街なのかでも、店のコンセプト、メニューづくりは変わってくるのです。

カフェの物件の探し方

以下のように進めるのが一般的です。

居抜きの場合は、居抜き専門の店舗物件を扱っている業者へ
内装をイチから造る場合は、その地域に強い業者へ
一般的には、住宅用ではなく店舗物件を専門に扱う業者へ
費用対効果で考える(いい物件はそれなりの価格。掘り出し物はなかなかない)
絶対に条件と、譲ってもいい条件を決める

飲食店に勤務してからの独立などで、円満退社の場合は、関係者からいい物件を紹介してもらえることなどもあると聞きます。あるいは、信頼できる業者などを紹介してもらえることもあるでしょう。ネットでの情報収集も有益です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーのマナー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. バターコーヒー
PAGE TOP