コーヒーの人気特集

コーヒー界のアカデミー賞?カップ・オブ・エクセレンスとは

コーヒー業界にアカデミー賞のようなものがあります。それは「カップ・オブ・エクセレンス」と呼ばれている大会であり、この大会で受賞したコーヒー豆はアカデミー賞なみの称賛と経済的な恩恵を受けることができます。今回はそんなカップ・オブ・エクセレンスについて書いていこうと思います。

カップ・オブ・エクセレンスとは

カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence=COE)とは直訳すると「最高のコーヒー」ですが、その名前の通り、その年に収穫されたコーヒー豆の中から最高のものを選ぶコンテストです。美味しいコーヒー豆を決めるコンテストはいくつもありますが、その中でもこのカップ・オブ・エクセレンスは最も有名で意味のあるものとされています。この大会はアライアンス・フォー・コーヒー・エクセレンス(ACE)というNPO法人によって運営されており、国ごとに行われています。また、実際にカップ・オブ・エクセレンスに選ばれるコーヒー豆は全生産の中でもたった数%だけであり、この賞を取ることはそのコーヒー豆が世界の中でもトップ数%に入るくらいの品質の高さであることを証明します。カップ・オブ・エクセレンスを開催しているコーヒー豆の生産国は多く、年度による変更はあるものの、ブラジル、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラといった中南米から、ルワンダなどアフリカまで多くの国で生産されています。

どのようにして始まったか

最も品質の高いコーヒー豆を決めるカップ・オブ・エクセレンスですが、最初に大会を開いたのはコーヒー生産大国の「ブラジル」でした。かつては現在のようにスペシャリティコーヒーが騒がれることもなく、大量消費・大量生産の流れで、コーヒーの品質やコーヒーの生産地によるユニークさが現在ほど注目されることはありませんでしたが、ブラジルでのカップ・オブ・エクセレンスの成功を受けて、この大会は次第に他のコーヒー豆の生産国にも広がっていき、現在のようにコーヒーにおける最も有名な大会となりました。

厳しい選考方法

一次選考、二次選考、最終選考の3段階になっており、選考ではコーヒー豆を多角的に評価し、爽やかさ、甘さ、酸味の繊細さ、口に含んだ質感・量感、風味、後味の印象度、味のバランスなどが評価の対象になります。

一次選考

第一選考では、そもそも出品されたコーヒー豆がスペシャリティコーヒーの最低基準を満たしているか確認されます。要は足切りのようなものです。

二次選考

第二選考では、国内の審査員によってテイスティングして品質の高さを試されます。

最終選考

そして最終選考では、3日間かけて大会が開かれ国際審査員がカップ・オブ・エクセレンスに該当するか見極めます。この最終的な決定権を持つ国際審査員ですが、アメリカ、ヨーロッパ、日本などのコーヒー消費国側とブラジル、グアテマラといったコーヒー生産国側の両方からコーヒーのスペシャリストが24人選出されます。最終選考のカッピングで平均点が85点以上になった場合にはカップ・オブ・エクセレンス入賞となります。さらにその中でも平均点が90点を越えるとプレジデンシャル・アワードと呼ばれるさらに大きな賞を受賞できます。

いかがでしたか?カップ・オブ・エクセレンスで受賞したコーヒー豆には独自のロゴの登録商標が付けて販売されます。ですので、ロゴがついている豆を見つけた時は、プロが選んだ味なのでぜひ試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーベルト
  2. コーヒーの賞味期限
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒー染め
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー人気
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP