コーヒーの人気特集

コーヒーミルクの代わりになるものについての考察

コーヒーミルクの代わりになる物は何か?

コーヒーミルクの代わりになる物には、いくつか考えられるものが多いです。
牛乳が体質的にあわない人は日本人の中には多いので、代用品で出すコーヒーショップもあります。体質的に問題は無くても、あの味が好きでない!という人もいるかもしれません。また、ミルク以外の方法で、ミルクのような感覚でアレンジをしたいという日ともいらっしゃると思います。
かといって、フレッシュはあまり身体にもよくないと評判の為、他の方法を考えたいところですね。
そこで、この記事ではミルクの代わりになりそうなものをいくつか提案いたします。

コーヒーフロートなどにも使える!生クリームを使う方法

生クリームは、牛乳に似た味わいを出す方法として、もっとも使いやすい方法と言えるでしょう。生クリームをおおよそ小さじ1-2杯入れるだけで、牛乳のようなまろやかさを出した贅沢なデザート風のコーヒーができあがります。
ホイップしたクリームを使えば、見た目的にもかわいらしく仕上がりますし、混ぜる前に砂糖を加えると、砂糖を直接加えるのとまた違う味の変化が味わえます。

コーヒーによっては相性が合うかもしれない、アーモンドミルクを使う方法

アーモンドミルクはアーモンドから抽出した液体のことで、アーモンドの薫を伴ったすっきりとした飲み物として、健康志向の人に飲まれることが多い飲み物です。
アーモンドの香りがかなりつよく、またかなりすっきりした飲み物なので、アーモンドミルクを使う場合は銘柄をある程度選ぶ必要があります。酸味や甘味のしっかり出ているフルーティなコーヒーに加えることは、おすすめできません。
苦味主体で、甘みも少し出ている程度のコーヒーに使ってあげると丁度良いです。

麦芽コーヒーなどにも使える、豆乳を使う方法

豆乳を入れる方法は、代用コーヒーとしても使われることの多い麦芽コーヒーなどに入れる方法としても使われています。
豆乳も牛乳ほどのまったり感はなく、さらさらしています。調整豆乳は味が加わっており、基本的にコーヒーに合わないことが多いので、成分無調整の豆乳を使うようにした方がよいでしょう。
また、アーモンドミルクの時と同じように、コーヒーは苦味の強くはっきりしたものを使った方が良いでしょう。「モカ・エキスプレス」や、エスプレッソマシンなどで淹れたコーヒーを使うのもまたお勧めできます。

アイスクリームを入れ、アフォガートのようにする方法

これはどちらかというとデザートになってしまいますが、よく使われる方法でもあるのでご紹介します。
コーヒーにカップアイスを切り取り、まるまる入れるだけで、クリーミーな甘みを伴ったデザートが出来上がります。アフォガート風コーヒー、とでも言えばよいでしょうか。
少しだけ溶かせば、ポーションミルクとガムシロップのように使うことも可能です。

これらの案の中にヒントはありましたでしょうか?
ミルクを入れずとも飲めるのがベストではあるのですが、濃すぎるコーヒーを買ってしまった時などはこうしたアレンジメニューを作ってみるのも楽しいかもしれません。
スターバックスのアレンジメニューのように、楽しんでアレンジしてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP