コーヒーの人気特集

コーヒーフレッシュの甘さは糖質によるものだった!

コーヒーフレッシュはなぜ甘い?

コーヒーフレッシュが甘いのは、糖質が含まれているためです。実際にコーヒーフレッシュの原料としては植物油や乳化剤、カラメル色素、PH調整剤となっています。その他、増粘多糖類が含まれていて、それらを調合して独特の甘さを作りだしているのです。

ミルクの香料を使用することで、本物に近いほのかに甘い香りを出しているものもあります。その甘さは砂糖などにも匹敵するものですが、実際にミルクや生クリームの自然な甘さとは違うものなので、飲み過ぎると身体には良くないです。

ただ、あの独特の甘みは世界中で愛されていて、多くの方が利用するようになっています。小分けになっていて日持ちもするので、特に飲食店では欠かせない存在です。

また、本物のミルクや生クリーム、砂糖を利用するよりも安くできることから、上記のような原料を使っているのです。当然、自然の甘味とは違ったものとなっているので、オーガニックな食材を好む方にとっては、少し理解できない物かもしれません。

コーヒーフレッシュの糖質は身体に良くない?

糖質自体は身体に必要なもので、そのすべてが身体に良くないとは言えません。健康的な肉体を維持するためには、ある程度摂取した方が良いとされています。

もちろん糖質を摂り過ぎると肥満になることもあるのですが、現代人はコーヒーフレッシュよりももっと深刻な食生活を送っています。毎日食べているものに糖質は含まれていますし、飲んでいるジュースなどにもとても多くの糖質が含まれています。

忙しく働く年代の人にとって、毎日バランスよく野菜も肉も魚も食べる、という食生活は中々難しいものです。つまり、コーヒーフレッシュの糖質自体が身体に悪影響を及ぼすということは少ないでしょう。

いつもの食事から摂る糖質に比べれば、コーヒーフレッシュから摂る糖質は微々たるものです。ただ、糖質というのは摂り過ぎると様々な病気になってしまうこともあるため、摂取自体は控えた方が良いです。

毎日習慣的にコーヒーを飲んでいるという方は、コーヒーフレッシュの量を減らす努力をするだけでも効果があると言えるでしょう。

糖尿病などのリスクはある?

コーヒーフレッシュの話題となると、「糖尿病になる」と言われることも多いのではないでしょうか。確かに糖質を摂り過ぎると糖分を身体の中で上手にコントロールできなくなり、糖尿病になってしまう可能性もあります。

糖尿病は体質からなりやすい人もいますが、最近では生活習慣からくる病であるともいわれているのです。しかし、コーヒーフレッシュだけでそういう病気になる可能性は、極めて低いと言って良いでしょう。

それよりも、毎日食べているお菓子やジュース、ファーストフードなどの方が、よほど危険です。確かにそういったものは美味しいですが、やはり食べすぎは体によくありません。何が言いたいのかというと、コーヒーフレッシュだけを悪者にするということはできないということです。

実際に世界中で販売されていて、利用している方も多いことから、身体への悪影響についてはそこまで深刻ではないと言えます。もちろん飲み過ぎは良くないですが、絶対に使ってはいけないと不安になる必要はありません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー中毒
  2. コーヒー染め
  3. 名曲喫茶東京
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーと薬の飲み合わせ
  6. 珈琲に合う食べ物
  7. コーヒーメーカー
  8. 神保町の喫茶店
  9. コーヒーメーカー
  10. 韓国カフェ
PAGE TOP