コーヒーの人気特集

コーヒーゼリーのカロリーについて解説します!

コーヒーゼリーの意外なカロリー

コーヒーゼリーは一つで計算すると100gあたり39kcal程度しかありません。一般的なフルーツゼリーは100gあたり100kcal程度とされていますので、コーヒーゼリーのカロリーはかなり低いことがわかります。

これは普通に散歩したり、ちょっとした運動をしたりするだけで消費できるカロリーです。そのため、カロリーオフのダイエットを考えている方にとっては、良いものだと言えるかもしれませんね。ただ、代用するというのが良い方法と言えます。

例えば、コーヒーゼリーを手作りする場合、普段砂糖を沢山入れている方は、その代わりにコーヒーフレッシュを使うとカロリーを抑えられます。

いわゆる置き換えをすることによって、本来摂取してしまいがちなカロリーを抑えることができるので、それらによって体型維持や健康維持をおこなっていくことが可能となります。

いつもの間食をコーヒーゼリーに変えることで、摂取カロリーをぐっと抑えることができるでしょう。もちろん、コーヒーゼリー自体のカロリーは高くないのですが、毎日、何個も食べるとカロリーはどんどん高くなっていきます。その点も注意しておくことが必要となるでしょう。

カロリーを抑えるためには

カロリーを抑えるためにはどうすれば良いのかというと、一番は砂糖やコーヒーフレッシュを使わないことです。使わなければ、その分のカロリーをカットできるので、肥満になることも少ないですし、1日1個程度食べる人にとっては、それだけでも効果が出てきたりします。

コーヒーゼリーはさっぱりしているからと、甘い生クリームをトッピングする、そんな食べ方はNGです。基本的にカロリーを抑えたいのなら、摂取する食品や飲み物を制限することが重要なのです。

当然コーヒーにもカロリーは含まれていますし、それと一緒に食事をしたりする方もいるので、そちらも考えなくてはなりません。コーヒーフレッシュ自体のカロリーは11~16kcalとなっているので、砂糖やコーヒーフレッシュを制限した方が健康的とも言えます。

市販のものを食べるのであれば、できるだけカロリーの少ない商品を選ぶというのも1つの手です。コーヒーゼリーを、どのように食べるかによって、大きく変わっていくでしょう。

コーヒーゼリーでダイエットできる?

コーヒーゼリーでダイエットができるかどうかについては、普通にコーヒーを飲むのと大差はないと言えるでしょう。コーヒーに含まれる成分はダイエットに良いと言われていますので、コーヒーゼリーでもその効果に期待することはできます。

ただ、砂糖やコーヒーフレッシュを利用するのと利用しないのとでは、利用しない方が痩せられるのは事実です。なぜならカロリーやその他の成分も余計に摂取しなくて良いためです。

しかし、コーヒーゼリー程度のカロリーであれば、少し動けば消費できるものですし、基礎代謝だけで消費してしまう程度のものです。1日に1回、50kcal以下の食べ物を食べるだけで太ることはあまり考えられません。

ダイエットをしたいという方は、合わせて有酸素運動と筋トレ、食事制限をしていくことで少しづつ体重を減らすことが可能です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP