コーヒーの人気特集

コーヒーの脳への効果・効能について

カフェインだけじゃない?コーヒーの脳への効能

コーヒーを飲むと、カフェインでテンションが上がる。そう思っている方も多いとは思います。カフェインの効果以外にも、脳へのさまざまな良い効果がもたらされます。
その効果は、コーヒーの香りによってもたらされます。

香り・匂いがもたらす脳への影響

人間の嗅覚は他の動物と比べて、退化はしているものの、嗅覚自体は脳の前頭葉にあるため、思考や記憶に大きな影響をもたらします。皆さんの中に、昔住んでいた場所で嗅いでいた匂いと似た匂いを嗅いで、昔の出来事が思い出された経験がある方もいらっしゃると思います。
また、好きな匂いを嗅いでいるときはリラックスしていき、嫌いな匂いを嗅いでいれば嫌な気分になってきます。匂いは気分にも大きな影響を与えるものです。

脳のアルファ波に影響するコーヒーの香り

杏林大学医学部の古賀良彦教授が行った研究には、コーヒーを飲んだ人間の脳の働きを記録したものがあります。

古賀教授は、脳のアルファ波をはかるための器具を被験者の頭に取り付け、同じ温度とお湯の量を使って抽出した6種類のコーヒーを10人の被験者にかいでもらいました。
実験結果は、「アルファ波が増加した銘柄もあれば、減少した銘柄もある」となりました。
グァテマラとブルーマウンテンの香りを嗅いだ被験者は、後頭部に流れているアルファ波の量が大きく増大しました。この二つの香りを嗅いだ時、被験者にはリラックス効果がありました。
一方、マンデリンとハワイ・コナではアルファ波の量は減少傾向がありました。銘柄によって、ここまで違いが出るというのが驚きですね。

脳機能の活性化にも絡む

また、古賀教授は被験者に簡単な作業をさせ、「P300」という、人間の集中力に関係する脳波が現れるまでの時間を計測することで、コーヒーの香りをかいでもらった被験者の集中力を計測しました。
ブラジルサントス、マンデリン、ハワイコナの香りをかいだ被験者は、P300が早く現れ、集中力が高まっていることが見られました。
一方、モカマタリやグァテマラでは、P300が現れるまでは時間がかかっていました。

ここまでの実験で言えることは、コーヒーの香りによってはリラックスするものもあれば、気持ちを切り替えて仕事に集中するのによいものもある、と言えますね。

コーヒーを淹れるだけでも効果がある?

さて、これらの香りですが、コーヒーを淹れる際にもっとも立つといっても過言ではありません。
ミルで豆を挽いた瞬間に、香りが今まで以上に出始めます。そして、ドリップをすることで、お湯によって暖められたコーヒーは周囲に香りを発し始めます。
そして、飲む前、飲んでいる最中、飲んだ後に、コーヒーの香りが自分にいっぱい入ってきます。
また、ちょっとコーヒーを淹れようかといままでやっていた作業から離れることもリラックスになります。作業をずっとやり続けていると、気分がこもっていきます。気分転換にも、コーヒーをドリップする、という時間を取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

ちなみにこちらの実験結果は、「全日本コーヒー協会」が公開したものでもあります。
興味のある人は、是非サイトで詳しくチェックしてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーかす
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒー豆
  5. コーヒーハウス
  6. カフェ開業
  7. コーヒーダイエット
  8. コーヒーハウス
  9. コーヒーメーカー
  10. 珈琲に合う食べ物
PAGE TOP