コーヒーの人気特集

コーヒーに含まれるカフェインの副作用にはどのような効果があるか

コーヒーには、アラビカ種で1%、カネフォラ種(ロブスタ種)で2%のカフェインが含まれています。

「コーヒーを飲みすぎるとカフェインで副作用が起こる」と言われますが、カフェインにはよい側面と悪い側面とがあります。カフェインのさまざまな側面について知り、正しいコーヒーとの付き合い方を考えるきっかけにしてもらえればと思っております。

カフェインの代表的な作用・覚醒作用

朝、眠気を覚ますためにコーヒーを飲むという人は多いですね。
カフェインには覚醒作用があります。この覚醒作用はカフェインの悪い側面・副作用としてよく語られがちですが、正しい付き合い方をすれば問題は起こりづらいです。

カフェインは吸収されると血流量を多くし、脳を活性化させます。そのため、コーヒーブレイクにコーヒーを飲むことで仕事への集中力をあげるために使われることもあります。他にも血流が良くなることで、片頭痛の緩和、筋肉の疲労改善などにも役に立つと言われております。
一方、カフェインに弱い人が摂取した場合や、カフェインの取りすぎは副作用をもたらします。吸収しすぎた場合、「頭に血がのぼる」と言えるほどの血流量の増加があり、ふらふらしたり、体温が下がりすぎたりします。神経過敏や睡眠障害なども起こりうるので、カフェインに弱いという自覚がある人は気を付けた方が良いでしょう。
中毒症状が起こった時は、まず水を多めに飲み、尿と共に吸収したカフェインを出してしまいましょう。後述の利尿作用によって、吸収されたカフェインも出ていきます。

もう一つの作用:利尿作用

カフェインを摂取すると、利尿作用が起こりやすくなります。こちらも有名な作用ですね。
利尿作用と覚醒作用が起こる事により、脱水症状を起こしやすいとも言えるので、夏場は特に飲みすぎに注意してください。夏には人気が出るアイスコーヒーにはホットコーヒーより多くの豆を使っているケースが多いので、自然とカフェインを摂取しすぎていることもあります。アイスコーヒーの飲みすぎは脱水症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。

コーヒーと一緒に、水分をしっかりとりましょう。ただし、ポカリスエットなどはカフェインの吸収を促進しすぎることもあるので飲み合わせに注意しましょう。普通の水が良いです。

妊娠中のカフェイン摂取は危険?

妊娠中、また授乳中はカフェインを取らないほうがよい、とよく言われます。これも過剰摂取した場合は問題になります。一日300mg(コーヒー2~3杯分)までは問題ないと言われています。
カフェインを摂取すると、吸収したカルシウムや鉄分が尿に流れやすくなります。カルシウムや鉄分は胎児にとっては多く必要になる栄養素で、吸収が阻害されるほど飲んでしまうと胎児の成長に影響が出てきます。

また、赤ちゃんは代謝機能が未熟なため、カフェインが排泄されずに身体の中に残りすぎることもあるため、妊娠中や授乳期にカフェインをとりすぎると赤ちゃんにも影響が出やすくなるので注意が必要です。
徹底的に禁止まではしなくても良いですが、例えば一日に5杯ほど飲む週間が元々ある人は特に気を付けるようにした方が良いですね。

コーヒーに含まれるカフェインは悪い面もありますが、うまく使えばよい面もあります。
過剰摂取は問題を引き起こすことが多いので、少しずつ飲むようにするのが一番よいでしょう。上手にコーヒーと付き合ってくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. 銀座喫茶店ルノアール
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーバリスタ
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 神保町の喫茶店
  10. コーヒーかす
PAGE TOP