コーヒーの人気特集

コーヒーには糖尿病の予防効果がある!そのメカニズムを解説します!

コーヒに含まれるクロロゲン酸が糖尿病予防になる

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれています。クロロゲン酸は強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、コーヒー生豆にはこのクロロゲン酸が10~15%と豊富に含まれています。

このクロロゲン酸類が、糖の代謝に影響すると考えられています。クロロゲン酸類を含むコーヒーを使ってヒト試験をしたところ、食後の血糖値の上昇を抑える結果が出たのです。

そのため、コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には、血糖値上昇を抑え糖尿病予防に効果があるとされています。

糖尿病のメカニズム

本来、ヒトの身体は甘いお菓子や炭水化物などの糖分を摂取した時、血糖値が上昇します。もちろん糖分自体は身体にとって必要不可欠な成分です。

摂取した糖分は身体の中でブドウ糖へと変わり、人間が生命活動をする上での貴重なエネルギーとなります。そのブドウ糖を血液内から細胞に取り込んだり脂肪や筋肉に蓄えたりする働きをするのが「インスリン」と呼ばれるホルモンなのです。

糖尿病は、このインスリン分泌が足りなかったり(インスリン不全)インスリンが十分に作用しない(インスリン抵抗性)ことによって、糖を上手く身体に取り込めずに血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

インスリン抵抗性の原因はさまざま考えられますが、そのうちの一つは、糖分の多い食べ物をよく食べ血糖値が上がった状態が慢性的に続くことで、インスリンの分泌量は正常なのにだんだんとそのインスリンの効果が出にくい体質になってしまうというものです。

簡単に言うと、血糖値が高くなるほどインスリンが沢山分泌されるわけですが、あまりにも沢山のインスリンが分泌されている状態が続くと、身体がそのインスリンに慣れてしまって正常に働かなくなってしまうのです。便秘薬ばかり飲んでいると、身体が薬に頼ってしまい、便秘症が悪化するといいます。身体はそうやって、良くも悪くも免疫ができてしまうのです。

このように、生活習慣などにより発病した糖尿病を「2型糖尿病」と言います。(すい臓のβ細胞が壊れて全くインスリンが分泌されない糖尿病は1型です。)ですので、血糖値の急激な上昇を抑え、インスリンの分泌をコントロールすることが2型糖尿病対策になるのです。

コーヒーを飲むことで、そのクロロゲン酸が血糖値の上昇を抑え、インスリンが過剰に分泌するのを防いでくれます。血糖値が高い状態が続くと血管がダメージを受け続け、これによって様々な病気が引き起こされてしまうのが糖尿病のメカニズムです。

コーヒーの摂取量で糖尿病罹患率が変わる

ハーバード大学が研究し、2014年のアメリカの糖尿病専門雑誌「Diabetologia」に掲載された情報です。1日にコーヒーを何杯飲むかで、糖尿病リスクがどれだけ減るかが分析されています。

1日1杯で8%、2杯で15%、3杯で21%、4杯で25%、5杯で29%、6杯で33%も糖尿病の罹患率は下がるようです。ハーバード大学ではコーヒーと糖尿病の関係性の他の研究もされていて、コーヒーの摂取量を増やした人は糖尿病リスクが11%低くなり、減らした人はその後4年で糖尿病罹患率が17%上がったという研究結果が出ています。

また、フィンランド国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査でも、1日3~4杯のコーヒーを飲む人は飲まない人に比べ、糖尿病の罹患率が女性で29%、男性は27%も減少したと結果がでています。シドニー大学でも同じような研究結果が出ており、コーヒーは糖尿病予防に効果があると世界中の研究機関で報告されているのです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP