コーヒーの人気特集

コーヒーと相性が悪いもの

食べ合わせを意識せずに無意識に食べていることによって、機能を強めてしまったり、逆に弱めてしまったりなど身体に思わぬ作用を及ぼす可能性があります。実際コーヒーには300種類もの成分があります。健康に良い効果はたくさんあるとされていますが、コーヒーにも食べ合わせというものがあるようです。今回はその「コーヒーと相性が悪いもの」についてみていきましょう。

薬やサプリメント

あまりいないとは思いますが、薬などをコーヒーと一緒に飲んではいけません。一緒に飲んでしまうと、せっかくの薬の成分がコーヒーのカフェインとくっついてしまい、身体に取り込まれず栄養効果を得られないまま対外へ排出されてしまいます短時間に過剰のカフェインを取り過ぎると、頭痛、不眠、めまい、情緒不安定など様々な症状が発生する可能性があります。特に缶コーヒーには含まれているカフェインの量が多いので、くれぐれもコーヒーと風邪薬を一緒に服用しないようにし、「水」「ぬるま湯」で飲むようにしましょう。

鉄分を含む食材

ポリフェノールの一種、「タンニン」がコーヒーには含まれており、鉄分を多く含む食材と一緒に摂取することで鉄の吸収を強く阻害してしまいます。そのため、鉄とタンニンが結びつき「タンニン鉄」となると水に溶けにくくなり、腸で吸収されにくくなってしまいます。鉄を含む食材とは、例えば「プルーン」「レバー」「ひじき」「ほうれん草」などです。

不足しがちな鉄分、せっかく食事で摂取しても、コーヒーも一緒に飲んでしまったらパアになってしまうので要注意。

チョコレート

チョコレートが相性が悪い?嘘でしょう。とお思いになることでしょう。一緒に食べるシーンがあまりにも多いチョコレート、なぜだめなのでしょうか。チョコレートとコーヒーは味わい的にはとても相性が良く、コーヒーのペアリングとしても挙げられることが多いです。しかし、健康面からみつ相性は実はあまり良くないのです。コーヒーにはカフェインが含まれており、一日あたり300~400mgが適量とされています。だいたいカップ3杯分です、チョコレートにもカフェインが含まれており、コーヒーを3杯以上飲んで更にチョコレートも・・となるとカフェインの過剰摂取になる可能性があります。過剰摂取をすると、睡眠障害・嘔吐・頭痛などの発症の原因となるので注意が必要となります。

レモン

レモンに残留している防かび剤とカフェインの相性があまり良くありません。なぜかというと、レモンの防かび剤とカフェインが反応すると発がん性物質を生んでしまうからです。しかしイタリアではコーヒーにレモンを入れて飲む飲み方が昔からあったりもするので、そこまで心配はいらないのかもしれません。ちなみに、防かび剤が含まれていない「国産」のレモンであれば全く問題ないとのことなので、レモンを使用する時はその辺の確認が必要ですね。

タバコ

これは有名な話ですね。タバコとコーヒーはタバコのヤニの臭いと、コーヒーにカフェインなどの臭いが合わさりひどい口臭の原因となってしまいます。

コーヒーには相性の悪いものがあることがわかりました。どれも健康に被害をもたらしたりしてしまうので、一緒に食べるのはやめるべきでしょう。食べ合わせの悪いものを連続的にしてしまうと、積み重なって被害が大きくなる可能性も否めません。コーヒーには相性の良いものがたくさんあるので是非相性の良いものを選んで、美味しく健康的に飲むことが一番です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 神保町の喫茶店
  3. 清澄白河コーヒーカフェケーキ
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーバリスタ
  6. 東京下町のカフェバッハ
  7. コーヒーメーカー
  8. ヨーロッパのコーヒー文化
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP