コーヒーの効果

コーヒーが便秘に効果的な4つの理由とダイエット効果

コーヒーのカフェインやピラジンに便秘予防効果

カフェインには、腸の働きを刺激する働きがあります。胃腸の蠕動運動を助けてくれる為、コーヒーを飲むと消化がよくなり便秘改善につながるのです。

そして、コーヒーの香りには「ピラジン」と呼ばれる成分が含まれています。この成分には身体をリラックスさせる効果があり、自律神経を安定させる働きを持ちます。

ストレスも便秘の原因になるのですが、ストレスで自律神経が乱れると、胃腸の運動が鈍くなり便秘を引き起こしたり、あるいは全く逆で過敏になりすぎて下痢を引き起こすこともあります。カフェインやピラジンという成分により、自律神経を安定させ、腸の蠕動運動を正常にする効果が期待されています。

コーヒーがオリゴ糖が便秘改善のサポート

コーヒーによっては「コーヒーオリゴ糖入り」というコーヒーが売られています。オリゴ糖といえば整腸作用で有名ですが、このコーヒーオリゴ糖に整腸作用があるのです。

コーヒーオリゴ糖は難消化性なので、大腸までほとんど消化されずにしっかり行き届き、大腸内に生息するビフィズス菌などの餌になることができます。そして優秀なことにコーヒーオリゴ糖は「腸内細菌の選択利用性」という性質を持っています。

大腸内に住んでいるビフィズス菌などの善玉菌にのみ働きかけ、大腸菌などの悪玉菌には食べられないように選択するのです。
そのため、善玉菌のみが特異的に増殖し、腸内環境が改善され蠕動運動が活発になり、便秘改善のサポートをしてくれるという仕組みです。砂糖の代わりに、コーヒーオリゴ糖を使うように工夫すると効果的です。

コーヒーに乳製品を入れたり朝飲むことで便秘改善効果

コーヒーに牛乳などの乳製品を入れる、カフェラッテやカプチーノ。この乳製品には腸内の動きを活発にしてくれる作用があり便秘の改善に力を貸してくれます。

また、朝は「排泄の時間」と呼ばれ、体内に蓄積された老廃物や毒素を外に出す時間帯でもあります。この時間帯に排便をするのは健康に良いとされ、排便を促進させる効果のあるコーヒーを飲むという事は、身体の仕組み上理にかなっています。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインは空腹の状態で飲むには刺激が強すぎ、胃もたれを起こしてしまう危険性もありますので、ミルクを混ぜることで胃を優しくし、さらには排便も促され便秘の改善に繋がるのです。

できれば、便秘改善の為に飲むのであれば、温めて飲むほうが効果が出ます。特に50度の温度にして飲むと腸内の便が柔らかくなって排便を促してくれます。温めて飲んだ方が身体の代謝もよくなり腸も活発になります。

コーヒーの飲みすぎは便秘の原因

便秘改善に良いとされるコーヒーも、飲みすぎは禁物です。コーヒーに含まれるタンニンは腸内細菌の働きを抑制し便秘を引き起こしてしまいます。

また、コーヒーには利尿作用があるので、コーヒーを飲んで喉が潤っているように感じても実際は体内が水不足の状態になってしまうこともあります。水不足は便秘の原因になります。

1日2~3杯程度だとそんなに気にしなくても大丈夫そうですが、4杯以上飲むという方は便秘が解消されていない方もいるようです。コーヒー飲んでるのに便秘が治らないという方は、飲む量が多すぎという可能性があります。

コーヒーダイエットが話題になっています。ダイエット中の女性だけでなく、スポーツジムでも「トレーニング前にコーヒーを飲むことで運動効率が上がる、脂肪が燃焼する」などという指導をするところもあるそうです。コーヒーダイエットの効果や効果的な方法について調べてみました。

珈琲のダイエット効果はクロロゲン酸

クロロゲン酸とはポリフェノールの一種。ダイエットに関しては、肝臓で脂肪を燃焼させる、褐色脂肪細胞に働きかけ脂肪燃焼を促進させるなどといわれています。また、ポリフェノールの抗酸化作用により、ガンや動脈硬化などの病気を予防する健康効果も期待できるそうです。また、カフェインには、カテコラミンという攻撃ホルモンを増やす作用があり、脂肪に働きかけて燃焼させる効果があります。

コーヒーを飲むタイミングは食前と食後のどちらがいいか

これはどちらの説もあるので、どちらのほうがより効果があるかは明らかにされていません。ただ、食前に飲めばある程度の満腹感が得られるため食べすぎ予防につながるし、食後に飲めば血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。「ランチ後にコーヒーを飲むと糖尿病の発症が最も少ない」というアメリカの研究がありますが、これが日本人に当てはまるわけでもなさそうです。コーヒーには健康にいい化学物質がさまざま含まれており、まだ解明されていない成分もたくさんあります。コーヒーはクスリではなく嗜好品なので、無理なく楽しく飲みましょう。

カフェンレスコーヒーでも効果あり

カフェインにはある程度脂肪を燃やす作用がありますが、体質に合わない人も少なくありません。カフェインの代謝が悪い人や、カフェインの影響が強く出る人は、カフェインレスコーヒー(デカフェとも呼ばれる)を取り入れてください。カフェインレスのコーヒーにも、ダイエットに有効なクロロゲン酸は含まれています。カフェインは胃酸の分泌を促進する作用があるため、胃酸過多の人はコーヒーを控えたほうがいいかもしれません(かかりつけ医に相談してください)。

ブラックコーヒーが苦手な場合の飲み方

ダイエット目的の場合は、砂糖やミルクは使わない方がいいでしょう。コーヒーだけならほぼゼロカロリーですが、砂糖やミルクを入れることでカロリーがぐんとはねあがってしまいます。ダイエット用の低カロリー甘味料を使う方法もありますが、副作用なども気になるのであまりおすすめできません。バニラやココナッツなどの甘い香りをつけたフレーバーコーヒーなら、コーヒーの苦味があまり気にならず、ブラックが苦手な人でもおいしくいただけるでしょう。

コーヒー豆の焙煎度合いはどのぐらいがおすすめ?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、焙煎が進むのにつれて減っていきます。ということは、深煎りよりも浅煎りのほうが、クロロゲン酸が多めに残ります。とはいえ、コーヒーは暮らしに取り入れる嗜好品なので自分がおいしいと思うものを楽しく飲む方が挫折せずに続けられるでしょう。

コーヒーは1日何杯飲むと効果的なのか

カフェインへの耐性やそもそもの体質があるため一概にはいえませんが、1日3杯程度が目安となるでしょう。健康に問題ない人が、常識的な量のコーヒーを飲むぶんには問題ありませんが、飲み過ぎは逆効果になることもあるのでやめましょう。適量であれば、コーヒーで胃が荒れるなどということはありません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. カフェ開業メニュー
  2. コーヒーの効果
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. パリのカフェ文化
  7. コーヒーカップの人気ブランド
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP