コーヒーの人気特集

コーヒーバリスタへのなり方【仕事内容・資格・カフェ開業方法】

バリスタという仕事とは、どんなものかご存じでしょうか?

バリスタとは、コーヒーのソムリエだという人もいますが、もともとイタリア語で 「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味です。

そのバールにかかせないものがエスプレッソです。その味を守り続けるのがバリスタの仕事です。豊富な経験と確かな技術が要されます。そしてお客様を温かく迎えいれ、気持良く店から送りだします。コーヒー抽出の職人であるとともに、おもてなしのプロでもあるバリスタは、まさにバールの看板でもあるのです。

バリスタの意味

バリスタ(barista)とはイタリア語で「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味です。ちなみに、バーテンダー(bartender)とは英語で「バー(bar)でサービスをする人(tender)」という似たような意味になります。
国によって店舗の実態が違うため、語源が同じなのに、「バリスタ=エスプレッソをいれる人」、「バーテンダー=カクテルを作る人」という意味で用いられています。
イタリアのバールは、日中はエスプレッソ系ドリンクをメインに出し、夜はアルコール系ドリンクをメインに出すのがベタです。それと比べて、アメリカや日本のバーは、夜のみの営業でアルコール系ドリンク(特にカクテル)を出します。ということで、語源は同じですが、「バリスタ」と「バーテンダー」は実態の違いを反映して違う意味で用いられているのです。

バリスタへのなり方

誰もが知っているとは思いますが、バリスタには、調理師や栄養士のように国が認める資格というものがありません。

一応、専門学校などでバリスタの授業があり、そこで認定証のようなものが授与されることもあるようですが、それはその課程を修了したことをその学校がただ認めるだけのものになります。
なので、その認定証がないからといって、バリスタになれないというわけではありません。そのため、誰もが知っているようなエスプレッソ系のコーヒーチェーン店や、大手コーヒーメーカーなどでは、社内独自の資格試験を行っており、そこで認められれば、その会社からバリスタと認定してもらえます。

専門学校などで、技術や知識を勉強することで、バリスタを名乗ることもできますが、基本的にはその現場に立ち、そこで見習いのような感じで修行を行いながら認められるようになるのが、一般的なパターンになっています。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP