コーヒー豆の種類

高いクオリティを持つ、スペシャリティコーヒーとは

種類が数多くあるコーヒーの中でも、注目度を上げている「スペシャリティコーヒー」。一度は聞いたことありませんか?スペシャリティとついているので、なんとなく「特別」なコーヒーなのかな?と思いますが、具体的にどういったものなのか知らない人が多いと思います。そこで、今回は「スペシャリティコーヒー」とは何か、スペシャリティコーヒー」の定義などをご紹介します。

スペシャリティコーヒーとは

スペシャリティコーヒーは、1970年代に「特別な気候や地理的条件が生み出す、ユニークな風味を持つコーヒー」に対して、アメリカのクヌッセン女史により業界誌や国際会議で使用された呼称でした。1982年に、より明確な共通基準を設けるべく「アメリカスペシャリティコーヒー協会(SCAA)」が設立され、これを機にスペシャリティコーヒーという概念が世界的に広がりました。更に日本でも、2003年に「日本スペシャリティコーヒー協会(SCAJ)」が誕生し、年1回の展示会や、バリスタ競技会などを通してスペシャリティコーヒーに対する啓蒙を行ってきました。その結果、急速に浸透するようになり、コーヒーの大量消費国へと発展していきました。現代では、「明確な生産地でしっかりと管理された高いクオリティを有し、個性的な風味を持つ美味しいコーヒー」のことを指します。

日本スペシャリティコーヒー協会(SCAJ)の定義

SCAJでは、「印象的な風味特性や明るい酸味特性があり、消費者が美味しいと満足すること」などが定義とされています。これらは、最終的には「カップクオリティ」という方法で評価されます。

カップクオリティの判定・評価の概要

「スペシャリティコーヒー」と認められるにはこのカップクオリティをクリアしなければいけません。全部で7つあるので一つ一つみていきましょう。

①カップクオリティのきれいさ

風味に汚れや欠点がなく、透明性があること。

②甘さ

収穫時点での熟度の高さと均一性に直接関係する甘さの感覚。

③酸味の特徴評価

酸味の明るさやさわやかさや、繊細さはどれほどか、酸度の強さではなく、質を評価する。

④口に含んだ質感

コーヒーにより伝わる触覚。量感ではなく質感を重視する。

⑤風味特性・風味

一般的なコーヒーと区別されるための最も重要な項目である。味覚と臭覚で感じる、栽培地域の特性を評価する。

⑥後味の印象

「口に残るコーヒー感」が、甘さで消えていくのかそれとも嫌な感覚がにじみ出てくるのか、判定。

⑦バランス

風味に突出するものやかけているものがなく、上手く調和がとれているかを評価。

以上がカップクオリティの7つの判定・評価の概要です。この7つを完璧にクリアしなくては「スペシャリティコーヒー」と言えないのですからなかなか厳しいですよね。しかし腕のある判定人に認められたコーヒーの味わいは格別のはずです。

スペシャリティコーヒーが飲めるカフェ

「スペシャリティコーヒー」、是非飲んでみたいですよね?日本の各所にも飲めるカフェはあります。恵比寿にある「猿田彦珈琲」や、虎ノ門にある「TORANOMON KOFFEE」、自由ヶ丘にある「ONIBUS COFFEE」、高円寺にある「coffee amp.」などなど。たまには気分を変えて、贅沢に選び抜かれた「スペシャリティコーヒー」を堪能してみてはいかがですか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 海外のコーヒー
  2. バターコーヒー
  3. コーヒー染め
  4. コーヒーの効果
  5. コーヒーでストレス解消
  6. コーヒーかす
  7. コーヒードリップ道具
  8. コーヒーダイエット
  9. 東京の人気老舗喫茶店
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP