コーヒー豆の種類

美味しいコーヒーを飲むために、最適なコーヒー豆の保存方法

    コーヒー豆の性質

    家でコーヒーを飲む時、器具や飲み方にはこだわっていても、「保存」には気をつかっていない・・・という方多いのではないでしょうか?空き缶に入れたり、買った時の袋のまま冷蔵庫に入れたり様々だと思います。実はコーヒー豆は生鮮品といわれる程にデリケートであり、保存の仕方によって美味しさにも大きな違いが出てくるのです。

    コーヒー豆には「光」「湿度」「温度」で大きく変化するという性質があります。つまり、コーヒー豆に適している保存場所は、直射日光を避けた冷暗所で湿度、温度ともに低い場所といえます。この他にも、コーヒーには吸臭性があり周りにある臭い吸い取ってしまう性質があります。なので、冷蔵庫などに入れていても臭いの強い物のそばに置いておくと、その臭い取ってしまい、コーヒーの香りや味に影響する恐れがあります。

    コーヒー豆の敵

    上記のように、コーヒー豆の性質として「光」「湿度」「温度」で大きく変化するというのがありますが、もうひとつよく言われるのがコーヒー豆の「敵」です。

    コーヒー豆には4つの敵がいて、この敵がいない環境がコーヒー豆にとって最適な場所といえます。これから4つの敵を紹介します。

    1、「湿気」

    湿気の多い梅雨の時期や夏場などは焙煎したコーヒーが湿気をすぐに吸収してしまいます。特に粉に挽いた場合は、表面積が大きくなる分、吸収も早くなります。

    2、「空気(酸素)」

    これが酸化の最大の原因です。これを防ぐ為に、ほとんどの市販のコーヒー豆の袋には中から外に酸素を出す機能を持つバルブがついています。更に袋詰めする際も酸素を中に入れないように真空パックにしているものもあります。そして、豆より粉の状態のほうが酸化しやすくなります。

    3、「温度」

    高温はコーヒー豆の劣化を進めます。冬場は室温でも大丈夫ですが、夏場や暖かい部屋の中では冷暗所(冷蔵庫など)に保存するほうがいいでしょう。温度によっての変化は著しく、外気温度が10℃違えば劣化速度は倍になるという研究結果も出ているほどです。

    4、「光」

    直射日光などに当てるのは絶対避けるようにしましょう。そのため、南向きの日当たりの良い部屋で保存するのはコーヒー豆にとってはよくない環境と言えるでしょう。また蛍光灯にも紫外線が含まれます。蛍光灯のサンサンと輝く場所に焙煎豆や粉の状態でおくのも問題です。

    以上がコーヒー豆の4つの敵です。

    最適な保存方法

    今までのことを踏まえ、結局どこでどのように保存するのが最適なのかまとめてみましょう。

    「どこで」

    なるべく常温保存は避け、冷蔵庫や冷凍庫などの冷暗所がおすすめです。冷蔵庫・冷凍庫の中でも、なるべく臭いの強いものの近くは避けるようにしましょう。

    「どのように」

    酸素が入らないように、できるだけ密封できる容器に入れましょう。そして先ほど市販のコーヒー豆に使われていると述べたように、真空パックのものより中の空気は外に出すが、外の空気は中に入らないバルブのついた物や、アロマブレスパックのようなものがより適しているといえます。

    このようにコーヒー豆にはその性質に合わせた保存方法をすることでより美味しくコーヒーを飲めることができるでしょう。しかしそうはいっても、大量買いは避け、新鮮なコーヒー豆を自分が美味しく飲みきれる量(だいたい2週間で飲みきれる量)を少しずつその都度買うことを一番おすすめします。

     

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP