コーヒー豆の種類

濃厚な香りと味わいが魅力!エスプレッソについて

カフェに行くと、カフェラテやカプチーノ、カフェモカ、マキアートなどのドリンクを楽しむことができます。このようなドリンクには「エスプレッソ」が使用されています。エスプレッソはよく耳にしますし、どんなものかも知っているかと思いますが、今回はより詳しくご紹介いたします。

エスプレッソとは

「エスプレッソ」とは、高圧で成分を凝縮し抽出したものです。通常のコーヒーをギュっと凝縮したとても濃いコーヒーといった感じです。「エスプレッソ」とは、イタリア語で「急行列車」という意味で、18秒という速さで速く抽出することからこの名がついたと言われています。また、このほかに別名「あなただけのために」というなんともイタリア人らしいロマンチックな意味も含まれているそうです。

エスプレッソの飲み方

カフェで飲むドリンクといえば「エスプレッソ」を指すほどに、イタリアではとても一般的な飲み方です。食後には砂糖をたっぷりと加えたエスプレッソを飲むのが定番。イタリアでは、ミルクと混ぜて飲むのではなく、基本的にエスプレッソそのものを飲みます。そして、スターバックスコーヒーなどのアメリカシアトル系のコーヒーショップの登場以来、日本でもエスプレッソは広く浸透しました。やはり日本ではカフェラテやカプチーノなどミルクと混ぜて飲むことが多いようですね。私もカフェ初体験の時に、何が何だか全く分からず、とりあえずエスプレッソという言葉は知っていたので注文し、あまりの少なさと苦さで失敗したという思い出があります。日本人はエスプレッソのみで飲むことあ少ないといえるでしょう。

エスプレッソマシンの種類

エスプレッソはカフェで飲むものと思っていませんか?最近では自宅用のエスプレッソマシンとして多くの種類が販売されています。エスプレッソ抽出の基本は9気圧ですが、実際には機能や性能は様々でパワーに差があったり抽出とミルクのスチームが同時にできたり、そうでないものがあったり・・・。値段や大きさもピンからキリまであり、やはり、高性能であればあるほど高価になり、大きいものになるので、購入を考えている方は、自分のライフスタイルや予算、またはきちんと置き場所なども考えてから決めることをおすすめします。

エスプレッソに使用するコーヒー豆

エスプレッソに使用する豆は、極細挽きといって1番細かく挽いた「極微細」が一般的です。これは、エスプレッソが約18秒ほどという短い時間で抽出するため豆が細かくないと溶けづらく時間がかかってしまうためです。家庭で挽くコーヒーミルは細挽きまででここまで細かくできないことがほとんどなので、コーヒー豆を購入する際にお店に頼み挽いてもらうことをおすすめします。エスプレッソは基本的に「深入り」が適しているといわれていますがエスプレッソの苦みだけでなく、コーヒー豆の個性を楽しみたいという時は「中煎り」を使用するとよいでしょう。

エスプレッソについてご紹介しました。エスプレッソを使用したドリンクを作る際には、エスプレッソの質が味の決め手となるとも言われています。エスプレッソはとても繊細で、素早く作業しないと味の質が落ちてしまうのでエスプレッソが美味しい店はどのドリンクを飲んでも美味しいといえるでしょう。自宅でも楽しむことができるので、興味のある方はぜひ試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーバリスタ
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒー効果
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. ロンドンのコーヒーハウス
  10. コーヒードリップ器具
PAGE TOP