コーヒー豆の種類

東京近辺で女子に人気の喫茶店とコーヒー豆の種類の豆知識

コーヒー豆の三大品種

例えば梨にも「幸水」「豊水」「新高」と品種があるように、コーヒーにも品種があります。コーヒーの品種には「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」とあり、この3つがコーヒーの三大品種となります。
ただ、3大品種と言えどリベリカ種は生産量が極めて少ないため、日本にはほとんど輸入されていません。日本で手に入るコーヒー豆の6割がアラビカ種で、残りがロブスタ種です。

アラビカ種の特徴

原産国はエチオピアで、標高1000m~2000mの高地での栽培に適した品種です。酸味が強く花のような甘い香りがするのが特徴です。
ただ、高地の栽培に加え、霜、乾燥、病害虫などに弱く非常に栽培が難しい品種となっています。

ロブスタ種の特徴

アフリカのコンゴで発見された品種で、標高300m~800mの低高度でも育成することができ、病気にも強く高温多湿な気温への適応性もあり、育成が容易な品種とされています。
苦味が強く渋みがあり、酸味は少なめで麦茶のような香ばしい匂いが特徴です。インスタントコーヒーや、日本だとアイスコーヒー用として用いられることが多いです。

200種類を超えるコーヒー豆の種類

北緯25度から赤道をはさみ南緯24度の間のコーヒーベルトと呼ばれる地域で栽培されるコーヒーは、今や全世界60数カ国で生産されています。
それぞれの土地の気候や風土、栽培法によって味、形、香りも微妙に違い、品種改良された結果増えたコーヒーの種類は200種類を越えると言われています。その中から人気の品種をご紹介。

【ジャマイカ/ブルーマウンテン】
浅煎りから中煎りで上品な香りをかもしだす、カリブ海ジャマイカの限られた地域でのみ栽培される最高級品種。

【キューバ/クリスタルマウンテン】
キューバにある海抜1000m以上の山岳地帯のクリスタルマウンテンと呼ばれる水晶の産地で作られたコーヒー豆。バランスがとれた甘みと酸味に上品で香ばしい香りが特徴です。

【ブラジル/サントス】
最もポピュラーな銘柄。酸味と苦味のバランスがよくクセもないのでブレンドのベースとしてよく使われる。

【コロンビア/エメラルドマウンテン】
コロンビアコーヒーの中でも厳選された3%未満の豆のみが認定される希少価値の高いコーヒー豆です。チョコレートや柑橘系などの多種類の甘く芳醇な香りが混ざり合い、独特の深いコクがあるのが特徴。

【キリマンジャロ】
タンザニア産。タンザニアの北東部にあるアフリカ大陸の最高峰キリマンジャロのふもとの町で栽培される最高品質のコーヒーブランドで、強い酸味と甘い香り、豊かなコクが特徴です。

【グァテマラ/アンティグア】
アラビカ種の名品で、豊かなコクと酸味・苦味を持っており、世界的にも香りとコクのコーヒーとして人気の高いコーヒー豆です。

【ハワイ/コナ】
ブルーマウンテン・キリマンジャロとならび、世界三大コーヒーとして有名です。苦味が少なく、すっきりとしたさわやかな味わいに、柔らかな酸味と甘い香りが特徴です。

【インドネシア/マンデリン】
スマトラ島で生産される高級銘柄で、インドネシアはコーヒー豆のほとんどがロブスタ種である中このスマトラ産のマンデリンはアラビカ種です。特有のスパイシーさのある苦味と、フルーツのような風味が特徴。

【エチオピア/モカ】
日本国内で人気が高く、最も古いコーヒーブランド。強い酸味とモカ特有の果実のような芳醇な香りが特徴。

【ケニア】
柑橘系のキレのある酸味と力強い風味、エキゾチックな味わいでヨーロッパでは第一級品として位置づけられています。

【ジャワ】
マイルドで酸味もなく、さわやかな苦味と高い香りが特徴です。

コーヒー豆人気ランキング5位:山の名前を冠する豆「キリマンジャロ」

ランキング第5位は、アフリカ大陸で最高峰の山と同じ名前である「キロマンジャロ」です。

実際にキロマンジャロの麓で生産されており、なんとイギリス王室でも愛飲されているというこのコーヒー豆は、強い酸味とコクが特徴的で、日本でも長く親しまれてきました。深い焙煎で雑味がない上品な味わいが楽しめます。

コーヒー豆人気ランキング4位:歴史深い「モカ」

コーヒー豆は様々な種類が販売されていますが、その中でも最も古い歴史を持つとされているのが「モカ」です。

イエメンやエチオピアで生産されており、イタリアではコーヒーのことをモカと呼びます。コーヒーといえばモカと言ってもいいくらいの知名度なんですよ。味は独特の酸味や香りが特徴的で、甘みとコクを兼ね備えたバランスの良さが特徴的です。

コーヒー豆人気ランキング3位:調和のとれた味わい「ブルーマウンテン」

缶コーヒーとしてもお馴染み、「ブルーマウンテン」がランキング第3位です。

こちらのコーヒー豆はとにかく薫り高く、軽い口当たりながら甘みやコク、酸味などの調和が取れています。他のコーヒー豆に比べ価格は高めですが、それでもその味わいから常にコーヒー好きからは高い評価を得ています。

ジャマイカで生産されるコーヒーの内1部のみがブルーマウンテンと認められ、さらにその中でランク分けされているそうです。ブルーマウンテンはコーヒーが苦手な方でも飲みやすい豆ですので、お客様へコーヒーをお出しするならブルーマウンテンがおすすめです。

味わいのバランスが良く、ケーキなどの洋菓子はもちろんのこと、お饅頭やお餅などの和菓子との相性も良いです。

コーヒー豆人気ランキング2位:インドネシアの代表「ジャワ」

ランキング第2位は、インドネシアのジャワ島で生産される「ジャワ」です。

比較的焙煎度が深く、酸味は少なめ・苦みやコクが強めなので、エスプレッソやアイスコーヒーに向いています。とても飲みやすいので、お茶のようにゴクゴク飲むことができます。

仕事の合間や寝起き、運転中などに飲むと頭がスッキリと冴え渡ります。非常に香りが高くまろやかで丸みがある味わいで、苦みは感じますが味が濃すぎるというわけではありませんから、酸味が苦手な方や苦みが強いスッキリしたコーヒーが好きな方におすすめです。

コーヒー豆人気ランキング1位:マイルドコーヒー「コロンビア」

栄えあるランキング第1位は「コロンビア」です。

美味しいコーヒーを作るために必要な環境は、温度差と降雨量、日照量が必須条件です。実は、コロンビアの環境は、昼と夜の温度差が大きく、降雨量と日照量のバランスが良いのです。そして火山灰を多く含んでいる土壌となっており、美味しいコーヒーが作れる条件を満たしています。

ですので、コロンビアはコーヒーの生産国としても有名なのです。コロンビアは酸味と甘みのバランスが非常に優れたコーヒー豆として知られており、値段も安価なことからコーヒーショップなどでもよく使われています。

コクが豊かで独特の香りで評価が高く、マイルドコーヒーの代表とも言われているコーヒー豆です。

『カフェー・パウリスタ』といえば、泣く子も黙る老舗コーヒー店。「銀ブラ」という言葉の語源になった店でもあります。歴史あるこの店の歴史をひもときましょう。

銀ブラ=銀座でブラジルコーヒー

銀ブラとは「銀座をブラブラ歩く」は誤用で、「銀座でブラジルコーヒーを飲む」が正解です。その語源となった『パウリスタ』という店は、その後身が銀座で営業中です。この店に来店した有名人は多く、藤田嗣治、村山槐多、吉田博画伯などが常連でした。 他にも、 芥川龍之介、森茉莉、井上ひさし、菊池寛、谷崎潤一郎、与謝野晶子、高村光太郎、森 鴎外、アインシュタイン、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻など(パウリスタ公式サイト:www.paulista.co.jp/ より)と、錚々たる面々となっています。

日本のカフェの祖・水野龍

パウリスタの創立者は、水野龍(みずのりょう)。当時、世界の50%以上のコーヒーシェアをもっていたブラジルは、奴隷解放によって農園の働き手を失い、労働力を世界各国へ求めましたがうまくいきません。折しも日本では、人口増加による食糧不足や日露戦争から帰還した人たちの失業問題が深刻化していました。その解決策として、水野氏は日本人の移民を計画しました。大勢の日本人を率いてブラジルへ向かった水野氏らは、礼儀正しさと社交性から好意的に受け入られましたが、多くの困難があったそうです。また、水野氏もこの移民事業によって大きな赤字を抱えます。

ブラジル政府は、水野氏に“コーヒー園開拓の恩人”として、年間1000俵のコーヒー豆の無償供与と東洋の一手宣伝販売権を与え、日本におけるブラジル珈琲の普及事業を委託しました。

水野氏は、その新しい事業により儲けが出れば自分の利益とすることができたのですが、それを無償かほとんどそれに近い安価な価格で売り出しました。

イメージはパリのカフェ

水野氏は、フランスはパリの『カフェー・プロコプ』をイメージした白亜三階建の洋館を東京銀座につくりました。明治43年のことで、これがいまも銀座に残る『カフェーパウリスタ』です。

ブラジルのサンパウロ州政庁からコーヒー豆を無料でもらい受けることができるので、パウリスタでは現地ブラジル流の抽出方法d、惜しげもなくたっぷりと厚手のカップに注ぐスタイルを確立しました。砂糖がまだ貴重だった時代に、テーブルの上にはシュガーポットを出しっぱなしというぜいたくさ……。さらに、コーヒーはドーナツつきで五銭という安価だったため、店はたいそう繁盛したそうです。また、朝日新聞社や電通本社、帝国ホテル、外国商館などに近い立地のため、進歩的な文化人や新聞記者のたまり場となりました。当時は、朝9時から夜11時の営業時間内で、多い日にはおよそ4,000杯のコーヒーが飲まれた程の盛況だったという話。

こうした成功をおさめた人物でありながら、水野氏は私心を一切もたず、ひたすらブラジルコーヒーの宣伝に務めました。来店する人だけでなく、地方の人にコーヒーの味を伝えるために、コーヒー・シロップを開発したりと、さまざまな工夫をしたそうです。

24時間営業、珈琲貴族エジンバラってどんなお店?

JR新宿駅からは少し遠く、地下鉄新宿三丁目駅からはほど近くにある「珈琲貴族エジンバラ」。このお店では主にサイフォン式で淹れた多種多様なコーヒーを飲むことができます。

ドリンク代はおおよそ800円前後と、一見高いようにも見えますが、ここは24時間営業のお店。時間を気にせずにゆっくりと過ごすことができます。終電を逃したとき、明け方まで過ごしたり、飲み歩いたあとにゆっくりと歓談したりと、様々な目的に使う事が出来ます。都心にこのようなお店がある事は稀なのではないでしょうか。
24時間営業であることの他にも、色々な魅力がございます。

サイフォンで淹れたおいしい珈琲を飲める

値段なりに、しっかりした飲み物を出しております。仕入れルートを確立して仕入れた豆を使ってサイフォンで淹れております。
飲みやすいオリジナルブレンド、ブラジルやコロンビアのスタンダードコーヒーの他、ブルーマウンテンやハワイコナなどの高級豆も取り扱っております。
また、サイフォンだけではなく、ウィンナーコーヒーやアイリッシュコーヒー、水出しコーヒーなどの取り扱いもあります。

モーニングセットも魅力的

モーニングも少々値が張るものの、お腹が空いているときには嬉しいメニューを出しております。
月曜から土曜までの6:00-11:30に注文することができます。

ロールパンセット・トーストパンセット、ぞうすいセットの三つから選ぶことができ、価格はどれも780円です。
出社前の腹ごしらえにも便利です。
時間帯に関係なく頼める食事メニューにはサンドイッチやベーグルなどがあります。

店内には本がいっぱい。もちろん席で読むことも可能

店内の空きスペースには本棚が設置され、そこには古本が置かれています。
少しなつかしいミステリーものが一番多く、他には映画や落語関係の本まで置いてあります。
また、気に入った本があれば、会計の時に購入することができます。
古本の他には、雑誌や新聞も置いてあります。こちらは店内でのみ読むことが可能です。

コピー機有!打ち合わせ前のご利用はいかが?

コピー機があり、店内で使うことが可能です。打ち合わせの前に一服しつつ、資料の準備に役立てることもできます。
USBのPDFデータなどを印刷することも可能なので、急に渡されたデータの印刷にも対応可能です。

wifi、電源使用可能

無料wifiを使うことが可能です。パスワードを入力せず使うことができるのでお手軽です。
電源コンセントも使用可能であるため、ノマドワーカーが店内で仕事しているのもちらほら見かけます。

都心には珍しく、喫煙可能

喫煙者にとっては、都心のコーヒー店は肩身が狭い場所でもありますが、エジンバラでは喫煙が可能となっております。
店内が広く煙がはけやすいので、パイプや葉巻など、煙の多いものを吸うこともできます。

ただし、分煙はしっかりとされておらず、禁煙している人には居心地が悪いかもしれません。

都心にはなかなか無いタイプのお店、珈琲貴族エジンバラ。
ご利用目的と一致していれば、とても居心地の良いお店です。興味のある方は一度行かれてはいかがでしょうか。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. スターバックス
  6. 神保町カフェ人気
  7. 北欧のコーヒー文化
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP