コーヒー豆の種類

本当に体に良いの?オーガニックコーヒーとは

最近「オーガニック」という言葉を頻繁に耳にしますが、そもそもオーガニックとは一体何なのか、正直よく知らないという方、多いのではないでしょうか?なんとなく体に良いイメージですが、具体的にはよくわからない・・・。コーヒーにもオーガニックコーヒーというものがあります。今回はその「オーガニックコーヒー」についてみていきましょう。

オーガニックコーヒーとは

オーガニックコーヒーとはひとことで言うと、「化学肥料や農薬を使わずに栽培されたコーヒー」のことを指します。コーヒーに限らず植物を育てる際には、害虫がつかないように農薬を散布したり、化学肥料を使って成長を促進させたりします。しかし、このオーガニックコーヒーではそれらの農薬、殺虫剤、化学肥料を一切使わずに、自然な方法でコーヒーの栽培が行われているのです。太陽の光、水、その土地の土壌など自然の恵みを活かした安全な栽培方法と言えます。

オーガニックでないものは身体に良くない?

オーガニックコーヒーが農薬や化学肥料を使っていないと聞くと、じゃあオーガニックコーヒーでない、農薬を使っているコーヒーは全て体に良くないのかと言うとそうでもありません。コーヒーを栽培する段階で農薬を使えば、最終的に出来上がるコーヒー豆にもある程度の農薬が残ってしまいます。これを残留農薬と言いますが、かつてはコーヒー豆の生産国の中にこの残留農薬が多すぎて輸入が禁止される問題などもありました。しかし、今ではコーヒー豆を輸入する段階で規定以上の残留農薬があるコーヒー豆は輸入を禁止されており、人体に悪い影響のない範囲内のコーヒー豆飲み輸入されています。なので、少なくとも日本で飲まれているコーヒーは安全であるといえます。ちなみに、この残留農薬の規定値は、国が人体に与える安全性の観点から十分に吟味された上で設定されています。ですので、オーガニックコーヒーでない=農薬が使われている=体に悪いコーヒーとは言えません。かといって規定値以内だったら100%安全と断言できるものでもないかと思うので、それでも気になるという人はオーガニックコーヒーを飲むのが良いということです。

オーガニックコーヒーは100%安心なのか

本来ならばオーガニックコーヒーは手間がとてもかかると同時に高い技術力も必要です。実際に日本でオーガニック栽培をしている野菜などは手間とコストをかけている話をよく聞きます。しかし、コーヒーの場合には当然手間と技術をかけているところもあるのですが、国によってはただ放置をしているだけのコーヒー農園も存在しているのが事実です。認定の基準が農薬等の使用をしているかどうかなので、ただ「放置した低品質のコーヒー豆でも認定を受けることができる」のです。また、オーガニックでコーヒー豆を栽培しているものの、オーガニック認証の審査を受ける費用がなくて認証が受けられない人たちが多くいます。更に他にもオーガニックコーヒーには年に1回だけの検査で、正確に無農薬の審査ができるのかが不明瞭な点など、いくつかの問題点が指摘されています。このようにオーガニックコーヒーも普通のコーヒー豆も一長一短であり、自分の好みにあったコーヒー豆を選ぶ必要があります。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP