コーヒー豆の種類

最高級豆ピーベリーとは

ピーベリーというコーヒー豆の種類を聞いたことのある人はそんなに多くないのではないでしょうか。カフェなどに行ってもピーベリーを売っているお店は日本中探してもほとんどないと思います。ピーベリーはコーヒー豆を収穫した際に、ごくごく稀に発見される異常な形をしたコーヒー豆であり、一部のコーヒー愛好家から好んで飲まれています。今回はそんなピーベリーについてご紹介します。

ピーベリーとは

普通のコーヒー豆はフラットビーン(平豆)とも言われており種子が2つあります。コーヒーチェリーの中に半円球のコーヒー豆が2つ入っており、丸い部分と平らな部分があり、平らな部分で向かい合うようにコーヒー豆が入っています。一方でピーベリー(丸豆)は種子が1つしかないコーヒー豆です。コーヒーチェリーの中にコーヒー豆が1つしか入っておらず、コーヒー豆同士でぶつかりあうことなく成長するので、形も丸くなります。このコーヒーチェリーに通常2つあるはずのコーヒー豆が1つしか入っていないため稀少になり値段も高くなります。

極めて稀少なピーベリー

ピーベリーが含まれる割合は、収穫量の3~5%程度であり極めて稀少なコーヒー豆です。コーヒーチェリーの状態ではそれがピーベリーなのかどうかプロでも見極めることが難しいのですが、コーヒー豆は生産の過程で“選別”という工程があります。コーヒー農家がコーヒー豆を出荷する前に、コーヒー豆が割れていないか、虫食いに会っていないかなどを目視で確認して、欠点豆を取り除きます。その過程でピーベリーは発見されることがあり、普通のコーヒー豆であるフラットビーンに比べて明らかに形が異形であるのですぐに取り除かれます。ピーベリーは普通のコーヒー豆よりも高めの値段で取引されることが多いので、コーヒー農家によっては選別の過程でピーベリーのみを集めて出荷するケースもあります。

普通のコーヒーと味わいに違いはあるのか

ピーベリーは形が丸いので、焙煎で火が平等に通りやすいと言われています。丸くてコロコロと転がって満遍なく焙煎できるというわけです。また、本来ならば2つあるべき種子が1つしかないので、栄養分がその1つに集中して凝縮され味が変化するとも言われています。具体的には、焙煎の過程で火が通りやすいことと、栄養分が凝縮されていることで、ピーベリーで作られたコーヒーはより味が柔らかくなり、通常よりも甘みが出ると言われています。果たしてこれが本当なのか証明されているわけではないのですが、実際にはピーベリーも普通のコーヒー豆も味はほとんど変わらないです。たとえ1粒のみのコーヒー豆で会っても、もともとの成分は全く同じであり、味に変化が出るほどではありません。

しかし、心理的な影響はある程度あると思うので、かなりレアなピーベリーを飲んでいると考えることで、気分的に優雅になり、それが美味しいコーヒーを飲んでいると錯覚させることもあるかもしれませんね。

いかがでしたか?今回はピーベリーについて見てきましたが、理屈は抜きにして、珍しいピーベリーのみで作られたコーヒーを一回は飲みたいと思う人も多いと思います。通常のコーヒーと、ピーベリーのみで淹れたコーヒーにはどんな違があるのか気になります。ひとことにコーヒーと言ってもいろんな種類のコーヒーがあるので、コーヒーの旅は終わることはないでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP