コーヒー豆の種類

日本でも購入できるハワイでも人気のコーヒーブランド3選

    ハワイでも人気のコーヒーブランド「ライオンコーヒー」

    フレーバーコーヒーで有名なライオンコーヒーは、1864年にオハイオ州で創業しました。1979年にホノルルに本社を移転し、空港に近いカリヒ地区には工場があり、直営のカフェが併設されています。

    日本では「ハワイアンコーヒーの代表」といわれているライオンコーヒーは、カルディコーヒーファームで取り扱かわれ、用意されるフレーバーは各店舗によって異なり、ハワイ本国にはない日本限定のフレーバーもあるようです。また、カルディコーヒーファームの他にも輸入食品を取り扱う店舗でライオンコーヒーをおいている店もあるようです。

    ライオンコーヒーと言えばフレーバーコーヒーですが、その代表的な種類は、「バニラマカダミア」「トーステッドココナッツ」「チョコレートマカダミア」「ライオンへ―ゼルナッツ」「ライオンマカダミア•ライオンキャラメル」「アイリッシュクリーム」「バニラナッツ」など数多く、中でも一番の人気は「バニラマカダミア」です。

    ライオンコーヒーの特徴は、なんと言ってコーヒーをいれると豊かに広がる甘い香りです。深く豊かな香りを持つものの、焙煎の工程で甘味料などを加えず、コーヒーに香りだけを付けているので、カロリーが少ないのも健康に気を使う人にとっては嬉しい特徴です。

    ハワイでも人気のコーヒーブランド「ホノルルコーヒー」

    ホノルルコーヒーは1991年にホノルルのダウンタウンで、「コナコーヒー」をエスプレッソで提供する規模の小さなカフェとしてスタートしました。2012年には日本国内においてもカフェをオープンさせ、2017年2月時点で全国に24店舗あるカフェでは、様々なコーヒーをはじめとするドリンク類を提供するほか、コーヒー豆もフレーバーコーヒーからストレートコーヒーまで用意しています。

    ホノルルコーヒーでは、コナコーヒーを使ったブレンドコーヒー豆を中心に、店舗やオンラインで販売しています。その種類として、コナコーヒーを10%ブレンドし、ハワイ島の焙煎工場で香りをつけた「マカダミアナッツフレーバー」、同じくコナコーヒーを10%ブレンドし、深煎りでコクが深い「ホノルルブレンド」、コナコーヒーを30%ブレンドし、中煎りでクセが少ない「コナブレンド」、厳選したコナコーヒーの豆を100%使用した「コナ100%コーヒー」、さらに、それぞれのコーヒーのドリップパックひとつずつが1セットになり、お試しに向いているものも用意されています。

    ハワイでも人気のコーヒーブランド「アイランドヴィンテージコーヒー」

    ハワイに7店舗あるアイランドヴィンテージコーヒーは1996年の創業で、2013年に日本国内にカフェをオープンさせました。アサイーボウルの有名店ですが、アイランドヴィンテージコーヒーの名前の通り、コーヒー(豆)も取り扱っています。

    100%ハワイ島コナの豆を使用した「100%コナコーヒー」も「エクストラファンシー」ラベルや「ピーベリー」ラベルの他、エクストラファンシーとピーベリーをミックスした「ヴィンテージリザーブ」ラベルも用意されています。

    アイランドヴィンテージコーヒーで一番のおすすめは、なんと言っても非常に希少な、ハワイ島のカウ地区でとれた豆を使用した「カウコーヒー」です。カウコーヒーは酸味が少なくほのかな甘みが感じられ、深煎りでありながら苦みも少ないコーヒーです。また、日本では取り扱いがないようですが、ハワイの店舗ではコナコーヒーのフリーズドライ商品、いわゆるインスタントコーヒーも購入することが出来ます。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP