コーヒー豆の種類

夏にぴったりケニア産コーヒー

ケニアと言えば、アフリカの熱い地域で、ゾウなどの動物が伸び伸び生活しているイメージがあります。そのケニアで採れたコーヒー豆は、夏にぴったりなさっぱりとした酸味が特徴です。今回はこの「ケニア」のコーヒー豆についてご紹介します。

ケニア産コーヒーが美味しい理由

ケニアは、スペシャリティコーヒーの世界に欠かせない存在といえるくらい、毎年非常に秀逸な豆がオークションに登場し欧米各国をにぎわせています。特にヨーロッパで重宝されていて、一級品として高値で取引がされています。日本でも近年注目されてきたことから、手軽に手に入りやすくなりました。コーヒー生産地が多い東アフリカのなかでも、ケニアで高品質な豆が収穫できる理由としては、早くから品種改良を重ね、管理体制を整えてきたからという理由があります。種の段階から生産処理、カッピングテストといった細かいところまで、システム的に管理されているのですまた、世界初のコーヒー研究機関「コーヒー研究財団」があり、さらに「ケニアコーヒーカレッジ」も設置されていたりなど、まさに品質を高めるために様々な取り組みがなされているのです。

栽培方法

現在のケニアのコーヒー豆の栽培面積は推定で16万ヘクタールと広大です。そのうちの65%くらいが大規模農園でプランテーション化されており、残りの35%くらいは個人などで運営されている小規模の農園になっています。ケニアには1年間に2回の雨季があり、それに合わせて収穫も年に2回行われています。6月の収穫11月の収穫の2回ですが、特に11月に収穫されたコーヒー豆の方が高い評価を受けています。コーヒー豆を栽培するためには降水量、日照量、気温、土壌の4つが必要不可欠と言われていますが、ケニアはその全てを満たしているのです。

ケニアのコーヒー豆の味わい

「フルーティーで爽やかな風味」が最大の特徴です。酸味が強くて全体的に風味が強いですが、バランスが取れていて「甘さとコク」「キレのある風味」を感じることができます。柑橘系のキレのある感じの酸味ですが、それゆえ「エキゾチック」などと表現されることが良くあります。その明るい酸味は他の産地のコーヒー豆にはない独特さを出しており、良い意味でとんがっているコーヒー豆だと思います。しかしその中でも酸味と苦味のバランスが取れており、絶妙な味わいを出しています。個性的な味なので、一部の人には愛されるものの嫌いな人は本当に嫌いと好き嫌いが分かれる傾向にあるようです。

フードペアリング

ケニア産のコーヒーは酸味が強くフルーティーなので、フルーツ系のお菓子と特によく合います。特に柑橘系の酸味があるので具体的にはベリー、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系のお菓子が良いフードペアリングになります。ケニア産のコーヒーは酸味がある中で、コクもしっかりしているので、しっかりとした濃厚さを持つお菓子との相性も良くガッツリ系のお菓子にも合います。

いかがでしたか?「ケニア」のコーヒー豆はとてもフルーティーなので、アイスコーヒーにすることでよりジューシーになり、ごくごくと飲めてしまいます。この夏はケニアのコーヒーを飲んで乗り切りましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. スペシャルティコーヒー
  2. コーヒーの仕事
  3. コーヒーメーカー
  4. 海外の珈琲の飲み方
  5. コーヒーダイエット
  6. コーヒーカップの人気ブランド
  7. バターコーヒー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーハウス
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP