コーヒー豆の種類

初心者の人にも通の人にも!人気のコーヒー豆4選

コーヒー豆にはたくさんの種類があります。生産地、焙煎具合、処理の仕方などによっても味わいが違ってくるので選ぶのも迷ってしまいますね。今回は、どのコーヒーが人気なのかを発表したいと思います。

キリマンジャロ

キリマンジャロは、アフリカ・タンザニア地域のコーヒー豆です。聞いたことがある人も少なくないと思います。このキリマンジャロのコーヒーの特徴は、アフリカの大地を思わせるような少し土っぽいような野性味のある味わいで、酸味やには苦みも割としっかりとしています。ですが、このキリマンジャロのすごい点は、その中にもほのかに甘いコクと香り、すっきりと鼻に抜けるような後味も持っており、酸味や苦みが強いわりには飲みやすいコーヒーとなっています。このキリマンジャロは、「浅煎り」にすると苦味が抑えられ、「深煎り」にするとしっかりとした苦味を残すことができるので、焙煎の仕方で酸味・苦みを調節することができるのも利点です。

エメラルドマウンテン

こちらは、缶コーヒーのCMなんかで耳にすることがある人も多いのでは?中南米・コロンビア地域の豆で、特徴としては、酸味と甘みのバランスが良いことが挙げられます。コロンビアといえば安くて良質なコーヒー豆がよく取れる地域ですが、このエメラルドマウンテンは、アンデス山脈の急斜面が最適の環境で収穫が難しかったり、機械の導入が難しく手間のかかる豆という理由から「高級豆」に位置づけられます。コロンビアの豆の割には深いコクもあるため、ミルクなどと相性がよくエスプレッソにしても美味しいので、様々なアレンジにも対応できます。

ブルーマウンテン

ブルーマウンテンと言えば、コーヒーをあまり飲まないという人でも「高級なコーヒー」というイメージがあるのでは?中央アメリカ・ジャマイカ地域の豆で、ブルーマウンテンの山脈で作られたもののみ、「ブルーマウンテン」と名乗っていいと認定されます。こちらの特徴としては、他の豆よりも、酸味・コク・苦み・甘味のバランスが高くとれているというのがあげられます。深煎りよりも中煎りがおすすめで、高品質の豆を堪能するにはストレートブラックで飲ことをおすすめします。

コナ

コナはハワイのコーヒー豆で、ハワイ島の「コナ地区」でとれたもののみを指します。こちらは生産量がとても少なく、稀少なので高級品として有名です。特徴としては、強い酸味とコクがあるが、甘い香りがふわっと後から香るところです。このコナコーヒーは日本人にも人気で、近年ではハワイアンカフェで看板メニューとなっていたり、ハワイのお土産として買っていく観光客も多いほどです。

いかがでしたか?今回紹介したコーヒー豆は、どれも人気の豆なので、一度は聞いたことがあったり飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?コーヒーは、コーヒー豆の栽培方法、味わいの特徴を知ってから飲むと、より美味しく楽しみながら飲むことができます。何を飲んでいいかわからない人は、今日ご紹介したものから初めてみてもいいと思います。どんな味わいでどんな特徴があるのか知ってから飲んで、それを踏まえて自分はどう感じたかの感想を一緒に飲んでいる人と話し合い、いろいろな発見をすることができるのも、コーヒータイムの醍醐味であり、重要な時間です。人気の豆にはやはりそれだけの理由があります。ぜひ自分自身でその理由を確かめてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. インスタントコーヒー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. オールドクロップの珈琲
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒードリップ器具
  8. コーヒーミル
  9. イタリアのカフェ
PAGE TOP