コーヒー豆の種類

世界最大のコーヒー大国ブラジル

コーヒー豆の生産地といえば、「ブラジル」とイメージする人も多いのではないでしょうか?それもそのはず、ブラジルはコーヒー豆の生産量・輸出量ともに世界第一位を誇る世界最大のコーヒー大国なのですから。今回はそんな「ブラジル」のコーヒー豆についてみていきましょう。

ブラジルコーヒー事情

ブラジルは、栽培品種が多種多様で産地や農園ごとにあらゆる種類の豆が生産されています。国内のコーヒー消費量は、アメリカに次いで第2位となっていてコーヒー文化が国民にしみついています。ブラジルにコーヒーが伝わったのは焼く300年前です。エチオピア原産コーヒーがブラジル北部にもたらされ、その約30年後、リオデジャネイロに移植されてから生産量が急激に増え、100年後の1850年後に世界最大のコーヒー豆生産国となりました。

ブラジル豆の7割はアラビカ種

ブラジルで生産されるコーヒー豆の約70%がアラビカ種で、残りがロブスタ種になります。アラビカ種とは栽培が限られており、1本の木から収穫されるコーヒー豆の量は少なめで品質の良い豆を言います。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培しています。等級は300gのコーヒー豆の中で欠点豆の少なさなどからNo.2~8に格付けされおり、No.2が最高ランクです。産地の標高が比較的低めなので、全体的に酸味が少ないのが特徴。

ブラジル豆の特徴

ブラジル産のコーヒーは「ブラジル」と呼ばれていますが、その中でも、国内の多くのコーヒー豆が集まるサントス港から輸出されたものを「サントス(ブラジルサントス)」と呼びます。酸味・苦味・コクはやわらかく、バランスが良い(クセがない)のと、生産量が多く安価に手に入ることから、ブレンドによく用いられます。そのままストレートでも、クセがなく酸味も控えめなので飲みやすいといえます。近年、ブラジルではコーヒー豆の品質向上・スペシャルティコーヒー志向が高まっています。日本のコーヒー豆の輸入先第1位はブラジルなので、今後のブラジルコーヒーに期待したいですね。

ブラジルスペシャリティコーヒー協会

国内には「ブラジルスペシャリティコーヒー協会(BSCA)」が設置されており、品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」では毎年、生産意識の高い農園で作られた高品質の豆を評価します。さらに、近年では、ブラジル国内でカフェブームが起きており、バリスタを目指す若者が増えているそうです。バリスタ養成スクールなども次々とできていて、以前にも増して「一杯のコーヒー」にかける情熱が高まっているようです。

いかがでしたか?世界最大のコーヒー大国と言わる「ブラジル」。さきほど述べたように国内でも、カフェブームが起きるなどコーヒー文化が盛り上がってきていて、今後更にコーヒーに熱が入りそうですね。日本でも、ブラジル産のコーヒーは飲みやすいため人気です。そして品質も良いので今度ブラジル産のコーヒー豆をみつけた際にはぜひ手に取ってみてください。コーヒーの歴史も深いので、その歴史やコーヒー農園の風景を考えながら飲むと、少し感慨深い気持ちになりますよ。日本とコーヒーの関係が深いブラジルですので、今後の動きにも期待しましょう。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP