コーヒー豆の種類

世界で1番美味しいコーヒーは猫が作っていた

世界で一番美味しいとされるコーヒー豆が何かご存じですか?これを知った時は心底驚いたのと同時に「自然の力ってすごいな」という感想を持ちました。そう、一番高くて美味しいコーヒー豆はなんと「ジャコウネコという猫のうんちで出来たコーヒー豆」なのです。今回はその気になるコーヒー豆についてご紹介します。

ジャコウネコとは

生物学上はジャコウネコ科といものが存在しており、ネコという名前がついてはいるのですが、見かけはネコよりもイタチとかタヌキっぽいです。実際に一部の人はジャコウネココーヒーのことをイタチコーヒーなどと表現しています。アジアやアフリカの熱帯林に生息しており、大きさは約60cm〜1mほどっと小柄な動物で、約60種類ものジャコウネコがいると言われています。このジャコウネコはとにかく食通のグルメと言われており、甘くておいしいものが大好き。特に美味しいコーヒーの実を選り好んで食べます。ジャコウネコが食べたそのコーヒーの実が排出し、そのコーヒー豆をよく洗浄し、乾燥させてできるのがジャコウネココーヒーというわけです。そのためにコーヒーの実の中でも選び抜かれたコーヒーの実だけが最終的には残るというわけです。

ジャコウネココーヒーができるまで

猫の、言ってしまえば「うんち」からできたコーヒーと言いますが、どのように作っているのか、気になりますよね。ざっと流れをみてましょう。

①ジャコウネコがコーヒーの実を食べる

実際食べているのは実ではなく中の粒。まず赤い実を食べ、口の中で外皮のみを取り除き、中の粒の甘いところを舐めています。

②ジャコウネコがコーヒーの実を消化する

飲み込んだ後のコーヒーの粒は、しばらくするとジャコウネコの腸に行きます。そして腸内の消化酵素によって、コーヒーに含まれるアミノ酸が分解され、独特の香味となります。 体内で約12時間も自然発酵されることになり、その消化の過程でコーヒー豆が絶妙な深みを持つことになります。

③ジャコウネコのうんちを集めて洗う

2時間以内に集めることができないと、コーヒーの豆がすぐに劣化してしまうので素早く拾います。ちなみにですが、ジャコウネコはコーヒー以外はあまり食べないので、あまりうんちは臭くないらしいです。

④乾燥させる

次にジャコウネコがしたうんちから取ったコーヒー豆を乾燥させます。数日の間、野外で太陽の光に当てて干して、とく乾燥させます。水分の含有率が11%になるまで乾燥させることができれば完了です。

⑤焙煎する

そして最後の製造工程として、ジャコウネコのコーヒー豆を焙煎します。この焙煎の過程で、コーヒーの苦味が消えて、ジャコウネコのコーヒー豆特有の甘くフルーティーな香りが漂うとのことです。焙煎が終われば完成です。

値段はとても高価

世界で1番美味しいと言われているほどですから、値段ももちろん高額です。カフェや喫茶店にジャコウネコのコーヒーを1杯飲みに行った場合には、5,000円から8,000円くらいするといわれています。なぜこれだけ高いかというと、ジャコウネコのコーヒー豆が取れる量がとれも少ないからです。一般的に、1匹のジャコウネコから1日に取れるコーヒー豆の量はたったの3gだけです。なので、1杯のコーヒーを作るのに、3匹のジャコウネコが必要になるわけです。その希少性こそが高さの原因になっています。

いかがでしたか?ジャコウネコが世界で1番美味しいコーヒーと作り出していると聞くと、コーヒー農家の人達の立場が・・・などと余計なことを考えてしまいますが、人生で1度は飲んでみたいと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. インスタントコーヒー
  3. コーヒーメーカー人気
  4. 電源のあるカフェ・喫茶店
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. アメリカのコーヒー文化
  8. コーヒーメーカー
  9. 東京の人気老舗喫茶店
  10. コーヒー染め
PAGE TOP