コーヒー豆の種類

世界で唯一!樽入りコーヒーとは?

樽といえば、何をイメージしますか?樽といえば「ワイン」を保管するものやお酒が入れてあるイメージですが、コーヒー界にも樽に入れられているコーヒーがあるのです。しかし、樽に入れられて管理されているコーヒー豆は、世界で一種類しかありません。今回は、その樽入りのコーヒー豆についてご紹介します。

世界で唯一?樽入りコーヒーとは

樽に入った状態で納入される世界で唯一のコーヒー豆は、ジャマイカの「ブルーマウンテン№1」という豆です。通常、コーヒー豆は麻袋などに詰められて輸出されることが多いのですが、ブルーマウンテンだけは樽に入れて輸出されます。なぜでしょう、不思議ですよね。

ブルーマウンテンについて

ブルーマウンテンとは、ジャマイカのブルーマウンテン山脈の限られた地域で栽培されるコーヒー豆。収穫量は極めて少なく、指定エリア以外で生産されたコーヒー豆はブルーマウンテンの名をつけることができません。日本人にはウケがよく、非常に飲みやすくバランスの良い銘柄なのでコーヒー好きでない人でも一度は聞いたことがあるのではと思います。こちらはとても高価な豆としても有名ですね。

ブルーマウンテンの格付け

ブルーマウンテンは、一番品質の高いものを「№1」と各付けし、続いて「№2」「№3」「ピーベリー」と分類されます。この4種類だけがブルマンの「木製樽」に詰められます。また、他にも「プライムウォッシュド」「ハイマウンテン」などと呼ばれる銘柄もあり、ブルーマウンテンの銘柄を掲げることができるのは、本当にごくごく一部です。

なぜ樽なのか

ジャマイカは18世紀中頃、イギリスの植民地でした。イギリスから船積みされた食品が入れてあった空の樽に、ジャマイカで生産されたコーヒー豆やラム酒などを入れ、再利用していたことが樽で流通するようになったきっかけではないかといわれています。樽に入れるとメリットもあります。例としては「木製の樽は通気性が良い」ということです。たまたま昔、樽に入れられて取引されていたわけですが、木製の樽は湿気の吸収と放出をくり返し「通気性」が良く、湿気や温度変化に弱いコーヒー生豆にとって、ぴったりな入れ物なのです。偶然、樽で取引されていたものの、結果メリットになったのでラッキーな偶然ですね。

入手困難な幻のコーヒー

もともと収穫量が少なく入手困難であったブルーマウンテンですが、2012年のハリケーン被害、その翌年の病虫害に苦しめられ、ここ数年、本当に幻のコーヒーとなっていました。現在でも、喫茶店などのメニューには横線で消されている場合も多く、日本で飲める環境は非常に少ないです。

いかがでしたか?世界で唯一の樽入りコーヒーは、世界でも特別なコーヒー豆「ブルーマウンテン」でした。コーヒー豆も希少で特別ながら、その入れてあるものまで特別だとは、ブルーマウンテンは一目置かれる存在みたいですね。また、災害や、病虫害により、壱時供給が完全にストップしてしまったブルーマウンテンですが、近年少しずつ収穫され始めています。しかも、昨年からわずかですが、日本国内でも目にするようになってきているので、今後の安定供給に期待したいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP