コーヒー豆の種類

ルワンダ産コーヒー

アフリカ産のコーヒーは日本でも人気があり、味わいも日本人好みなので、多くの人に飲まれています。よく見かけるのはケニア、エチオピア、タンザニアなどですが、それらの国以外にも美味しいコーヒーが採れるコーヒー生産国はたくさんあります。ルワンダはそんな国の中の1つです。ルワンダは大虐殺など苦しい時代を乗り越えて今のコーヒー生産国まで復活しました。今回はそんなルワンダ産コーヒー豆ついてみていきましょう。

コーヒーとルワンダの歴史

ルワンダはアフリカの真ん中あたりに位置している国であり、コンゴ、ウガンダ、タンザニアなどのコーヒー生産国と隣接しています。面積は約3万㎢であり、日本の四国よりも少し大きいくらいの広さです。人口は約1,000万人であり、日本の1/10くらいの人が住んでいます。かつてはアフリカのスイスと言われるほど豊かな自然に恵まれており観光が盛んでした。1994年に国民が大量虐殺されるジェノサイドが起き、この悲惨な状況から脱却するためにルワンダ国内で復興運動が起こり、2000年代には急激な経済成長を遂げて「ルワンダの奇跡」と呼ばれました。その復興の中で、コーヒーの生産が貢献した部分が大きく、現在では輸出総額の25%がコーヒー豆の輸出になっています。

ルワンダのコーヒーの栽培

コーヒー豆の栽培は主に標高1,500m~2,000mの高地で行なわれており、もともとは熱帯気候で気温が高い国ではあるのですが、高地による気温低下によってコーヒー豆を栽培するのに最適な気温となっています。また高い標高によって昼夜の温度差が激しくなり、身の引き締まった美味しいコーヒー豆の栽培が可能となります。降水量に関しても、雨季が3月~5月と10月~12月に分かれており、豊富な降水量に恵まれています。土壌に関しても、ミネラル分を多く含む火山灰性の土壌になっており、まさに美味しいコーヒーを栽培するのに最適な気候条件が整っているといえるでしょう。

ルワンダ産コーヒーの味わい

ルワンダ産コーヒーの味の特徴は、柔らかくて飲みやすいフルーティな酸味が挙げられます。口当たりがなめらかで、ほどよいコクがあります。いかにもアフリカ産のコーヒーという印象であり、ケニアなどのコーヒーが好きな人はルワンダ産のコーヒーも好きなのではないかと個人的には思います。また、フルーティな酸味があるので、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツとの相性も抜群なので、アイスコーヒーにして果汁や果肉を混ぜて飲むアレンジもおすすめです。ルワンダ産のコーヒー豆の等級は5つのグレードに分かれており、カッピングテストと欠点豆の数によって等級が付けられています。

いかがでしたか?ルワンダ産のコーヒーをみていきましたが、国内の事情によって衰退したものの奇跡的な復活を果たしたルワンダ産のコーヒー。農薬や有機肥料を使わない自然栽培が基本的にルワンダでは行われており、今後はさらなる生産技術の向上により、コーヒー生産国としての地位を上げていくことが期待されています。日本人には飲みやすく人気のため、カフェなどでみかけることがあるかと思います。もしもみつけた時には一度飲んでみて下さい。大変な時代を乗り越えたからこそ、ルワンダのコーヒー農場の人達の愛情がたっぷりつまったコーヒーです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP