コーヒー豆の種類

ルワンダ産コーヒーのおすすめの種類とジャコウネココーヒー

アフリカ産のコーヒーは日本でも人気があり、味わいも日本人好みなので、多くの人に飲まれています。よく見かけるのはケニア、エチオピア、タンザニアなどですが、それらの国以外にも美味しいコーヒーが採れるコーヒー生産国はたくさんあります。ルワンダはそんな国の中の1つです。ルワンダは大虐殺など苦しい時代を乗り越えて今のコーヒー生産国まで復活しました。今回はそんなルワンダ産コーヒー豆ついてみていきましょう。

コーヒーとルワンダの歴史

ルワンダはアフリカの真ん中あたりに位置している国であり、コンゴ、ウガンダ、タンザニアなどのコーヒー生産国と隣接しています。面積は約3万㎢であり、日本の四国よりも少し大きいくらいの広さです。人口は約1,000万人であり、日本の1/10くらいの人が住んでいます。かつてはアフリカのスイスと言われるほど豊かな自然に恵まれており観光が盛んでした。1994年に国民が大量虐殺されるジェノサイドが起き、この悲惨な状況から脱却するためにルワンダ国内で復興運動が起こり、2000年代には急激な経済成長を遂げて「ルワンダの奇跡」と呼ばれました。その復興の中で、コーヒーの生産が貢献した部分が大きく、現在では輸出総額の25%がコーヒー豆の輸出になっています。

ルワンダのコーヒーの栽培

コーヒー豆の栽培は主に標高1,500m~2,000mの高地で行なわれており、もともとは熱帯気候で気温が高い国ではあるのですが、高地による気温低下によってコーヒー豆を栽培するのに最適な気温となっています。また高い標高によって昼夜の温度差が激しくなり、身の引き締まった美味しいコーヒー豆の栽培が可能となります。降水量に関しても、雨季が3月~5月と10月~12月に分かれており、豊富な降水量に恵まれています。土壌に関しても、ミネラル分を多く含む火山灰性の土壌になっており、まさに美味しいコーヒーを栽培するのに最適な気候条件が整っているといえるでしょう。

ルワンダ産コーヒーの味わい

ルワンダ産コーヒーの味の特徴は、柔らかくて飲みやすいフルーティな酸味が挙げられます。口当たりがなめらかで、ほどよいコクがあります。いかにもアフリカ産のコーヒーという印象であり、ケニアなどのコーヒーが好きな人はルワンダ産のコーヒーも好きなのではないかと個人的には思います。また、フルーティな酸味があるので、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツとの相性も抜群なので、アイスコーヒーにして果汁や果肉を混ぜて飲むアレンジもおすすめです。ルワンダ産のコーヒー豆の等級は5つのグレードに分かれており、カッピングテストと欠点豆の数によって等級が付けられています。

いかがでしたか?ルワンダ産のコーヒーをみていきましたが、国内の事情によって衰退したものの奇跡的な復活を果たしたルワンダ産のコーヒー。農薬や有機肥料を使わない自然栽培が基本的にルワンダでは行われており、今後はさらなる生産技術の向上により、コーヒー生産国としての地位を上げていくことが期待されています。日本人には飲みやすく人気のため、カフェなどでみかけることがあるかと思います。もしもみつけた時には一度飲んでみて下さい。大変な時代を乗り越えたからこそ、ルワンダのコーヒー農場の人達の愛情がたっぷりつまったコーヒーです。

ジャコウネココーヒー

コーヒーマニアなら一度は飲んでみたい、と考えるのがインドネシアでつくられるという「ジャコウネコ・コーヒー」です。ジャコウネコの糞から採取したコーヒーで、独特の香味があるとされています。

野生のジャコウネコは、よく熟したコーヒーの実を好んで食べます。食べた果肉は消化されますが、その中にある種子、つまりコーヒー豆は消化されず、そのまま排泄されます。消化の過程でジャコウネコの胃腸の中の消化酵素や腸内細菌が働き、コーヒー豆が微妙に変化するとされています。もっとも、これは仮説で、科学的な分析はされておらず、詳しいメカニズムはわかっていません。

ジャコウネコ・コーヒーはインドンドネシア語で「コピ・ルアク」。「コピ」はインドンドネシアでコーヒー、「ルアク」がジャコウネコの こと。もともとはインドネシアのコーヒー農園で、農作業をするインドネシア人が飲んでいたものでした。コーヒーを食べたジャコウネコの糞は、消化されなかっ た糞だけの固まりとして排泄されるので、豆を糞の中から探しだすというものではありません。これを飲んでみようと発想するのも自然かもしれません。

これを採取して洗い、乾燥させ、焙煎したものが「ジャコウネコ・コーヒー」です。商品化されて世界に流通しはじめた正確な時期や過程はわかっていませんが、1995年には動物の糞からとった世界でもっとも高価なコーヒーとして、イグノーベル賞栄養学賞を授与されています。

世界的に需要が出てきて、近年はインドネシアの農園がジャコウネコを飼育して生産するようになりました。

「コピ・ルアク」または「ルアク・コピ」は、英語では「Civet(シービット=ジャコウネコ) coffee」、日本では「ジャコウネコ・コーヒー」と呼ばれるのガ一般的です。希少価値があるので非常に高価です。日本の店頭では100グラム5000円以上で売られていますから、一般的なブレンド豆の10倍、ストレートの豆と比較してもでもブルーマウンテンの4.5倍もすることになります。コーヒー1杯に10グラムを使うとして、1杯分が500円以上という計算です。

「コピ・ルアク」も品質には出来不出来があって価格の差があります。また焙煎も抽出も難しいとされています。とりあえず「コピ・ルアク」を体験するには、これをメニューとして出しているコーヒーショップで飲んでみるのが近道でしょう。検索すれば「コピ・ルアク」を提供している店を探すことができます。多くはこの豆ををブレンドして提供していますが、ストレートだと1杯3000円程度を覚悟しなければなりません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーの豆知識
  3. ペットボトル入りコーヒー豆
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒー栽培
  7. スターバックスお得カード
  8. 電源のあるカフェ・喫茶店
  9. ロンドンのコーヒーハウス
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP