コーヒー豆の種類

パプアニューギニア産コーヒーの特徴

アジア産のコーヒーは、個性的でとても美味しいです。特にそのアジア産の中でも美味しいコーヒーといったらインドネシアが最も有名です。あまり名前は知れ渡っていませんが、パプアニューギニア産のコーヒー豆も美味しいコーヒー豆として一部の人から人気を誇っています。パプアニューギニア産のコーヒーは飲んだことがないという方も多いかと思います。今回はそんなパプアニューギニア産のコーヒー豆の特徴について書いていこうと思います。

パプアニューギニアのコーヒーの歴史

パプアニューギニアはかなり以前からヨーロッパ人が訪れていましたが、コーヒーが伝わったのは意外にも最近のことです。一般的にコーヒーの生産国は、大航海時代の後にヨーロッパの宣教師などによってコーヒーが伝えられてプランテーションなどで栽培される国が多かったのですが、パプアニューギニアではその時期にはコーヒーは伝わってこず、1930年代になってやっとヨーロッパ人の宣教師によって伝えられました。その時初めて伝えられ移植されたのがジャマイカの「ブルーマウンテン」の苗木でした。ブルーマウンテンは日本でもかなり有名で人気が高いですが、これがパプアニューギニアにコーヒーが持ち込まれたきっかけだったのです。

パプアニューギニアコーヒーの特徴

高い標高・寒暖差

パプアニューギニアでは国の大部分が高地になっていて、島の中央に標高4,000mほどある山脈が連なっています。この中でもコーヒー豆は、標高1,800m〜2,000m付近という高地で生産されているため、昼夜の寒暖差がとても激しく、パプアニューギニアの高地では「一日で一年の気候を繰り返す」とも言われているほどです。そのため、栽培するのはとても苦労しますが、その分身の引き締まった美味しいコーヒー豆を栽培することができるのです。

コーヒー栽培に適した気候

熱帯性のモンスーンの影響で、パプアニューギニアでは年間降水量が2,000mm前後もあります。このように降水量は多いのですが、雨季と乾季がはっきりとし、だらだらとしないメリハリがあるおかげでコーヒー豆の栽培に適しています。

火山灰性の土壌とシェイドツリー

パプアニューギニアは、ミネラルが豊富で肥沃な火山灰性の土壌で栽培されています。火山地帯に位置しているので、自然とコーヒー豆に最適な土壌になっています。またコーヒー豆の木に当たる日照量をコントロールするためにシェイドツリーという日よけのための背の高い木が栽培されています。そのシェイドツリーの葉が腐葉土となり自然の栄養素となるので農薬をほとんど使うことなくコーヒーが栽培できるようになります。火山灰性の土壌とシェイドツリーがパプアニューギニアの一部のエリアで有機農法によるコーヒーの栽培を可能にしています。

パプアニューギニア産コーヒーの味わい

パプアニューギニア産コーヒーの味をひとことで言うと、「優しい酸味とフルーティーな味わい」です。酸味はありますがクセはなく、コクがしっかりとしており、更に優しくて爽やかな酸味と後味が特徴的です。そしてクリアな飲み心地なのでとても飲みやすいコーヒーとなっています。

いかがでしたか?今回はパプアニューギニア産コーヒーについてご紹介しました。パプアニューギニア産のコーヒー豆は飲みやすい味わいのため日本でも人気があります。また、日本だけでなく、ドイツなどのヨーロッパでもコストパフォーマンスが高く人気があるコーヒー豆です。パプアニューギニアのコーヒーはそこまでメジャーではなく、喫茶店やカフェなどではなかなか出会うことはないかもしれませんが、コーヒー専門店などに行けば置いてあるので、見つけたら是非一度飲んでみて下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーベルト
  2. 珈琲に合う食べ物
  3. コーヒーかす
  4. コーヒーメーカー
  5. 安いコーヒー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーのマナー
  8. スターバックスお得カード
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP