コーヒー豆の種類

パナマ産コーヒーについて

「ゲイシャ」というコーヒー豆をご存じですか?「お、日本語か?日本のコーヒー豆かな?」と思う人も中にはいるかもしれません。しかし、ゲイシャとは「パナマ」が原産国の高価なコーヒー豆です。世界的に注目されており、日本でもスターバックスがゲイシャのコーヒーを1杯2,000円で販売しました。今回はそんなゲイシャの生産国であるパナマのコーヒーについてご紹介したいと思います。

パナマという国

パナマは中央アメリカの南側に位置しています。中央アメリカはグアテマラ、ホンジュラス、コスタリカなどコーヒーの生産国として有名な国が多数ありますが、その中の1つです。パナマの面積は約7万5千㎢であり、日本でいうと北海道くらいの大きさです。人口は約300万人であり、日本の1/40と小さな国となっています。歴史的にはスペインから植民地支配を受けており、1821年に独立しました。パナマの主な輸出品は、船舶、金属くずなどの工業製品が多いですが、農産物ではコーヒーが主要な位置をしめており、コーヒーの生産がパナマの経済に与える影響はとても大きいです。

パナマのコーヒー栽培

パナマでコーヒーの栽培が始まったのは中央アメリカの中では実は最も遅く、1870年〜1890年頃から、パナマの西側にあるチリキ県のボケテ地区というところで栽培が始まりました。歴史的には浅いものの、パナマはコーヒーを栽培するのに最適な環境をそろえています。アラビカ種のコーヒーは基本的に標高の高いエリアで栽培されるのですが、パナマは国土の80%が山岳地帯であり、アラビカ種コーヒーの栽培は標高1,500m~1,700mのエリアで主に行われています。この標高の高さが、昼と夜の寒暖差を生み出して、身の引き締まった美味しいコーヒー豆の栽培を可能にします。一方で、品質の低いロブスタ種の生産も行われており、それらは標高1,000m以下のエリアにてパナマ国内で消費するために栽培されています。美味しいコーヒーを栽培するには数多くの気候条件があり、環境的な制約が多いのですが、パナマはそれらの条件をクリアしている数少ない国の1つであり、この恵まれた環境で美味しいコーヒー豆の栽培が行われています。

パナマ産コーヒーの味わい

世界的に評価の高いゲイシャ種コーヒーが有名なパナマですが、ゲイシャ以外にも美味しいコーヒー豆が数多く存在します。一般的にパナマ産コーヒー豆の味は、酸味と苦味のバランスがしっかりと取れていて、比較的にあっさりしています。香りも甘く、他の人気な中央アメリカ産のコーヒーに負けないほどの美味しさです。アイスコーヒーにしても美味しく飲むことができます。有名な「ゲイシャ」も紅茶のようなさっぱりとした味わいでレモンのような風味があるコーヒーです。

いかがでしたか?パナマ産のコーヒーについてご紹介しました。ゲイシャで世界的な大ブームを起こしているパナマ産のコーヒー豆ですが、カップオブエクセレンスという、最高峰のコーヒー豆を決める大会で連続優勝しているだけあり、その実力は世界レベルで誰もが認めています。コーヒー専門店などにはパナマ産のコーヒーは置いてあります。そんな世界レベルのコーヒーなので、見つけたら是非1度は飲んでみてくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. ハワイコナコーヒー
  4. コーヒーのマナー
  5. カフェ開業経営
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒー豆一人前
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー人気
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP