コーヒー豆の種類

ハワイのお土産の人気のコナコーヒーやライオンコーヒーについて

ハワイと言ったらコナコーヒー。コナコーヒーと言えば、ハワイの特産品であり世界トップクラスの高級なコーヒーです。ハワイでもコーヒーはよく飲まれており、お土産などで買っている観光客もよくみかけますね。今回はそんなハワイのコーヒーの中でどれが人気なのかみていきたいと思います。

ハワイのコーヒー

ハワイとひとことで言っても島はたくさんあります。カウアイ島やマウイ島でもコーヒーは栽培されていますが、ハワイのコーヒー豆と言えば、更に日本でも人気のある「コナ」は気象条件が栽培に適しているハワイ島で主に作られています。品質が高い順に「エクストラファンシー」「ファンシー」「№1」と呼ばれており、粒の大きさ、欠点豆の含有量などで格付けされています。最も品質の高い「エクストラファンシー」は現地でもなかなか手に入らないとても稀少な豆です。

コナコーヒー

コナコーヒーは、「ホノルルコーヒー」などのハワイ発のカフェが日本でも注目されているコーヒーです。なんとホワイトハウスも御用達のコーヒーなのです。近年巷でこのコナコーヒーという言葉をよく耳にしますが、高級豆が日本でもそれだけ手に入れやすくなったというわけですね。次に紹介するのは人気のコーヒーですが、日本の輸入店などでも販売されている場合があるので参考にしてみてください。

ライオンコーヒー

このパッケージ、何気なく見た事がある人意外と多いと思います。ハワイを代表する超有名ブランドコーヒーです。こちらのコーヒーは歴史が深く、日本でいう江戸時代であった1864年創業でアメリカ最古のコーヒーメーカーと言われています。そんな時代から現代まで、ハワイの人からとても愛されているということがわかりますね。定番のレギュラーコーヒーの他に、バニラ・ココナッツの風味を足したハワイ独自のトロピカルフレーバーがあり、こちらも人気があります。

ホノルルコーヒー

日本各地でも最近よく見かけるようになりました、世界から愛されるコーヒーブランドの「ホノルルコーヒー」。ホノルルの焙煎工場でローストされたコナ100%コーヒーは、さらっとしていて果実感ある酸味と豊かな香りが特徴。ホノルルカフェ定番のパンケーキとももちろん相性が良いです。

ハワイアンアイルズコナコーヒー

日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、ハワイ3大コーヒーメーカーであり、免税店や現地のスーパーに行けば必ず売っているコーヒーです。こちらの定番はコナクラシックというコナ10%のブレンドコーヒーなので、コナ100%は高くて手が出せないけどコナを飲んでみたい!という方にとてもおすすめです。最初はこちらを飲んでお試しするのはよいでしょう。

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

こちらはコナコーヒー専門店。最高級のコナですが、その中でも更に標高の高い産地でしか取れないコーヒーを厳選していて、2013年に日本にも上陸し話題となりました。普通のお店にはおいていないコナコーヒーの最高級品「ピーベリー」、等級の高い「エクストラファンシー」なども買うことができる専門店ならではの豊富な品揃いが特徴です。

以上日本でも現地でも人気なハワイアンコーヒーをご紹介しました。最高級品であるコナコーヒー、少し値段は高いですが、ハワイで昔から愛され世界でも注目されているだけあって買って飲む価値は十分あると思います。日本でも楽しめるようになったのはとても嬉しいですね!ハワイならではのフレーバーなども夏にぴったりなのでぜひ飲んでみてください。

ハワイコナをご存じですか? コナコーヒーとも呼ばれており、ブルーマウンテンと並び“世界三大コーヒー”のひとつに数えられる超高級コーヒーなんですよ。

名前は聞いたことはあるし、興味はあるけど実はあまりわからない! という人のためにハワイコナのことを調べてみました。

ハワイコナコーヒーとは

高級コーヒーの代名詞「ハワイコナ」。コナというのは、ハワイ島のコナ地方で採れることからついた名前です。日本では、100パーセントハワイコナのコーヒーはあまり出回っていませんでしたが、最近はスターバックスやタリーズなどでも扱うようになり、知名度とともに人気が上昇しつつあります。

コナの観光

コナは、ハワイ島の西側に位置するエリア。観光産業が発達しており、ショッピングセンターやレストランも充実している楽しいところです。

コナではあまり雨が降りませんが有名なコーヒー農園はやや山に近く、適度な降雨がありコーヒーの生育環境として理想的な条件となっています。また、土壌は水はけのよい火山灰で栄養も豊富で、日差しも適度でコーヒー栽培にはうってつけの環境といえるでしょう。

サウス・コナと呼ばれる地区には、海岸線に沿って伸びるハイウェイがあり、その沿道にたくさんのコーヒー農園が並んでいます。この道は“コーヒー街道”とも呼ばれます。無料で見学させてくれる農園もあるので、コーヒーファンは一度は見てみたいものですね。

ハワイコナコーヒー栽培の歴史

ハワイコナ栽培は、1828年に、宣教師によってがコーヒーの木が持ち込まれたことにはじまります。それからコーヒー栽培が盛んになり、いまでは高品質のコーヒー産地として世界的にその名が知られるようになりました。

ハワイコナコーヒーのグレード

コナで栽培されているコーヒーの品種は、アラビカ種のみ。2~5月には白い花が咲き、7月から翌年の2月ぐらいが収穫期です。コナのコーヒー農家は実を一つひとつ手作業で摘むため、品質が安定するという特長があります。

また、ハワイコナ豆にはハワイ州が定めた独自の「格付け」があります。焙煎前の生豆の状態で、大きさや重さなどによって評価がなされ、エクストラファンシー、ファンシー、No.1、セレクト、プライムの順に等級がつけられます。

最上級グレードの豆が「エクストラファンシー」。大きさ、形、均一性などすべての点で最高ランクの評価を得たものだけがこのグレードを名乗れます。コーヒーツウなら一度は飲んでみたい、まさに憧れの逸品です。豆は大粒で肉厚。強めに焙煎してもきれいな酸が失われにくく、淹れるとすばらしい香り、味、深いコクに驚かされます。

ハワイコナにはUCCの農園もある!

日本を代表するコーヒー業者『UCC上島珈琲』もコナに農園を持っています。ここでは、農園経営のほか、レギュラーコーヒーの製造販売などを行っています。UCCの直営農園は、フアラライ山の裾野、標高460m付近に位置しており、総面積約14ヘクタールもの広大さで、なんど東京ドームの約3倍にもなるそうです。園内には、およそ1万5千本ものコーヒーの木が栽培されています。1993年には、ハワイ州政府機関によって「ハワイ島西地区最優秀農園」として表彰されるなど、すばらしい実績をあげています。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー栽培
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒー効果
  6. コーヒーの賞味期限
  7. 名曲喫茶東京
  8. コーヒーのマナー
  9. コーヒードリップ器具
PAGE TOP