コーヒー豆の種類

ジャコウネコのうんちからできる世界一美味しいコーヒー、その味とは

アジアやアフリカの熱帯雨林に生息している「ジャコウネコ」という小動物が作るコーヒーがあります。ジャコウネコは品質の良いコーヒー豆のみを食べ、そのうんちを洗い乾燥させ焙煎したものが「コピルアク」という最高級コーヒー豆となります。今回はその「コピルアク」の気になる味わいについて詳しくご紹介します。

香り、酸味、コク、風味、後味

この5つの観点から味わいの感想を述べます。

コピルアクの香り

ジャコウネコがコーヒーの実を消化する過程で独特の香りがつくと言われることもありますが、個人的には特に香りが強いなとは思いませんでした。ほんのりとチョコレートっぽい甘い香りがする場合もあります。少なくとも排泄物のような香りはしませんので安心してください。

コピルアクの酸味やコク

ジャコウネコのコーヒーは酸味が少なくてさっぱりとしています。普通のコーヒーとはまた違い、飲んだあとにすっきりとはけるような良い後味です。コクはしっかりとしていますが、全体的にさっぱりした印象のようです。

コピルアクの風味

コピルアクの風味ついては、やはりどこか野生的でワイルドな印象を受けました。どこか土っぽさや熱帯林っぽさがあり、人によっては紅茶を飲んでいるような印象を受ける人もいるようです。

コピルアクの後味

先ほど言った通り、ジャコウネコのコーヒーはさっぱりしているのですが、飲めば飲むほどコクが深まり、ワインのように味が変化していくような印象を受けました。とにかくコクが深まっていきます。中には、もはやデザートを食べているような感じと表現する人もいるようです。

美味しいだけじゃない、健康面でもメリットが

値段の高さと美味しさに注目が集まりがちなジャコウネコのコーヒーですが、実は健康に対するいい影響もあります。具体的には老化予防の効果があるといわれています。そもそも老化の原因として、紫外線がよくあげられます。ジャコウネコのコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。このクロロゲン酸には、紫外線による皮膚のシミを防ぎ活性化させる効果があるといわれています。もう1つの老化の原因として、ストレスがあげられます。ジャコウネコのコーヒーに含まれるカフェインにはストレスを63%も軽減させるという研究結果も出ており、ストレス軽減に大きな効果があるといわれています。他にも子宮がんの予防や、更年期症状の予防にも役立つといわれており、健康にも良い飲み物となっております。

ジャコウネココーヒーの問題点

もう1つの深刻な問題に、家畜化されたジャコウネコの環境があまりにも酷すぎて、動物虐待レベルまでいっているという問題です。その環境はしばしばケージに閉じ込められたニワトリと比較されることもあるくらい酷いようです。そのためにしばしば動物福祉団体などが警告をすることもあるようです。ジャコウネコは1匹3〜5万円で取引されることも多く、劣悪な環境下で生きるために必要最低限のものだけ揃えて、後はお金を生み出す“機械”のように扱っている業者がいるのも事実です。美味しいジャコウネコのコーヒーですが、希少だからといってただ輸入するわけではなく、そのコーヒー豆ができるまでのプロセスについてもしっかりと注目した上で、輸入し適切なプロセスで作られたコーヒーを飲むことが望まれます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP