コーヒー豆の種類

コーヒー豆を買う時の5つのポイント

現在様々な種類が販売されているコーヒー豆。生産地もたくさんあり、更に焙煎の具合、酸味や苦み、コク・・・・どれを買えばいいのかいまいちよくわからないという場合も多いのではないでしょうか?私も、ついついお店のおススメを選んでしまったりします。今回は買うときの5つのポイントをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

基本的な豆の分類

粉状にコーヒー豆を挽いてある、いわゆる「レギュラーコーヒー」の豆は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど様々な場所で手軽に買うことができます。この場合、一概には言えませんが、だいたいは「ブレンド」と言って万人受けするような飲みやすいコーヒーになるように様々な生産地のコーヒー豆を混ぜて作ってあるので、何を買っていいのかわからないという方は「レギュラーコーヒー」は無難です。ブレンドされていない「ストレートコーヒー」を買いたいという場合には、コーヒー豆専門店や豆の販売を行っているコーヒーショップ・カフェに行けば手に入れることができます。種類が豊富ですが、必ずコーヒーの知識を持ったスタッフがいるので、いろいろと聞いてみるとよいでしょう。

生産地、焙煎度の違い

コーヒー豆は生産地によって味わいが少しずつ違っています。コロンビア・グアテマラ・コスタリカ・ブラジルなどの「ラテンアメリカ系」はほどよい酸味がありフルーティーですっきりとした味わいが多いです。ケニア・エチオピア・ルワンダ・タンザニアなどの「アフリカ系」はとても個性的で柑橘系の風味や華やかな酸味が特徴です。インドネシアやスマトラなどの「アジア・太平洋系」はしっかりとしたコクやスパイシーな後味が特徴です。

また、焙煎具合でも味に違いはあります。「浅煎り」はとても軽い飲み口で酸味を強く感じるさっぱりとしたコーヒーです。「中煎り」は酸味と苦みのバランスがとれていて。まろやかな口当たりのコーヒーです。「深煎り」は苦みが強くどっしりとしたコクや香ばしさを感じることのできるコーヒーとなっています。

コーヒー豆を買う際の5つのポイント

では、上で述べたことを踏まえて5つのポイントを確認してみましょう。

①好みの豆を見つけたいときは「専門店」で購入する

②銘柄名から産地やクオリティを読みとる

③焙煎度による味わいの傾向を知る

④豆で購入し、淹れる直前に挽くのがベスト

⑤挽いた粉を買う場合は、器具にあった挽き具合を選ぶ

この5つのポイントを意識してコーヒー豆を選ぶことで、より自分の好みや淹れ方に合った豆を選ぶことができ、美味しいコーヒーを飲むことができるでしょう。

ちなみに、豆のまま買った場合は、コーヒーを淹れる直前に挽くのがベストですので、それまではキャニスターのような密閉性が高い容器に移し替えて湿気を防ぐことがとても大切です。粉で買った場合は、だいたい2週間で飲みきるくらいが美味しく飲むことのできる期限と言われています。やはり新鮮な豆の方が美味しく飲むことができるので、なるべくまとめ買いは避け、飲みきれる量をこまめに買うことをおすすめします。

以上、コーヒー豆を買う時のポイントでしたが、いかがでしたか?コーヒーショップに出向いてコーヒーを買う回数が増えるにつれてコーヒーの知識も増え、選ぶ時間も楽しくなるはずです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの実
  2. コーヒーの砂糖とミルク
  3. バターコーヒー
  4. インスタントコーヒー
  5. コーヒーメーカー
  6. チェーン店のカフェ
  7. 銀座喫茶店ルノアール
  8. コーヒーの苦味
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP