コーヒー豆の種類

コーヒー発祥の地 エチオピア

みなさんは、コーヒー豆の生産地といえばどこを思い浮かべますか?「ブラジル」であったり「コロンビア」「グアテマラ」などが世間的に多いようです。しかし実は、コーヒーが生まれたのは「エチオピア」という国です。エチオピアはアフリカにあり、最も美味しいコーヒーができる生産地の1つなのです。今回はそんな「エチオピア」のコーヒー豆について詳しくご紹介したいと思います。

コーヒー発祥の地

一説によると、はじめてコーヒーが飲まれた国はエチオピアと言われています。というのも、時代は定かではないですがコーヒーの実、コーヒーチェリーを山羊が食べた後に興奮しているのを見たカルディという山羊飼いが、自分も食べてみたところ気分爽快になったという伝説があるのです。カルディと言えば、コーヒー豆や輸入食品を扱っているお店がありますね、そこの紙袋にはこの伝説にでてくる山羊が描かれています。

エチオピアのコーヒー栽培

エチオピアは、国土の大部分が山岳地帯で今でもコーヒーは野生の樹木から収穫されています。栽培地域は広範囲にわたりますが、コーヒーの名前の由来ともいわれるカファ地方、南部のシダモ地方、東部のハラー地方が主な生産地です。各地で収穫された豆は、上品な酸味とスパイシーさがある「モカ」として輸出されます。このモカコーヒーは古くから多くの人を魅了しています。

エチオピアのコーヒー

エチオピアは高地で栽培しているため、害虫が比較的少なく、病気にもあまりならないため、コーヒーの品質は欠点豆の少なさでグレードを定めています。病害虫がいないため、農薬も使用する必要はなく、貧しいがゆえに農薬を買えないという事情もあるため、特に記載はなくとも無農薬栽培コーヒーがほとんどなのです。

主な栽培品種は「ティピカ」「在来品種」で、主な生産処理の仕方は「水洗式」「ナチュラル」です。エチオピアのコーヒー豆の味わいの傾向としては、「やわらかい酸味」や「さわやかな香りと甘みのバランス」が整っているといったところです。

エチオピアのコーヒー事情

エチオピアの人々はコーヒーをよく飲みます。だいたいの人が、朝・昼・晩と飲み多い人は更にその時間以外にも飲みます。また、「カリオモン」という伝統的な儀式も有名です。国内消費率が非常に高く、生産量の30~40%は輸出されずに国内で消費されているそうです。これらのことより、エチオピアにとってコーヒーは重要な収入源であり、人口の約5分の1がコーヒー産業に関わっているというので驚きです。

エチオピアについて詳しくみてきましたが、どうでしたか?やはり、コーヒー発祥の地であるだけあってコーヒーへの力の入れ方が違います。国民も常にコーヒーと共に生活していてなくてはならない存在なのだということがとてもよくわかります。スターバックスコーヒーなどでもエチオピアのコーヒーは売られているので、様々なお店のエチオピアのコーヒーを飲み、恵まれた環境で栽培された美味しいコーヒーをじっくり感じてみてはいかがでしょうか?そんな気分で飲めば、はるか昔にコーヒーを発見したカルディのように気分爽快な体験をすることができるかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒードリップ人気
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー効果
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーの実
  6. オールドクロップの珈琲
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP