コーヒー豆の種類

コーヒーの品種改良について知ろう

品種改良という言葉は耳にしたことがあると思いますが、野菜や植物などのイメージが多いのではないでしょうか?実は、コーヒー豆にも品種改良は行われています。今回は品種改良のことについてご紹介します。

品種改良をする意味

コーヒーを栽培するということは栽培法が難しかったり、地域や機構によって左右されるため、生産者はものすごい苦労をしています。現在のコーヒーの生産は「生産性の向上」「病害虫への対策」がメインに行われていて『味をよくする改良』への着目が見落とされてしまっているように思われます。それは消費者である我々が「良いモノ」ではなく「安いもの」を望んでしまっているため、生産者側は味よりも出荷をメインに考えてしまっていることが原因の一つであると言われています。また、もう一つの要因としては、生産国はそのほとんどが貧しい地域であり、その年の収穫ができない場合死活問題となってしまいます。この問題を解決するためにも我々はフェアトレード等の方法に協力をして、消費者と生産者が本物を目指すことをしなければなりません。そうでなければ本当に美味しいコーヒー豆の味は失われてしまう可能性があるのです。

品種改良をすることで何が変わるか

品種改良をすることによって様々メリットがうまれます。その中でも、コーヒーの木の葉などに発生する病気である「サビ病」を避けることができるというメリットがあります。サビ病とはどんなものなのでしょうか?

「サビ病」

サビ病菌「ヘミレア」がコーヒーの樹の葉の裏側に付着し被害を与える病気。雨季に多発し直径1~2ミリの丸い黄色の斑点が葉に出てきます。この斑点には約百万個もの胞子が巣食い増殖をする恐ろしい作用だあり、その結果、光合成ができなくなり枯れ落ちてしまうのです。また、その2~3年後には樹全体が枯れ果ててしまい、菌の力が強い為農地全域に拡がってしまうため、一度サビ病が発生すると他の木まで影響してしまいます。 スリランカは今では紅茶の栽培が有名ですが、それまではコーヒーも主力な生産品でありました。しかし、1869年にサビ病が発生し農園が全滅においこまれてしまったため、今では紅茶に切り替えているのです。

サビ病対策の品種改良した品種

「バリエダコロンビア」

アラビカコーヒーのティモール種と雑種とカネフォラの自然交配でできたカチモールとカツーラを配合させた配合種。カチモールはポルトガルの「サビ病研究所」で品質は劣りますがサビ病に強いと調査され、1980年頃からコロンビアに導入されました。カネフォラの性質が強く、香りは弱く雑見が目立つので決して良いものとはいえません。それでもコロンビアでは生産量の60%を占めています。また最近ではフェノール臭が問題となっているといわれています。現在コロンビアで出荷されているコーヒーはバリエダ・コロンビア、カツーラ、ティピカのブレンドで在来種。ティピカ(アラビカ種)100%のものはほとんどないのです。

「イカツ」

アラビカのカツーラ種とカネフォラのコニロン種の交配種。サビ病耐性を持つ品種です。 香りは弱く少し雑味が目立ちます。

このように、品種改良をすることで、コーヒー栽培の妨げになっているものを回避しようとしています。今回ご紹介した「サビ病」はコーヒー農家にとっては、農園全滅になる可能性もあるのでとても恐れられています。こうした品種改良が進み、より美味しいコーヒー豆が栽培されていくといいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP