コーヒー豆の種類

コーヒーテイスティングの4つのステップ

    美味しいコーヒーを飲むとき、「ああ美味しいなあ」と感じながら飲みますよね。

    もしくは飲んで「よし!」と気合が入ったり、リラックスしたり・・・

    そのようにコーヒーを飲むことで何かを感じるということの裏には、コーヒーの特徴であるいろいろな味わいが関係してきます。

    今回は、その「コーヒーの味わい」をよりじっくり感じながら飲む方法の話です。

    テイスティングとは

    テイスティングとは、

    ・味の違いを感じ取る・味を言葉で表現する・評価するという意味です。

    テイスティングをすることで豆の持つ特徴や香り、風味をよりダイレクトに感じることができます。

    テイスティングといえばワインのテイスティングのイメージが強いですが、コーヒーもテイスティングのステップがあります。

    その方法はワインのテイスティングと少し似ていて、やはり「香り」が豊かな双方の特徴が共通しているように思えますね。

    テイスティングの4つのキーワード

    コーヒーの味を表現するキーワードとして4つ挙げられます。

    《香り》 《コク》 《酸味》 《風味》

    コーヒーはこの4つが味のキーワードになっており、テイスティングをする際もこの4つを感じながら進めていきます。

    《香り》

    「大地のような」「スパイシーな」「フローラルな」「ナッツのような」など香りの種類も様々です。

    《コク》

    舌に感じられるコーヒーの重さのこと。

    軽い感じがするか、重い感じがするか、コクのあるコーヒーはもったりとしていて重量感があり、後味が長く続きます。

    《酸味》

    舌の側面や奥、又は頬の内側で感じることができます。

    はじけるようなさわやかな印象、酸味の弱いコーヒーは、口の中でなめらかな感触があり、後味も長いです。

    《風味》

    コーヒーの味わいの全体感を言います。シトラス、ココア、ベリー類・・・・・

    はっきりと明らかな風味もあれば、繊細でほのかなものもあります。

    コーヒーテイスティングの4つのステップ

    では、実際にステップを見てみましょう!テイスティングには4つのステップがあります。

    ①香りを嗅ぐ

    コーヒーから立ちのぼる香りを感じましょう。

    手で鼻を覆うようにし、まずは香りだけを楽しみます。

    ②空気を含ませ、すするように飲む

    空気を含ませることで香りが口の中にふんわりと広がり、鼻に抜けやすくなります。

    先ほど感じた香りを今度は舌と鼻両方で感じます。

    ③コーヒーを舌に広げて味わう

    じわ~っと舌全体に広げてください。

    舌には4つの味を感じるポイントがあります。先端はSWEET「甘味」、手前横端はSALTY「塩味」、奥横端はSOUR「酸味」、そして一番奥の方はBITTER「苦味」です。

    そのどこのポイントが1番強く感じたかを知るために全体に広げます。

    ④感想を言う

    この4つ目のステップはとても重要で、これをしてこそテイスティングが成り立ちます。

    一番大事なことは「自分の言葉で」感想を言うということです。

    豆には豆ごとに特徴がありますが、自分の鼻と舌で感じたそのままの感想を言い合うことで、より味わいに幅が広がりますし、コーヒーを通して会話も広がりますよね!

    以上がコーヒーテイスティングの4つのステップです。

    いかがでしたか?

    ただコーヒーを楽しむのとはまた違う、少し本格的なひと時を過ごせることでしょう。

    また、コーヒーは毎日の体調や気分などによって同じものでも違う味わいを感じることがあります。

    毎日コーヒーを飲むときに、このテイスティングを習慣にしてコーヒー日記をつけてみる。というのも面白いかもしれません。

     

     

     

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP