コーヒー豆の種類

コロンビアのコーヒーの特徴

コーヒー生産地として「コロンビア」は大変有名です。コーヒーをあまり飲まない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか?今回は「コロンビア」のコーヒーの特徴などをみていきましょう。

コロンビアの基本情報

中南米に位置しており、正式名称は「コロンビア共和国」、首都は「ボゴタ」という場所です。面積は約「114万㎢」で日本は約38万㎢なので日本より国土は広いです。人口は約4770万人と国土に比べ少な目です。

コロンビアという地域

コロンビアにとって、コーヒーは総輸出量の約1割を占めるっても重要な農産物です。農業分野の就労者の約3割はコーヒー栽培に関わっており、その栽培面積は、なんと「330万ha」にも及びます。多様性に満ちた地形と気候条件により、地域によって豆の味わいが異なるのが面白く、ほとんど標高の高い地域で栽培されているにもかかわらず、生産量はブラジル、ベトナムに次いて世界第3位となっています。1732年にはじめてコーヒノキが植えられ、その後栽培は全国的に広がり、1927年に「コロンビア国立コーヒー生産者連合会」が設立されてから一気にレベルが向上しました。国民の27%がコーヒー栽培に関わっています、栽培農家のほとんどは小規模。連合会から派遣される農業アドバイザーの元、品質にこだわった栽培をしています。

コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)

1927年に設立されたこの連合会は、研究に基づいた苗木や肥料の提供、農薬の管理や栽培に関する講座を行うなど、生産者を全面的にサポートしています。また、輸出されるコーヒー豆のチェックも含め、一貫した管理を行っています。更にスペシャリティコーヒーへの取り組みにも積極的で、毎年品評会を開催し、生産者とバイヤーのパイプ役として大きな役割を担っているのです。

処理方法

完熟した実だけを摘み取る伝統的な農法で収穫。清算処理方法は「果肉除去」→「水洗い」→「乾燥」の『ウォッシュド製法』(水洗式とも呼ばれています)。急な斜面で栽培している農園が多い為、天日干しする場所が少なく、農家の屋根を利用して乾燥させていることが多いようです。

主な品種

コロンビアの主なコーヒー豆の品種は、「カトゥーラ」や「コロンビア」です。カトゥーラはロブスタ種の一種です。

コロンビアのコーヒー豆の等級

コロンビアのコーヒー豆はの格付けはサイズの大きさのみです。スクリーン13以下は輸出されていません。

味わいの傾向

完熟した豆だけを摘み取ったコーヒーは甘みも芳醇で柔らかなコクを持ちます。ほかの豆に比べると比較的強い酸味の中にトロピカルフルーツのような風味がある。豊かな香りとコクのバランスが良いマイルドコーヒーです。コロンビアの焙煎具合は〈中深焙煎〉と〈深焙煎〉がオススメです。

以上、コロンビアのコーヒー豆の特徴についてでしたが、いかがでしたか?コロンビアコーヒー生産者連合会があるおかげで、コーヒー生産者も安心して高品質のコーヒー豆を生産することができていて、なんだか温かい気持ちになりますよね。今度コロンビアのコーヒーを飲む際は、そんな、みんなで作り上げたコーヒーなので大切に飲んでみようと思います。みなさんもコロンビアのコーヒーを飲んでリラックスしてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP