コーヒー豆の種類

ケニア

ケニアとは

日本でアフリカのコーヒー豆といえば、タンザニアで栽培されているキリマンジャロが有名ですが、ヨーロッパでは第一級のコーヒー豆として愛飲されています。

サバンナ地帯には多く自然が残っており、たくさんの動物達を目当てに毎年多くの観光客がケニアを訪れています。

ケニアの産地

エチオピアの隣にある国です。国土のほとんどが1000m以上の高原地帯になっており、平均気温も20℃前後で火山灰を含んだ赤土の土壌をもっています。雨季が年間2度あり、収穫も2回行われていますが、11月から翌年にかけて収穫されるものの方が評価が高いとされています。

お隣の国のエチオピアでは17世紀末頃にはコーヒーの栽培がされていたのですが、ケニアは18世紀頃からとスタートが遅れていました。しかし、コーヒーの専門研究機関を立ち上げ、ケニア独自の品種を作ったり、流通や加工技術を身につけていったために、安定した高品質なコーヒーを作る国として世界中から一目置かれるコーヒー国家となったのです。

ケニアの味覚とコク

キリマンジャロやタンザニアと似た風味のあとに、重厚なコクと野性味溢れるワイルドな味わいが口の中に広がります。甘味と酸味が全てをうまくまとめており、後味は柑橘類のようなきりりとした心地よい酸味が残ります。

ケニアの生豆色

濃い目のブルーグリーンをしています。

ケニアの豆質

肉厚な豆で、ヨーロッパで高級銘柄と呼ばれるだけあって。欠点豆も少なく粒ぞろいのよい豆です。

ケニアの香り

甘いミルクチョコレートのような香りと、ジャスミンや杏のような果実感のあるフローラルな香りが感じられます。深く煎ったものはさらにハチミツのような芳醇な香りが加わってさらに香り高いものとなります。

ケニアの焙煎方法

浅煎りで香りと酸味を楽しむのもオススメなのですが、この豆は深煎りしても香りが飛びすぎることがなく、焙煎を進めることで出てくる香りや風味もあります。フレンチローストまで煎っても香り高いままなので、高級アイスコーヒーブレンドなどにも使われていることもあります。

深煎りにしていくと、チョコレートのような甘くほろ苦い風味が加わり、ワインのようなジューシーさを感じさせる芳醇さが表れてきます。ぜひ色々な焙煎具合で飲んでいただきたいコーヒー豆です。

ケニアの品質

ケニアでは豆の大きさ、形などで等級がつけられています。

良い方から、PB(ピーベリー。本来一つの果実に二つのところが一つしか入っていないもの)、AA(スクリーンの穴の大きさが7.20mm)、AB(AグレードとBグレードの混合。スクリーンの穴の大きさが6.80mm)、C(Bグレードよりも小粒のもの)、E(大粒のもの)、TT(すべての等級に入れなかった軽量の豆で、Eのかけらなどもここに入る)、T(一番小さく、細かい豆。割れたものや不完全な豆も含む)とされています。

さらにここから10段階の評価をつけられており、厳しい管理がされているのが伺えます。

ケニアの価格

あまり生産量が多くなく、日本にはあまり大量には入ってきません。100g500円ほどから手に入ります。

ケニアの淹れ方

濃厚の抽出するとケニア独特の甘みやまろやかさが存分に味わえます。エスプレッソでも飲んでいただきたい豆です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. バターコーヒー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. ドトールコーヒー
  7. イタリアのカフェ
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP