コーヒー豆の種類

ケニアのコーヒー豆の種類とサイフォンコーヒーの入れ方

ケニアとは

日本でアフリカのコーヒー豆といえば、タンザニアで栽培されているキリマンジャロが有名ですが、ヨーロッパでは第一級のコーヒー豆として愛飲されています。

サバンナ地帯には多く自然が残っており、たくさんの動物達を目当てに毎年多くの観光客がケニアを訪れています。

ケニアの産地

エチオピアの隣にある国です。国土のほとんどが1000m以上の高原地帯になっており、平均気温も20℃前後で火山灰を含んだ赤土の土壌をもっています。雨季が年間2度あり、収穫も2回行われていますが、11月から翌年にかけて収穫されるものの方が評価が高いとされています。

お隣の国のエチオピアでは17世紀末頃にはコーヒーの栽培がされていたのですが、ケニアは18世紀頃からとスタートが遅れていました。しかし、コーヒーの専門研究機関を立ち上げ、ケニア独自の品種を作ったり、流通や加工技術を身につけていったために、安定した高品質なコーヒーを作る国として世界中から一目置かれるコーヒー国家となったのです。

ケニアの味覚とコク

キリマンジャロやタンザニアと似た風味のあとに、重厚なコクと野性味溢れるワイルドな味わいが口の中に広がります。甘味と酸味が全てをうまくまとめており、後味は柑橘類のようなきりりとした心地よい酸味が残ります。

ケニアの生豆色

濃い目のブルーグリーンをしています。

ケニアの豆質

肉厚な豆で、ヨーロッパで高級銘柄と呼ばれるだけあって。欠点豆も少なく粒ぞろいのよい豆です。

ケニアの香り

甘いミルクチョコレートのような香りと、ジャスミンや杏のような果実感のあるフローラルな香りが感じられます。深く煎ったものはさらにハチミツのような芳醇な香りが加わってさらに香り高いものとなります。

ケニアの焙煎方法

浅煎りで香りと酸味を楽しむのもオススメなのですが、この豆は深煎りしても香りが飛びすぎることがなく、焙煎を進めることで出てくる香りや風味もあります。フレンチローストまで煎っても香り高いままなので、高級アイスコーヒーブレンドなどにも使われていることもあります。

深煎りにしていくと、チョコレートのような甘くほろ苦い風味が加わり、ワインのようなジューシーさを感じさせる芳醇さが表れてきます。ぜひ色々な焙煎具合で飲んでいただきたいコーヒー豆です。

ケニアの品質

ケニアでは豆の大きさ、形などで等級がつけられています。

良い方から、PB(ピーベリー。本来一つの果実に二つのところが一つしか入っていないもの)、AA(スクリーンの穴の大きさが7.20mm)、AB(AグレードとBグレードの混合。スクリーンの穴の大きさが6.80mm)、C(Bグレードよりも小粒のもの)、E(大粒のもの)、TT(すべての等級に入れなかった軽量の豆で、Eのかけらなどもここに入る)、T(一番小さく、細かい豆。割れたものや不完全な豆も含む)とされています。

さらにここから10段階の評価をつけられており、厳しい管理がされているのが伺えます。

ケニアの価格

あまり生産量が多くなく、日本にはあまり大量には入ってきません。100g500円ほどから手に入ります。

ケニアの入れ方

濃厚の抽出するとケニア独特の甘みやまろやかさが存分に味わえます。エスプレッソでも飲んでいただきたい豆です。

理科の実験で使うような器具と、パフォーマンスのかっこよさで一世を風靡した「サイフォン式」。ですが、ドリップコーヒーなどに比べて道具が高価なことと、「実は香りが飛びやすくコーヒーがおいしく淹れられない」「温度調節が難しい」などといわれていました。そんなサイフォンコーヒーにブーム再燃の予感です!

はじめに

サイフォンでコーヒーを淹れるのは難しいもの。手順は、「下のボールに水を入れて沸騰させ、そのお湯がフィルターとコーヒーの粉をセットした上のボールに上がってきたらかき混ぜ、火を消し、コーヒーが下がってくるのを待つ……(ハリオ社のコーヒーサイフォンの例)という複雑さです。ですが、昭和の喫茶店ブームの時代は、見た目のかっこよさもあり、喫茶店の“顔”のような存在だった時代もあります。

最近は、本格的な喫茶店やカフェでもペーパードリップを採用するようになり、サイフォンで淹れるコーヒーが一時は廃れかけていました。それが、ここ最近、ブーム再燃の兆しを感じさせています。

上島珈琲店や椿屋珈琲店が人気です

100円前後のコンビニコーヒーやセルフ方式の安価なカフェ全盛の時代に、1杯1000円弱のサイフォンで淹れたコーヒーを提供する「椿屋珈琲店」が繁盛しています。いただいてみると、ペーパードリップよりも濃厚さと深いコクを感じさせ、価格に見合う魅力は十分です。

(写真は、椿屋などを展開する
東和フードサービス公式サイトより:http://www.towafood-net.co.jp)

また、椿屋珈琲店ほどの高級業態でなくても、街の喫茶店やカフェで、サイフォンで淹れたコーヒーがをウェイターやウェイトレスが席まで持ってきて、カップに注いでくれるような店も見かけるようになりました。さらに、「ブルーボトルコーヒー」や「カフェオブスキュラ」など、コーヒー界の新潮流“サードウェーブ系”を牽引するようなカフェまでサイフォン式を取り入れています。

UCCが「光サイフォン」をリリース

サイフォンの熱源はアルコールランプやガス(いずれも直火)だったのですが、UCC上島珈琲が、ハロゲンランプを熱源にした「光サイフォン」を開発。火を使わないので安全で温度調節も簡単、正確にできるようになりました。また、火と違って安定的な加熱ができることも広く受け入られるようになった理由でしょう。

(写真は、UCC上島珈琲公式サイトより:www.ucc.co.jp/
※個人向けにサイフォンセミナーなどを実施中とのこと!)

また、サイフォン抽出の腕を競う「ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ」などの大会も賑わっています。バリスタ(コーヒーを淹れる人)の手元をハロゲンの光が照らし出すのもかっこよく、演出効果も抜群です。※ただしこれらはプロが使う業務用。もしも自宅への導入を考えているなら、家庭用のものを探してくださいね。

低価格のサイフォンマシンが人気

昔はサイフォンマシンは、かっぱ橋道具街(東京・浅草橋にあるプロ機材専門店街)などでしか手に入らなかったのに、いまはアマゾンなどのネット通販サイトでも買えるようになりました。それも、数千円~1万円以下で買えるものもあります。

流行り廃りの激しいコーヒー業界ですが、今回のブームを経てサイフォンコーヒーはすっかり日本の喫茶カルチャーとして根づいた感があります。コーヒーファンなら、インテリアとしても魅力のあるサイフォンの器具をそろえ、奥深いサイフォンの世界に入門するのもいいかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. チェーン店のカフェ
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. パリのカフェ文化
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 名曲喫茶東京
PAGE TOP