コーヒー豆の種類

ガヨマウンテン

    ガヨマウンテンとは

    ガヨマウンテンはインドネシアでも有数の、アラビカ種を栽培している産地であるスマトラ島の最北端にあるガヨ高地で栽培されているコーヒー豆です。ガヨ高地はイスラム教の戒律がとても厳しく、排他的な人々が多かったため、近隣の地区の人たちでさえあまり足を踏み入れることができませんでした。さらに生産量も少なく、人手がないと輸送ができない秘境でした。そのためガヨ高地で作られるコーヒーが良質であることは知られていたにも関わらず、長い間マンデリンに混ぜられてしまっていました。その後、国の観光計画の柱としてコーヒーが注目され、ガヨマウンテンは国から支援を受けて日の目を見ることができたのです。

    ガヨマウンテンの産地

    3000m級の山々がそびえる山岳地帯で栽培がされています。この地域は赤道直下にあるにも関わらず、一年を通して20℃前後の気温が一定しています。さらに降雨量も豊富なため、コーヒー栽培に相応しい土地なのです。

    農薬や化学肥料を使わない有機栽培をしているのですが、国が管理していることで100%オーガニックを信頼できるのも人気が上昇しつつあるポイントの一つなのかもしれません。改良などにもかなり力を入れており、観光の大きな柱としているのでこれからますます有名になりそうな銘柄ですね。

    ガヨマウンテンの味覚とコク

    しっかりとした力強さが感じられるコクと、柔らかく広がる甘味の調和が素晴らしいコーヒーです。口に含むと甘味が優しく広がり、フルーティーでな酸味が後を追ってくるイメージです。後味はすっきりとした苦みとキレがあり、質の良さが存分に感じられます。

    ガヨマウンテンの生豆色

    緑が強めのグレーグリーンをしています。

    ガヨマウンテンの豆質

    やや大粒で焙煎も難しくありません。

    ガヨマウンテンの香り

    エキゾチックなアロマのような芳醇な香りが特長です。インドネシアでは珍しくナチュラル製法で仕上げられているので、独特な風味になっています。

    ガヨマウンテンのロースト方法

    中深煎りが一番多く採用されているようです。甘味とコクの絶妙なバランスが活かされるのでオススメの煎り具合ですよ。上手く焙煎できると、ブルーマウンテンなどにも引けをとらない美味しさになります。

    ガヨマウンテンの品質

    ほとんど欠点豆の混入がなく、スクリーンも7.0mm以上とあってかなりの高品質なコーヒーであることが分かります。国が支援しているだけあって、徹底した品質管理がされているんですね。

    等級分けは、インドネシアでは300g中の欠点数によりG1~G6に割り振りがされています。

    ガヨマウンテンの価格

    100%オーガニックなので、他のコーヒー豆と比べるとやはり多少割高です。100g900円ほどから手に入ります。

    ガヨマウンテンの淹れ方

    ペーパードリップで基本を守って淹れれば十分に美味しく頂けます。フレンチプレスでコーヒー豆の油脂までしっかり抽出して、まろやかな味わいを楽しむのもいいですね。力強くキリッとしたガヨマウンテンにはこのまろやかさがベストマッチです。

    ストレートで飲むほか、濃い目にいれたコーヒーに牛乳を入れてカフェオレにするのもオススメです。ガヨマウンテンの甘味と牛乳の優しいまろやかさが合うんです。シロップを入れても美味しいですよ。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP