コーヒー豆の種類

カフェインレス!デカフェのメリット・デメリット

「デカフェ」とは何かご存じですか?コーヒーの成分であるカフェインが入っていないもののことを言います。スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどのコーヒーチェーン店でもデカフェのコーヒーは販売されており、今では「コーヒーを飲みたいけどカフェインは取りたくない」という時などに手軽に飲めるようになりました。詳しくは後半に記載します。まずは、デカフェの「メリット」「デメリット」についてみていきましょう。

デカフェのメリット

デカフェは、カフェインがほぼ除去されているので、カフェインによる悪影響を防ぐことができます。そのため、妊娠中・授乳中の方、カフェインが苦手という方にはとてもメリットがあります。

具体的には、カフェインの過剰摂取を防ぐことができる/睡眠の妨げにならない/カフェイン中毒、依存を防ぐ/美肌効果・・・などが挙げられます。

デカフェのデメリット

デカフェの基準として、日本では基本的に明確な基準はありません。なので少しのカフェインでも摂取したくないという方は不安があるかもしれません。EUでは99.9%以上カフェインを除去したものだけがデカフェとなるので基準が明確です。具体的なデメリットとしては、カフェイン特有の覚醒効果を得られない/取扱いが通常のものより少ない/カフェイン以外の成分も多少損失してしまうため、味や香りが通常のコーヒーより劣る/手間がかかっている分値段が高い・・・などが挙げられます。

スターバックスコーヒーのデカフェ

スターバックスは今では新店がどんどん出てきており、飲みたい時にいつでもデカフェが飲めるのでとても便利です。スターバックスでは、ホットコーヒーのデカフェを注文すると、注文してから豆を挽いて淹れたてを出してくれます。デカフェを注文する人が少ないため、常備していなくこのような対応となり、出来上がりに10分ほど所有しますが、淹れたてを飲めるなんて少しラッキーですよね。スターバックスのデカフェは「コモドドラゴンブレンド」というアジア・太平洋地域のスパイシーな風味が特徴の豆を使用していますが、カフェイン除去をしているせいか、通常のコーヒーよりも多少あっさりとした印象を受けます。そして2017年1月からホットコーヒーの他にもエスプレッソドリンクも新たに加わりました。すべてのエスプレッソドリンクに対応しているため、自分の飲みたいドリンクすべてをデカフェで味わうことができるのです。

タリーズコーヒーのデカフェ

タリーズでは「エチオピアモカ」というデカフェのコーヒーが代表的です。こちらはあっさりとしていながら、ほんのり甘味もあるのが特徴です。そのため、ブラックコーヒーが少し苦手だという方でも飲みやすい印象を与えます。また、タリーズの場合は+60円でどのエスプレッソドリンクもデカフェで楽しむことができます。ただし、デカフェは取扱いのない店舗もあるようなので店員さんに確認してみるといいでしょう。

いかがでしたか?デカフェのコーヒーにはメリットが沢山ありますよね。通常のコーヒーよりもマイルドな感じが出ているものが多いので、コーヒー初心者の方はデカフェからはじめてみるというのもいいかもしれません。

メリット・デメリットを理解して、シーンごとに通常のコーヒーと併用する飲み方もいいですね。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. 名古屋喫茶店モーニング
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーかす
  6. コーヒーハウス
  7. コーヒーベルト
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. インスタントコーヒー
PAGE TOP