コーヒー豆の種類

おすすめのコーヒー豆の産地はこれだ

コーヒー豆はどの産地のコーヒー豆を使用するかで味が大きく異なってきます。酸味が好きな人も入れば、苦味も好きな人もいるので、当然のことながらどこの国のコーヒー豆が美味しくてどこの国のコーヒー豆は美味しくないとは一概には言えません。今回は日本人に人気と言われているコーヒー豆のランキングについて書いていこうと思います。

人気な豆ランキング

コーヒー豆のおすすめランキングを集計したところ、最も人気だったのはモカ(エチオピア/イエメン)だそう。次いでブルーマウンテン(ジャマイカ)、ブラジルサントス、マンデリン(インドネシア)、キリマンジャロ(タンザニア)と続きます。それぞれみてみましょう。

モカ

モカはコーヒー豆の発祥の地としても有名なエチオピアとイエメンで生産されています。

さっぱりとした酸味とフルーティーな香りが特徴的です。疲れた時に飲むとほっとするような印象が個人的にあります。

ブルーマウンテン

コーヒー豆ランキングで2位になったのがブルーマウンテンでした。日本でおそらくもっとも有名なコーヒー豆なのではないかと思います。個人的にはブルーマウンテンが1位になるかと思っていましたがまさかの2位。ブルーマウンテンは、苦味、甘味、香り、コク、酸味と全てがとにかく絶妙なバランスです。ジャマイカ産のコーヒー豆なのですが、生産量が少ないことからも高級なコーヒー豆としても知られています。

ブラジルサントス

ブラジルは世界最大のコーヒー豆の生産国であり、日本が最も多く輸入しているコーヒー豆の産地もブラジルです。もしかしたら日本人が最も飲みなれている味かもしれません。ブラジルサントスは苦味と酸味のバランスが良く、飲みやすいコーヒーになっております。

マンでリン

日本と同じアジアのインドネシアで生産されています。1位〜3位までとは違ってコクと苦味がしっかりとしている強めのコーヒーになります。酸味は控えめになっています。さっぱりよりは強いコーヒーが好きな人におすすめです。

キリマンジャロ

5位はキリマンジャロです。キリマンジャロ山脈はアフリカで最も高いことで知られていますが、キリマンジャロはその名前の通り、このキリマンジャロ山脈の麓で作られています。酸味がやや強めではありますが、決して安っぽい酸味ではありません。雑味が少ないので飲みやすくて、さっぱりとしたい気分の時におすすめです。

いかがでしたか?それぞれ需要が違いますが、以上がおすすめ人気のコーヒー豆です。バランスが良くて高いコーヒーが飲みたいならば「ブルーマウンテン」で、バランスが良くてリーズナブルなコーヒーが飲みたいならば「ブラジルサントス」、酸味が強くて苦味の弱いコーヒーが飲みたいならば「モカ」で、苦味が強くて酸味の弱いコーヒーが飲みたいならば「マンデリン」がおすすめかと思います。ただし、コーヒー豆のおすすめランキングはあくまで目安でしかないので、最終的には自分に合ったコーヒー豆を選ぶのが良いと思います。自分の好きなコーヒー豆がある程度わかってきたら、いろいろな味わいのコーヒー豆に挑戦してみるのもおもしろいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP