コーヒー豆の種類

モカ

    モカとは

    モカと言っても、チェーン系のコーヒーショップなどに置かれているカフェモカのモカではありません。コーヒー豆の銘柄のモカは、一般的にイエメン産とエチオピア産のものを指します。イエメン産のものは「モカ・マタリ」と呼ばれ、エチオピア産のものは数種類あり、有名な銘柄だと「モカ・シダモ」、「モカ・ハラー」、「モカ・ディマ」があります。モカと一言で言っても色々あるんですね。

    モカの産地

    エチオピアはコーヒー豆の栽培を最初に始めたとされています。そのお隣の国、イエメン共和国のモカという町からコーヒー豆がアラビアの商人によって船便で輸出されたのがモカの銘柄の発祥です。今はイエメン、エチオピア両国から輸入したものをモカとし、たくさんの人々に飲まれています。

    エチオピアは生産量が世界でも10位以内に入るなど、コーヒー大国となりましたが、イエメンは小規模農園が多いため生産量が限られています。日本にやってくるモカはほぼエチオピア産です。

    モカの味覚とコク

    独特なモカフレーバーといわれる華やかで芳醇な味わいです。酸味と苦みのバランスが良く、焙煎方法によって様々な味わいが楽しめます。

    モカの生豆色

    精製方法・産地によって色合いが異なりますが、水洗式のシダモなどはグレーが強めのグレーグリーン、自然乾燥式のものは緑が強めのグレーグリーンです。

    モカの豆質

    小粒の豆が多く、不揃いなものも多々あります。イエメンで採れたものは丸めの外見(ショートベリー)をしており、エチオピアで採れたものは長めの外見(ロングベリー)をしています。しかし最近では外見の違いもあまりはっきりしなくなっています。

    モカの香り

    カフェモカに名前が使われているのは、モカがほんのりとカカオのような香りをしていたからなんです。そこからアイデアが生まれ、チョコレートを混ぜて作ったのがカフェモカなんだとか。このことからわかるように、カカオのような華やかな香りと、オレンジなどを思わせるようなフルーティーな香りがします。人によってはこの香りをワインのようだという方も。

    モカの焙煎方法

    酸っぱいコーヒーのイメージがあるモカですが、最近では焙煎機の技術も向上し、香りが残りながらも深いコクが楽しめる煎り方もできるようになりました。深めに煎ったモカは優しい苦みでカフェオレなどにも合いますよ。香りを残しつつ深煎りにしたものがあるか、焙煎にこだわる喫茶店やコーヒーショップで聞いてみてもいいですね。

    モカの品質

    かつては香り・形状・産地・等級などが全て謎だったモカ。きちんと粒が揃った美しい豆が輸入できるようになったのは1990年ごろからなんです。

    今は産地別に分けられ、G2~G8の7段階で評価されているのですが、イエメンの等級分けの方法は異なるので注意が必要です。バニマタル地区のモカはNo.9~No.6とされ、サナア地区のモカは最高級を「スーパーサナニ」、高級品を「サナニ」としています。

    モカの価格

    ブレンドだと100g200円程度からスーパーなどで手に入ります。100g500円~1000円程度までと銘柄や産地によって差があります。

    モカの淹れ方

    中細挽きがオススメです。コクを楽しみたい方は蒸らし時間を長めに40~45秒とってみてください。欲しい量がドリップできたら途中でも外してしまってOKです。モカ特有の奥深い香りを楽しんでくださいね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP