コーヒー豆の種類

グアテマラ

グアテマラとは

日本ではあまり知名度は高くありませんが、世界的に人気のあるコーヒー豆です。朝一番に飲みたくなる、コクと香り豊かな味のコーヒーです。

グアテマラの産地

メキシコのホンジュラスに位置する山岳地帯で栽培されています。グアテマラは国土の70%が山岳地帯だそうで、中米でも有数のコーヒー生産国なんです。降雨量が多く、火山灰が含まれる土壌で育っています。山の傾斜や高原地帯を使いっているために水はけがよく、山からの冷たい風と谷にたまった暖かい空気が合流するので適温が保たれています。このようなコーヒー栽培に向いた土地で育つため、高品質なコーヒー豆が生まれているのです。

グアテマラの味覚とコク

フルーツを連想させるような酸味があり、ビターチョコレートのような深い苦みとの調和が素晴らしいコーヒーです。口に広がる味わいはスッと馴染みがよくまろやかな余韻を与えてくれます。

ストレートでいただくと、力強いコクと重厚な香りをはっきりと感じることができ、その美味しさから人気の理由がうかがえます。

グアテマラの生豆色

青みの若干強いブルーグリーンをしています。

グアテマラの豆質

煎り上りはおおきく膨らみます。大粒で締まっているため、しっかりと水分抜きをすることが必要です。一口にグアテマラコーヒーといっても、ポピュラーな「アンティグア」や、「ウエウエテナンゴ」や「コバン」など、その土地によって少しづつ差があります。

グアテマラの香り

品のあるとても芳醇なかおりで、他の豆とも好相性なためブレンドにもよく使われています。柑橘系の果実のような爽やかな香りとナッツのような甘く重厚な香りが見事にマッチしています。

この香りにはリラックス効果が科学的に認められていて、いくつかのコーヒーの中で、グアテマラとブルーマウンテンがリラックス効果が効果が高いそうです。

グアテマラの焙煎方法

やや深煎りのフルシティーローストが、酸味が強く出すぎず、豊かなコクと苦みが引き出されるのでオススメです。酸味のあるコーヒーが好みで、香りを大切にしたいという場合はもう少し浅めでも美味しくいただけます。好みの煎り具合を見つけるのも楽しみの一つですね。

グアテマラの品質

グアテマラの等級分けは少し多めの8等級です。産地の高度で分かれています。良い方から、SHB(標高1600~1700m)、FHB(標高1500~1600m)、HB(標高1350~1500m)、SH(標高1200~1350m)、EPW(標高1000~1200m)、PW(標高850~1000m)、EGW(標高700~850m)、GW(~標高700m)です。高地になればなるほど昼夜の寒暖差が激しくなるので、身が締まって酸味とコクが出るとされています。

グアテマラの価格

ブレンドでは100g350円ほどからあります。ストレートでは100g500円ほどから。産地やランクによって幅があります。

グアテマラの入れ方

味わいを出すために沸騰したばかりのお湯ではなく、少し冷めた90℃程度がオススメです。沸騰したお湯で淹れてしまうと酸味が強く出すぎてしまうのでご注意を。一気にお湯を注がずにのの字を描いてゆっくりと、細く注ぐのがコツです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. 海外のコーヒー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒー中毒
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒードリップ器具
PAGE TOP