コーヒーの歴史と製法

質実剛健、パーコレーターの魅力

アメリカの西部劇でおなじみの直火式のコーヒーメーカー「パーコレーター」をご存じですか?

一時期はアメリカの家庭ではコーヒーを淹れる器具としては一般的だった時代もありますが、最近はハンドドリップブームのためあまり見かけなくなりました。

とはいえ、キャンプや登山などに大活躍の、アウトドアが似合う武骨で頼りになるコーヒーギアなのです。

その魅力をみていきましょう。

パリ在住のアメリカ人が開発

パーコレーターは、パリに住んでいたアメリカ人がランフォード式パーコレーターと呼ばれるドリップ方式を考案したのがはじまりといわれています。

その後、その扱いの簡単さからアメリカの家庭に急速に普及しましたが、日本では味の好みの違いからなのか、いまにいたるまでそれほど深く浸透しませんでした。

パーコレーターのメカニズム

ケトルのような形状をした本体ポットで湯を沸かし、その中へろ過器を装置するだけと、非常に簡単。

待っている間に、ケトルの中で沸騰したお湯が、本体とろ過器をつなぐ筒を通って上がったり下がったりしながら、お湯にコーヒー成分が溶け出す、という仕組みです。

ろ過器は金属製で、上下とサイドに小さな穴がいくつか開けられています。このろ過器の中に粉を入れるので、コーヒーの粉はこの穴を通り抜けないように粗めに挽くといいでしょう。

粉を粗めに挽いておくと、えぐみや渋味などの嫌な成分が抽出されにくいという利点があります。

パーコレーターを使った淹れ方

1. ケトル状の本体に分量の水を入れ、お湯を沸かす。
2. ろ過器に分量の粉を入れる。
3. お湯が沸いたらろ過器をセットし、フタを閉める。
4. お湯が上下に循環を繰り返しながら抽出が進むので、好みの濃さになったところで火からおろす。

手順としては簡単ですが、意外と時間がかかるのと、循環形式のためにごりがでやすいのが弱点となります。

ただ、火にかけておけば自動的に抽出されるので、ハンドドリップほどの手間はありません。

また、ドリップのようにフィルターで漉さないので、コーヒーオイルまで十分に味わえるというメリットもあります。

キャンプやバーベキューなどアウトドアに◎

パイレックスなどの食器・コーヒー器具メーカーだけでなく、スノーピークやモンベル、コールマンなどのアウトドアメーカーからも商品が販売されているように、アウトドアとの相性は抜群なのです。

なぜなら、アルミやステンレス製の剛性のため、多少手荒に扱っても壊れないからです。また、無駄を一切省いたシンプルで男らしい外観も魅力的。西部開拓時代のアメリカのカウボーイに好まれた理由がよくわかります。

パーコレーターでおいしく淹れるコツ&裏技集

*コーヒーの粉がお湯に何度も浸り雑味などの嫌な成分が抽出されやすいので、粉を粗挽きにしてそれを食い止める。
*デリケートなコーヒーの香りや味わいを楽しむのには向かないので、開き直って雰囲気だけを楽しむ。
*ケトル状の本体でお湯だけ沸かして、インスタントコーヒーの粉を淹れてコーヒーを作るという裏技あり。
*鍋代わりに使ってみる。たとえばラーメンなどの簡単な料理なら本体のケトルでおいしく作れます。めんとソースで二度お湯を沸かす手間はありますがパスタも作れます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー栽培
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー染め
  4. コーヒーメーカー
  5. 国産コーヒー
  6. コーヒーかす
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP