コーヒーの歴史と製法

美味しいコーヒーの淹れ方

ちょっとした工夫でも、コーヒーの風味は変わってきます。
しかし、一番大切なのはコーヒー本来が持っている風味を最大限に惹いてあげることです。

1、「レギュラーコーヒーの淹れ方」
初めての人でも簡単に手軽にコーヒーを淹れることが出来るのがペーパードリップです。

ペーパーフィルターは手軽に、いつでも新しいものに変えることができるので清潔さがあり、
1人分でもおいしく淹れることができます。

  1. あらかじめ温めておいたカラフェの上にドリッパーをのせます。ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセットし、紙のにおいをとり、ドリッパーにぺーパーフィルターをぴったりフィットさせ、上手に抽出を行うために、よく沸かしたお湯を全体にかけます。
  2. コーヒーを定量分、計って淹れます。1杯分(140ml)につきティースプーンに山盛り2杯(約8g)ぐらいが目安です。
  3. よく沸いたお湯を少し落ちつかせてから、粉全体にいきわたるように少しずつ注ぎ、10秒ほど蒸らしてください。粉が膨らむことで、おいしい味と香りが出やすくなります。
  4. 粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分け人数分のお湯を注ぎ、ドリップさせます。
  5. コーヒーがカラフェに落ちれば完成です!
    *注ぎ方はドリッパーにより異なります。

2、「インスタントコーヒーの淹れ方」
お湯を注げば簡単に味わい深いコーヒーをすぐに淹れることができるのがインスタントコーヒーの魅力です。

  1. お湯を90℃まで沸騰させ、少し時間を置きます。
  2. スプーン山盛り1杯(2g)にお湯(140ml)を入れます。疲れたときは濃いめにお菓子と一緒の時は薄めになど、インスタントコーヒーは、個人の好みやその時々で加減ができるので、時と場合で変えてみるのもおすすめです。
  3. ミルクをいれる場合は、液状でも粉末状でも、コーヒーを入れてかき混ぜた後に入れてください。ミルクを高温のコーヒーにいきなり入れてしまうと、コーヒーの温度を下げるばかりでなく、コーヒーの酸とミルクの蛋白質が結合して、固まってしまいます。この現象をフェザーリング現象(かきたま汁のようになる)と呼ばれています。

コーヒー豆は種類や産地によって味に特徴があります。それらの特徴を1種類のコーヒー豆だけで楽しむ「ストレートコーヒー」や2種類のコーヒー豆を使った複雑な味の「ブレンドコーヒー」も、自分だけのおいしいコーヒーの淹れ方だと思います。

その他に、焙煎仕立のコーヒー豆の方が風味をより一層引き立てます。
なぜここで自家焙煎をオススメするのかというと、生豆の良質保存期間は2年間ですが、焙煎された豆は3日で味や香りが低下すると言われています。
なので、「挽きたてのコーヒー」も良いのですが、 「煎りたてのコーヒー」こそが価値があるものだといえるでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP