コーヒーの歴史と製法

コーヒーの移動販売車のメリット、場所を変え夢も売る。

店舗は建物内に構えるものだけでありません。移動販売と言うスタイルもあり様々なメリットも有ります。詳しく見ていきましょう。

・移動販売車のメリット

移動販売車のメリットは建物内に構えた店舗だと保証金や賃貸料などがかかりますが、250万円程度の軽自動車を買うだけと初期投資が少なくて済む所もあります。(但し内容に合った改蔵内容を施すのに約2~3ヶ月必要です。)

また建物内に構えるのと違って、周囲のエリアの状況を読む必要がありません。飲料水の自動販売機1台の月の売上は平均して7万円ほどのなか、実際にコーヒーの移動販売者1台で自動販売機の10倍以上売り上げた所もあるほどです。

自動販売機はボタンを押したらすぐに飲めるので、客がエリア内に入ってから出るまでの時間が短いことから回転率が早いとも言えますのでこの売上は本当にすごいです。

・移動販売車の購入の選択肢

他にも移動販売車のメリットには営業時間も自由なことが上げられます。また移動販売車の購入の仕方には様々な選択肢があります。

石川県にある株式会社ゼックでは様々なタイプの移動販売車が売られていたり、バディカフェはオリジナルの移動販売車の製作受注を行っています。

また移動販売車のフランチャイズを募集している所もあります。
コーヒーショップ・トレイラーがそうで、高い集客力を持つ低価格で買える室の高い移動販売車をコンセプトに展開しているとのことです。ちなみにかかる費用は520万円前後でスタッフが2名必要ですので、誰かを雇うまたは雇ってもらう必要があります。

申請に必要なものは、営業許可申請書や営業許可書のコピーなど、開業してから一ヶ月以内に開業届出書の提出も必要です。

また、車の運転免許を持っていなくても屋台としての出展は可能です。リヤカーで売ると言う選択肢もあります。(なお、ケータリングカーは地域ごとの許可は必要ないとのことです。)

実際、和歌山市にある海南市での町おこしイベントでコーヒー約200杯と焙煎コーヒー豆を売り切った場所もあります。つまりは営業努力次第で車ほどの利便性がなくてもここまでの実績を上げることが可能なのです。

・トラブルが起こると営業できないことも

東京にある「珈琲屋台 出茶屋」は保健所や行政とのトラブルで3か月間のも間営業ができなかったことあると書かれています。詳しい理由の記述はないのですが、トラブルが起こると営業できないことも起こりえると言うわけです。

(ちなみにその間は周囲との協力があって、イベントなどの出展で続けることが出来たと書かれています。先ほどの町おこしの屋台の話じゃないですが、努力で何とか出来た証拠の一つでもありますね。)

・移動販売車は夢を売れます。

もう一つ移動販売車のメリットとしては、移動した先の景色に馴染めることだと思います。

建物などの店舗は、段々とその店が一つの場所の景色の一つして溶け込むまでの経過を楽しむものとしたら、移動販売車は景色の一つとして溶けこむのを何度でも楽しめると言うことになります。

また自分がまるで旅人みたいな気持ちにもさせてくれるでしょう。

様々な課題は確かにあるかもしれませんが、移動販売車(屋台)での営業は自分が夢を見たり、人にも夢を売る形の一つであるのは間違いありません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの入れ方
  2. イタリアのカフェ
  3. スターバックスお得カード
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーのマナー
  6. コーヒーハウス
  7. コーヒーの砂糖とミルク
  8. コーヒーかす
  9. コーヒーメーカー
  10. NEWoManニュウマンカフェ
PAGE TOP